Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ臨床医学一般 > 医者が大学を辞めるとき

トップページ医学一般・医学概論 > 医者が大学を辞めるとき

書籍詳細

医者が大学を辞めるとき

医者が大学を辞めるとき

小鷹昌明 著

A5判 220頁

定価(本体1,800円 + 税)

ISBN978-4-498-10902-5

2012年06月発行

在庫あり

大学病院で神経内科医として勤務しつつ,医療システムの問題点を指摘し続けてきた著者.かの3.11大震災と原発事故を契機に,考える医師は何を思いどんな決断を下したのか.

目次

はじめに  

第一章 医療現場で考えたこと
 女医嫌いの女医  
 血液型で解決を図る医療現場  
 電子カルテで顕在化する医療者たちのコミュニケーション不良  
 医局長なんか大切にしなくていいよ!  
 医療の正解を求めて  

第二章 大学で考えたこと
 論文採点から読み解く医学生の実態  
 “医学教育”再考論  
 何をおいても医師不足?  
 研究から得たもの  
 医師として生き残るために  

第三章 人生で考えたこと
 今さらながらの死生観  
 “独・生死”を考える  
 希望を与えられない医師  
 医述者として論ずる  

第四章 生活で考えたこと
 山が教えてくれたこと  
 映画が教えてくれたこと  
 音楽が教えてくれたこと  
 東日本大震災が私に伝えたこと  
 原子力からの希望  

おわりに  

すべて見る

執筆者一覧

小鷹昌明 南相馬市立総合病院神経内科 著

すべて見る

電子書籍で購入する

医者が大学を辞めるとき
   定価1,944円(本体1,800円 + 税)
   2013年01月発行
(外部のサイトへとびます)
医者が大学を辞めるとき
   定価1,944円(本体1,800円 + 税)
   2013年12月発行
(外部のサイトへとびます)
医者が大学を辞めるとき
   定価1,944円(本体1,800円 + 税)
   2013年12月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722