Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ産婦人科 > 周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂2版

書籍詳細

周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂2版

周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂2版

付録:遺伝カウンセリング資料

関沢 明彦  編著 / 佐村  修  編著 / 四元 淳子 編著

A4判 194頁

定価(本体7,400円 + 税)

ISBN978-4-498-06077-7

2017年04月発行

在庫あり

無侵襲的出生前診断(NIPT)の開始を背景として、周産期に問題となる種々のケースの解説とカウンセリングで伝えるべき事項をまとめた本書初版は2014年に刊行されましたが、好評につき内容刷新と大幅な増ページを施した改訂版が間をおかず刊行されることとなりました。クライエントへの説明時に役立つ取外し可能な付録「カウンセリング資料」もさらに内容が充実し、より役立つものとなっています。

改訂2版の序

 2003 年にヒトゲノムのシークエンス解析が完了し,その後のゲノム研究の進歩はめざましく,医療においても大きな変化をもたらしつつあります.個々の遺伝子の機能研究は過去のものとなり,数十万種類に及ぶ遺伝子多型や数千〜数万種類の遺伝子発現情報の体系的な解析により,疾患発症メカニズムの解明が可能になってきています.周産期領域においても,シークエンスの技術を応用し,母体血中のcell‒free DNA を用いた無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)が,2011 年に米国で開始され,すぐに世界中に広がりました.わが国でも,2013 年春より臨床研究として開始され,4 年が経過し,すでに40,000例以上が行われています.また,超音波をはじめとする画像診断技術も進歩してきており,胎児について妊娠早期にわかる情報は著しく増えてきています.このような状況にあって遺伝子解析や超音波検査の結果がカップルの妊娠継続の判断に大きく影響することから倫理,社会的な側面からの議論も盛んに行われています.

 日本産科婦人科学会が2013 年に発表した「出生前に行われる遺伝学的検査および診断に関する見解」では,「出生前に行われる遺伝学的検査および診断には,胎児の生命にかかわる社会的および倫理的に留意すべき多くの課題が含まれており,遺伝子の変化に基づく疾患・病態や遺伝型を人の多様性として理解し,その多様性と独自性を尊重する姿勢で臨むことが重要」と記載されています.また,2011 年に日本医学会が示した「医療における遺伝学的検査・診断のガイドライン」では「出生前診断を行う場合には,適宜遺伝カウンセリングを行った上で実施する」と遺伝カウンセリングの重要性が強調されています.

 このような状況のなかで周産期医療を行うにあたり知っておくべき知識を整理すること,また,そのことを実際にわかりやすく患者さんに伝えることを支援する目的で,本書は企画されています.本書の特徴は周産期医療の現場で遭遇することのある疾患について,実際の遺伝カウンセリングの場を想定して解説したこと,また,遺伝カウンセリングでクライエントの理解を深めるために使用できる図表を「カウンセリング資料」として掲載したことにあります.改訂第2 版では疾患数を増やし,解説内容を最新の情報に更新するとともに,本書の特徴である遺伝カウンセリング資料を大幅に充実させました.臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーまたはその取得を目指すもの,産科医,新生児科医,小児科医,看護師,助産師,保健師,臨床心理士ならびに,メディカルソーシャルワーカーなどの様々な職種の医療関係者が本書を参考に,周産期医療や周産期遺伝カウンセリングを実践していただければ幸いに思います.

 本書の発刊に際し中外医学社の中畑 謙氏,岩松宏典氏に多大なる尽力をいただきました.この場を借りて深謝いたします.

2017 年4 月吉日
関沢 明彦
佐村 修 
四元 淳子


初版の序

 2003 年にヒトゲノム計画のシークエンス解析が完了し,その後のゲノム遺伝子領域の進歩はめざましいものがある.ゲノム研究は医療に応用され,飛躍的な成果を上げている.個々の遺伝子の機能研究は過去のものとなり,数十万種類に及ぶ遺伝子多型や数千〜数万種類の遺伝子の発現情報を体系的に解析することにより,疾患の発症メカニズムを解明することが可能になってきた.周産期領域においても,シークエンスの技術を応用し,母体血中のcell‒free DNA を用いた無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)が,2011 年10 月に米国で開始され,すぐに世界中に広がった.わが国でも,2013 年4 月より臨床研究としてNIPT が開始された.また,超音波をはじめとする画像診断技術も進歩してきており,胎児について妊娠早期にわかる情報は著しく増えてきている.このような状況にあって遺伝子解析や超音波検査の結果がカップルの妊娠継続の判断に大きく影響することがあることから,倫理,社会的な側面から盛んに議論されている.

 日本産科婦人科学会は2013 年に「出生前に行われる遺伝学的検査および診断に関する見解」の改定版を発表した.そのなかには「出生前に行われる遺伝学的検査および診断には,胎児の生命にかかわる社会的および倫理的に留意すべき多くの課題が含まれており,遺伝子の変化に基づく疾患・病態や遺伝型を人の多様性として理解し,その多様性と独自性を尊重する姿勢で臨むことが重要」と記載している.また,2011 年に日本医学会は「医療における遺伝学的検査・診断のガイドライン」を発表しており,そのなかで「出生前診断を行う場合には,適宜遺伝カウンセリングを行った上で実施する」と遺伝カウンセリングの重要性を強調している.

 このように周産期分野では遺伝カウンセリングは必須のものとなってきており,さまざまな場面で遺伝カウンセリングを行う必要がある.本書は,周産期の遺伝カウンセリングで対象となる代表的なCASE をあげて,カウンセリングで伝えるべきことを解説している.また,遺伝カウンセリングではわかりやすい資料を使用することにより,クライエントの理解を深めることが重要であるが,本書では読者が臨床の場で使用できる「カウンセリング資料」を作成し,付録として添付している.臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーまたはその取得を目指すもの,産科医,新生児科医,小児科医,看護師,助産師,保健師,臨床心理士ならびに,メディカルソーシャルワーカーなどの医療関係者が本書を参考に,周産期遺伝カウンセリングについての理解を深めていただければ幸いである.

 本書の発刊に際し中外医学社の中畑 謙氏,岩松宏典氏に多大なる尽力をいただきました.この場を借りて深謝いたします.

2014 年11 月吉日
関沢 明彦
佐村 修 
四元 淳子

すべて見る

目 次
 
1 総論
 A 周産期の遺伝カウンセリングの特徴 〈四元淳子〉 
 B 染色体と遺伝子について 〈佐村 修〉 
 C 染色体異常の発生機序 〈大江瑞恵,倉橋浩樹〉 
 D 家族歴の聴取方法 〈四元淳子〉 
 E 発生と先天異常 〈和泉美希子〉 
 F 妊娠と薬 〈青木宏明〉 
 G 妊娠と医療放射線 〈和泉美希子〉 
 H 妊娠と感染症 〈堀谷まどか〉 
 I 近親婚 〈四元淳子〉 
 
2 高年妊娠の遺伝カウンセリング 〈市塚清健,関沢明彦〉
 
3 染色体異常スクリーニング法 
 A 母体血清マーカー検査 〈長谷川潤一,関沢明彦〉 
 B 胎児後頸部浮腫(NT) 〈長谷川潤一,関沢明彦〉 
 C コンバインド検査 〈長谷川潤一,関沢明彦〉 
 D Cystic hygroma(嚢胞性リンパ管腫) 〈仲村将光,関沢明彦〉
  COLUMN 診断検査とスクリーニング(マーカー)検査 〈長谷川潤一,関沢明彦〉
 
4 常染色体数的異常 
 A ダウン(Down)症候群:21 トリソミー 〈白土なほ子,四元淳子〉
 B 18トリソミー:Edwards 症候群 〈白土なほ子,四元淳子〉
 C 13トリソミー:Patau 症候群 〈白土なほ子,四元淳子〉
 
5 性染色体数的異常 
 A ターナー(Turner)症候群 〈佐村 修〉 
 B クラインフェルター(Kleinfelter)症候群 〈佐村 修〉
 C トリプルX 女性 〈佐村 修〉 
 
6 染色体構造異常 
 A 均衡型相互転座 〈佐村 修〉 
 B ロバートソン(Robertson)転座型ダウン症候群 〈佐村 修〉
  COLUMN 不均衡型転座児の生まれる確率計算法 〈尾崎 守,池田敏郎〉
 C 過剰マーカー染色体(supernumerary marker chromosome) 〈四元淳子〉
 D 正常変異 〈四元淳子〉 
 E ロバートソン(Robertson)転座と不育症 〈佐村 修〉
 F 22q11.2 欠失症候群 〈滝 元宏,関沢明彦,佐村 修〉
 G 染色体逆位 〈四元淳子〉 
 H Prader―Willi 症候群(PWS)とAngelman 症候群(AS) 〈齋藤伸治〉
 I 染色体モザイク 〈廣瀬達子,関沢明彦〉 
 
7 胎盤性モザイク(CPM) 〈四元淳子〉 
 
8 染色体異常の検査法 
 A G 分染法(G―banding) 〈兵頭麻希,佐村 修〉 
 B FISH 法(fluorescent in situ hybridization) 〈兵頭麻希,佐村 修〉
 C 定量PCR 法(quantitative fluorescent PCR:QF―PCR 法) 〈兵頭麻希,佐村 修〉
 D 染色体DNA マイクロアレイ検査 〈秦 健一郎〉 
 E 次世代シークエンサー(next generation sequencer:NGS) 〈秦 健一郎〉
 F 無侵襲的出生前遺伝学的検査(noninvasive prenatal testing:NIPT) 〈関沢明彦〉
  COLUMN 母体血胎児染色体検査(NIPT):検出される偶発的所見 〈関沢明彦〉
 
9 再発率:リスク計算問題と解説 〈白土なほ子,佐村 修〉
 
10 MELAS あるいはLeigh 脳症(ミトコンドリア異常症) 
 A ミトコンドリアDNA の遺伝形式 〈後藤雄一〉
 B MELAS 〈後藤雄一〉
 C Leigh 脳症 〈後藤雄一〉
 
11 単一遺伝子疾患
 A 筋強直性(緊張性)ジストロフィー(myotonic dystrophy:DM) 〈児玉美穂,佐村 修〉
 B マルファン(Marfan)症候群 〈四元淳子〉
 C 周産期型低ホスファターゼ症 〈田中教文,佐村 修〉 
 D 軟骨無形成症(achondroplasia:ACH) 〈関沢明彦〉 
 E OTC 欠損症(ornithine transcarbamylase deficiency) 〈四元淳子〉
 F 神経線維腫症1 型(neurofibromatosis type 1:NF1) 〈川目 裕〉
 G 骨形成不全症(osteogenesis imperfecta:OI) 〈?木優樹,長谷川奉延〉
 H ファブリー病…   〈小林正久〉
 I デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne muscular dystrophy) 〈沼部博直〉
 
12 多因子性疾患 
 A 神経管閉鎖障害 〈市塚清健,関沢明彦〉
 B 口唇・口蓋裂 〈松岡 隆,関沢明彦〉
 C 遺伝性水頭症 〈市塚清健,関沢明彦〉
 D 先天性心疾患 〈松岡 隆,関沢明彦〉
 E 先天性消化管閉鎖 〈市塚清健,関沢明彦〉
  COLUMN Prenatal visit 〈市塚清健,関沢明彦〉
 E Potter 症候群 〈松岡 隆,関沢明彦〉
 G 胎児水腫 〈新垣達也,関沢明彦〉
 H 臍帯ヘルニアと腹壁破裂 〈大場智洋,関沢明彦〉
 
13 生殖補助医療と先天異常
 A 顕微授精と先天異常発症率 〈竹下直樹〉 
  COLUMN 生殖補助医療と先天異常:Daviesら(2012)の報告 〈近藤哲郎,関沢明彦〉
 B 無精子症とY 染色体微小欠失症候群 〈竹下直樹,坂本美和〉
 C 着床前診断 〈竹下直樹〉
  COLUMN ゲノム編集技術:ゲノム配列を自在に書き換える技術 〈高田修治〉
  COLUMN Carrier Test 〈沼部博直〉 
 
索 引 
 
付 録 遺伝カウンセリング資料

すべて見る

執筆者一覧

関沢 明彦  昭和大学医学部産婦人科学講座 教授 編著
佐村  修  東京慈恵会医科大学産婦人科学講座 准教授 編著
四元 淳子  お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系大学院人間文化創成科学研究科 編著
       ライフサイエンス専攻遺伝カウンセリングコース 助教 
大江 瑞恵  藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科 准教授 
倉橋 浩樹  藤田保健衛生大学総合医科学研究所分子遺伝学研究部門 教授 
和泉美希子  昭和大学病院臨床遺伝医療センター 認定遺伝カウンセラー 
青木 宏明  東京慈恵会医科大学産婦人科学講座 
堀谷まどか  東京慈恵会医科大学産婦人科学講座 
市塚 清健  昭和大学横浜市北部病院産婦人科 准教授 
長谷川潤一  聖マリアンナ医科大学産婦人科学 准教授 
仲村 将光  昭和大学医学部産婦人科学講座 講師 
白土なほ子  昭和大学医学部産婦人科学講座 講師 
尾崎  守  金沢医科大学総合医学研究所先端医療研究領域 講師 
池田 敏郎  中江産婦人科医院 副院長 
滝  元宏  公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院小児科 
齋藤 伸治  名古屋市立大学医学研究科・小児医学 教授 
廣瀬 達子  昭和大学医学部産婦人科学講座 認定遺伝カウンセラー 
兵頭 麻希  広島大学病院産婦人科/遺伝子診療部 
秦 健一郎  国立成育医療研究センター研究所周産期病態研究部 部長 
後藤 雄一  国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターメディカル・ゲノムセンター(MGC)/ 
       神経研究所疾病研究第2部 部長 
児玉 美穂  県立広島病院産婦人科 産科部長 
田中 教文  広島大学病院産婦人科/遺伝子診療部 
川目  裕  東北大学東北メディカル・メガバンク機構人材育成部門遺伝子診療支援・ 
       遺伝カウンセリング分野 教授 
高木 優樹  川崎市立川崎病院小児科 医長 
長谷川奉延  慶應義塾大学医学部小児科 教授 
小林 正久  東京慈恵会医科大学小児科学講座 講師 
沼部 博直  お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系大学院人間文化創成科学研究科 
       ライフサイエンス専攻遺伝カウンセリングコース 教授 
松岡  隆  昭和大学医学部産婦人科学講座 准教授 
新垣 達也  昭和大学医学部産婦人科学講座 
大場 智洋  昭和大学医学部産婦人科学講座 
竹下 直樹  東邦大学医療センター佐倉病院婦人科 准教授 
近藤 哲郎  昭和大学医学部産婦人科学講座 講師 
坂本 美和  昭和大学医学部産婦人科学講座 
高田 修治  国立成育医療研究センター研究所システム発生・再生医学研究部 部長 

すべて見る

電子書籍で購入する

周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂2版
   定価7,992円(本体7,400円 + 税)
   2017年04月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722