Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ血液 > メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック

トップページ看護学一般 > メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック

書籍詳細

メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック

メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック

木崎昌弘  編

A5判 322頁

定価(本体4,800円 + 税)

ISBN978-4-498-22508-4

2017年10月発行

在庫あり

多職種が遅滞なく連携しながら質の高い白血病診療を遂行するためには、診療に関わるスタッフ全員が白血病の診療に関する一定水準の知識を共有しておく必要があります。本書では看護師をはじめとした医療スタッフに役立つ白血病診療の基本知識、最新の治療法や治療成績、移植医療や化学療法の知識など現場で求められる情報を精選し、第一線のエキスパートが解説しました。

 この度,前著「医療スタッフのための白血病ハンドブック」を引き継ぐ形で,著者や内容構成を一新し本書を出版することになりました.幸いなことに前書は,医療現場で広く受け入れられ活用されてきました.しかしながら,前著を出版して約8年になり,この間の白血病診療の進展は目覚ましく,白血病の分子病態解明が急速に進んだことにより,新たな治療薬が導入され治療法そのもの変革とともに,移植医療や感染症などの合併症対策なども格段に進歩しました.
 白血病の治療成績を向上させ,より良い医療を実践するために,われわれ医療者は絶えず最新の情報を入手しなくてはなりません.また,白血病診療は患者さんを中心に医師のみならず,看護師,薬剤師,検査技師,理学療法士,臨床心理士,移植コーデイネーターなどさまざまな職種によるチーム医療の実践が不可欠です.いかに質の高いチームを形成し,お互いが緊密に連携して医療を実践することが求められています.
 本書の目的は,進歩した白血病診療に関する最新情報を白血病診療に関わる多職種の医療者で共有することにあります.このような観点から,本書では白血病を理解するために必要な基本的な知識や最新の治療法や治療成績に加えて,移植医療や化学療法を中心に白血病診療における現場で求められている知識について,現在,第一線で活躍しているエキスパートに解説いただきました.また,小児白血病治療の実際と看護についても新たに章立てして専門家に解説いただき,白血病診療のほとんどの分野で必要とされる知識について多くの職種で情報共有できるように配慮しました.最後に,日頃,患者さんから寄せられるさまざまな疑問や悩みの相談に応じている「NPO法人血液情報広場つばさ」の橋本明子さんには,実際の事例をもとに白血病診療を受ける患者さんにどう向き合っていくかについて,医療者とは違う側面から解説いただきました.われわれ医療者の気づかなかったこともあり参考になると思います.
 第一線のエキスパートに書いていただいただけに本書は白血病に関する学術書としても優れた内容になっていますが,本書の目的は臨床現場での活用です.白血病診療に関わるすべての医療者のみならず,白血病と闘っている患者さんやそのご家族,ボランテイアの方々そしてこれからの白血病診療を志す若き医学生や看護学生まで,多くの方々に本書がお役に立てば,編者として望外の喜びです.
  最後に,多忙の中に本書を執筆いただいたエキスパートの先生方に心より感謝申し上げます.本書が,病棟や病室,そしてあらゆる場面で多くの方々に愛され活用されることを願っています.
 
平成29年9月
 教授室から穂を垂れる稲穂をみつつ
 木崎昌弘

すべて見る

目 次 table of contents

Chapter 1 ‌正常な血液細胞ができるまでとそのはたらき
 1.血液細胞のできるしくみ:血球の産生・崩壊とその調整〈片山直之〉
  1.造血幹細胞(HSC)
  2.造血幹細胞ニッチ
  3.造血幹細胞からの系統特異的前駆細胞の産生
  4.各種血球の未熟な細胞からの分化とそれらの運命
  5.造血因子
 2.正常血球のはたらき〈片山直之〉
  1.赤血球の機能
  2.白血球の機能

Chapter 2 白血病に関する基本的な知識〈猪口孝一〉
 1.白血病とは?
 2.白血病の原因と分子病態:どこまでわかっている?
 3.白血病の種類と分類
 4.白血病の症状と診断へのアプローチ
 5.白血病の治癒は可能か?

Chapter 3 ‌白血病の形態診断と検査技師の果たす役割〈三ツ橋雄之〉
 1.白血病の形態診断
 2.白血病の病型と形態所見
 3.白血病診療における臨床検査技師の役割

Chapter 4 白血病治療に際して
 1.白血病の告知とインフォームドコンセント〈岡本真一郎〉
  1.はじめに
  2.Evidence Based Medicine(EBM)
  3.治療計画を立てる
  4.インフォームドコンセント
  5.病名告知と治療計画の説明に関する具体的な注意事項
  6.おわりに
 2.白血病治療に必要なチーム医療〈岡本真一郎〉
  1.はじめに
  2.チーム医療とは
  3.チームの種類とその構成メンバー
  4.チーム医療を成功させるポイント
  5.おわりに

Chapter 5 白血病治療に必要な知識
 1.白血病治療の基本的な考え方〈宮崎泰司〉
  1.はじめに
  2.白血病幹細胞について
  3.細胞周期と化学療法剤の作用について
  4.同種造血幹細胞移植に伴う抗白血病作用
 2.白血病に対する化学療法〈宮崎泰司〉
  1.はじめに
  2.急性白血病治療の基本的な考え方
  3.抗白血病薬の種類と基本的な使用法および副作用
  4.高齢者白血病治療の留意点
 3.白血病に対する分子標的療法〈得平道英〉
  1.白血病における分子標的療法
  2.急性骨髄性白血病に対する分子標的治療
  3.慢性骨髄性白血病に対する分子標的薬
  4.急性リンパ性白血病に対する分子標的薬
  5.慢性リンパ性白血病に対する分子標的薬
  6.その他の白血病に対する分子標的治療の可能性
 4.造血幹細胞移植の基礎とながれ〈渡部玲子 木崎昌弘〉
  1.造血幹細胞移植とは
  2.同種造血幹細胞移植のながれ
  3.移植前処置
  4.移植細胞
  5.移植後の早期合併症
  6.生着不全
  7.急性GVHD
  8.移植後中期晩期の感染症
  9.移植関連血栓性微小血管症(TMA)
  10.慢性GVHD
  11.移植後のフォローアップ
 5.白血病治療に必要な支持療法〈山崎宏人〉
  1.はじめに
  2.悪心・嘔吐
  3.腫瘍崩壊症候群
  4.発熱性好中球減少症
  5.輸血

Chapter 6 白血病治療の実際
 1.急性骨髄性白血病(AML)の治療〈石川真穂 麻生範雄〉
  1.はじめに
  2.治療法概略
  3.治療開始前のチェックポイント
  4.実際の治療
  5.高齢者AMLに対する治療
  6.再発AMLに対する治療
 2.急性前骨髄球性白血病(APL)の治療〈前田智也 麻生範雄〉
  1.ATRA登場前の治療と問題点
  2.ATRA併用化学療法による治療
  3.わが国におけるAPLの標準治療法
  4.亜ヒ酸による再発APLへの治療
  5.ATOとATRAを用いた初発APLへの試み
 3.急性リンパ性白血病(ALL)の治療〈今井陽俊〉
  1.はじめに
  2.ALL治療の実際
  3.Ph陽性ALLの治療
  4.Ph陰性ALLの治療
  5.ALLの治療上の注意点
  6.Hyper-CVAD療法
  7.Ara-C大量療法時の注意点
  8.MTX大量療法時の注意点
 4.骨髄異形成症候群(MDS)の治療〈多林孝之〉
  1.序論
  2.‌低リスクMDSの治療
  3.‌高リスクMDSの治療
  4.5q-MDSの治療

Chapter 7 化学療法患者の看護のポイント〈松山友理子 久保木優紀〉
 1.化学療法による副作用出現時の看護
 2.高齢患者の看護
 3.終末期の患者の看護

Chapter 8 ‌外来化学療法患者の看護のポイント〈島田ひろ美〉
 1.外来化学療法の現状
 2.外来化学療法室の設備と体制
 3.化学療法前の患者アセスメントにおける看護のポイント
 4.患者教育における看護のポイント
 5.確実な薬剤投与のための看護のポイント
 6.投与中のモニタリングにおける看護のポイント
 7.治療後の支援における看護のポイント

Chapter 9 ‌造血幹細胞移植を受ける患者の看護のポイント〈吉田千香 森 文子〉
 1.治療準備期:入院〜前処置療法
 2.血球減少期:前処置療法〜輸注〜生着
 3.血球回復・退院準備期:生着〜退院まで
 4.‌社会復帰・長期フォローアップ期:退院〜長期フォローアップ

Chapter 10 ‌小児白血病治療の実際と看護のポイント
 1.小児白血病治療の実際〈康 勝好〉
  1.はじめに
  2.小児白血病の治療成績と臨床試験
  3.予後因子
  4.治療選択アルゴリズム
  5.治療全体のスケジュールと各治療相の概要
  6.ALLの診断時および各治療相における注意点
  7.おわりに
 2.小児白血病の看護〈平澤明子 川上紘子〉
  1.はじめに
  2.入院時の看護
  3.家族・きょうだいへの支援
  4.入院中の看護
  5.症状マネジメント
  6.終末期の緩和ケア
  7.退院に向けた支援と外来治療中の看護
  8.長期フォローアップ

Chapter 11 白血病治療における薬剤師の役割〈今村知世〉
 1.白血病治療に用いられる薬剤および化学療法レジメンの理解
 2.処方鑑査と調剤および注射薬の無菌調製
 3.投薬歴管理
 4.患者への薬剤説明
 5.副作用のモニタリングと対応
 6.TDMと投与設計
 7.臨床薬理学知識に基づく処方支援
 8.白血病薬物療法に関する最新情報の収集・管理と提供
 9.薬学的観点からみた特徴的な薬剤

Chapter 12 ‌白血病においてよく遭遇する問題とその対策〈橋本明子〉
 1.はじめに
 2.上手なセカンドオピニオンの受け方
 3.医療費について
 4.白血病治療中の食生活や生活の注意点
 5.退院後の在宅医療の実際と指導のポイント
 6.新規薬剤の臨床試験について
 7.患者の精神サポート
 8.移植後のリハビリテーション
 9.移植治療後の妊孕性
 10.‌あとがきに代えて

索 引

すべて見る

執筆者一覧

木崎昌弘  埼玉医科大学総合医療センター副院長 編
片山直之  三重大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学教授 
猪口孝一  日本医科大学血液内科主任教授 
三ツ橋雄之 慶應義塾大学医学部臨床検査医学 
岡本真一郎 慶應義塾大学医学部血液内科教授 
宮崎泰司  長崎大学原爆後障害医療研究所原爆・ヒバクシャ医療部門血液内科教授 
得平道英  埼玉医科大学総合医療センター血液内科教授 
渡部玲子  埼玉医科大学総合医療センター血液内科准教授 
山崎宏人  金沢大学附属病院輸血部准教授 
石川真穂  埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科 
前田智也  埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科講師 
麻生範雄  埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科教授 
今井陽俊  社会医療法人北楡会札幌北楡病院血液内科主任部長 
多林孝之  埼玉医科大学総合医療センター血液内科講師 
松山友理子 埼玉医科大学総合医療センター看護部 
久保木優紀 埼玉医科大学総合医療センター看護部 
島田ひろ美 埼玉医科大学総合医療センター外来化学療法室 
吉田千香  国立がん研究センター中央病院看護部 
森 文子  国立がん研究センター中央病院看護部副看護部長 
康 勝好  埼玉県立小児医療センター血液・腫瘍科部長 
平澤明子  埼玉県立小児医療センター看護部 
川上紘子  埼玉県立小児医療センター看護部 
今村知世  慶應義塾大学医学部臨床薬剤学講師 
橋本明子  NPO法人血液情報広場つばさ理事長 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722