Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ医学情報 > EBMのための臨床疫学

書籍詳細

EBMのための臨床疫学

EBMのための臨床疫学

縣 俊彦 編著

A5判 268頁

定価(本体3,800円 + 税)

ISBN978-4-498-00984-4

2003年12月発行

在庫なし

現在,医学界の大潮流になっているEBMの方法論の基礎をなす臨床疫学に焦点をあて,定義,歴史,現状,未来,診断のプロセス,頻度,疫学指標,統計,医学判断学,メタアナリシス,リスクなど多岐にわたる内容を,日本の現状を考慮してわかりやすくまとめた.臨床で役立つ応用力が身につく入門書である.

目 次

1.臨床疫学: 定義,歴史,現状,未来  [縣 俊彦]
 臨床疫学とは
 疫学・臨床疫学の歴史
 高木兼寛と脚気
 スモンの原因究明
 その他のわが国における疫学・臨床疫学が果たした役割
 「21世紀に向けた今後の厚生科学研究の在り方について」のなかでの臨床疫学,EBMの位置
2.臨床疫学総論  [縣 俊彦]
 臨床疫学: 疫学と臨床医学
 疫学の中での臨床疫学の位置
 臨床上の問題
 臨床疫学の基本原理
3.正常か異常か  [縣 俊彦]
 異常?
 異常,正常,参考値
4.診断用検査  [縣 俊彦]
 診断用検査とは
 診断用検査に求められる要件
 検査結果の解釈・利用
 黄金律 gold standard
 敏感度,特異度
 ROC曲線
5.診断のプロセス  [岡山雅信]
 診療上の問題解決の基本
 さまざまな診断手法
 診断のプロセスの基本
 鑑別疾患リストの作成
 鑑別疾患の優先順位
 診断の決定
 診断プロセスの落とし穴
6.研究計画─個人情報保護を中心として─  [縣 俊彦]
 研究計画の方法
 臨床研究とは
 情報検索の重要性
 臨床研究の倫理と科学
 臨床研究,臨床疫学研究を進める際の留意事項
7.N-of-1トライアル  [岡山雅信]
 研究デザイン
 実施条件
 適応条件
 実施方法
8.頻度,疫学指標  [金城芳秀]
 割合か,率か
 症例対照研究とオッズ比
 コホート研究と率比,率差
9.統 計  [柳 修平]
 基本統計用語
 母集団と標本
 推定と検定
 多変量解析
 医学統計における重要用語
10.医学判断学  [大澤 功]
 判断樹を書いて決断分析を行う
 「検査結果で判断」という選択肢を追加する
 マルコフモデル
 費用効果分析
 決断分析の適用と限界
11.1次研究の批判的吟味  [縣 俊彦]
 論文の批判的吟味はなぜ必要か
12.総括研究の批判的吟味  [縣 俊彦]
 総括的研究の種類
13.メタアナリシス  [柳 修平]
 EBMとメタアナリシス
 メタアナリシスの方法
14.リスク  [西川浩昭]
 リスクとリスクファクター
 リスクの算出
 リスクの程度とその利用法
 まとめ
15.予後  [縣 俊彦]
 予後
 研究デザインと予後研究
16.治療  [大澤 功]
 評価の指標
 バイアスの除去
 結果の提示
 治験
 ランダム化比較試験の限界
17.原因  [縣 俊彦]
 原因
 因果関係の判定
18.narrative based medicine(NBM)  [縣 俊彦]
 narrative based medicine(NBM)

索引

すべて見る

執筆者一覧

縣 俊彦  編著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722