Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ内分泌・代謝・糖尿病 > Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2016

書籍詳細

Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2016

Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2016

【編集】 編集 / 寺内康夫  横浜市立大学教授 編集 / 伊藤 裕  慶應義塾大学教授 編集

B5判 230頁

定価(本体9,800円 + 税)

ISBN978-4-498-12366-3

2016年01月発行

在庫あり

注目すべきトピックを厳選し,その分野の第一人者が内外の文献を踏まえて最新の進歩を展望する.定評あるシリーズの最新年度版である.


 2015年には医学分野で様々なことがあったが,大村智先生のノーベル医学生理学賞受賞は基礎研究から橋渡し研究,臨床応用に至る創薬の流れを考える上でも意義深いものであった.また,糖尿病治療薬が次々と登場し,治療選択肢が一層広がった年でもあった.一方,ヒトを対象とする医学系研究の倫理指針が改訂され,従来と比較し,臨床研究のハードルが高くなったと感じる医学研究者が増えた年でもあった.実際,UMINなどに新規登録される日本発の介入研究数は残念ながら減っている.
 2013年に発表された厚生労働省「専門医の在り方に関する検討会」の最終報告を受けた専門医制度改革に伴い,新しい内科専門医について,日本内科学会と日本専門医機構が協議・検討を重ね,新制度の根幹となる「専門研修プログラム」の作成指針『専門研修プログラム整備基準(内科領域)』が2015年末に確定した.後期研修時の内科研修,地域医療プログラム,研究志向の若手医師の育成プログラム,卒後教育として専門医育成の行方次第で,医学研究や臨床現場にも大きな影響が出る可能性が高い.そんな状況下,この1年間に糖尿病・代謝・内分泌疾患に関する基礎研究・臨床研究は確実に進歩し,また新しい可能性を秘めた新薬が生活習慣病治療の現場に次々と登場し,これからも続くであろうことを,まずは素直に喜びたい.
 薬物療法の進歩という点では,DPP-4阻害薬という新しい作用機序の糖尿病治療薬が日常臨床と医学研究への関心向上にもたらした効果は絶大であった.新しい範疇の経口血糖降下薬は10年振りであったが,当初の予想をはるかに上回る勢いで,日常臨床で用いられるようになった.実際,日本人の糖尿病患者では有効性,認容性ともに高く評価されている.今日までに報告された3つの心血管アウトカム試験成果は,DPP-4阻害薬の安全性を担保するものであろう.また,新しい作用機序の糖尿病治療薬SGLT2阻害薬が登場して間もないうちに,心血管アウトカム試験EMPA Reg Outcomeの成績が発表され,糖尿病治療のあり方に衝撃を与えた.こうした新薬登場の背景には,数多くの基礎研究が存在し,さらに臨床試験の高いハードルをクリアしたほんの一握りの薬物しか日常臨床の現場に登場してこないことを忘れてはならない.Annual Review 2016では,将来的に創薬に結びつく可能性のある話題もたくさん盛り込んだので,是非お読みいただきたい.
 企画から校正にいたるまで万全を期したつもりではあるが,取り上げる内容の偏り,見落としている部分など,何でもお気づきの点があればお知らせいただきたい.本書が糖尿病・代謝・内分泌疾患に取り組む多くの先生方のお役に立つことを,心から願うものである.

2015年12月
編集者一同

すべて見る



I.糖尿病

Overview
〈寺内康夫〉


A.基礎分野での進歩

1.膵島アミロイドと膵β細胞
〈藤谷与士夫 綿田裕孝〉
  2型糖尿病と膵島アミロイドポリペプチド
  ヒトIAPPは凝集し細胞毒性を示す
  ヒトIAPPトランスジェニックマウス(過剰発現系)
  膵β細胞におけるオートファジーの役割
  オートファジーとヒトIAPP
  ヒトIAPPノックインマウスを用いた病態研究
  オートファジーはヒトIAPPの毒性を制御する
2.ヒト膵島研究の世界的動向
〈白川 純 寺内康夫〉
  ヒト膵島研究の現状
  ヒト膵島単離の現状
  ヒト膵島配布プログラム
  ヒト膵島研究の問題点
  nPOD
3.肝での糖新生制御機構と薬物治療標的
〈松本道宏 酒井真志人 八木 孝〉
  グルカゴン/cAMP経路
  グルココルチコイド
  SIRT1(Sirtuin1)
  インスリン
  AMPキナーゼ/塩誘導性キナーゼ(SIK)
  メトホルミン
4.SGLT2阻害薬による糖脂質代謝変化とその分子機構
〈窪田直人 門脇 孝〉
  SGLT2阻害薬
  SGLT2阻害薬が肝臓の糖代謝に与える影響
  SGLT2阻害薬が肝臓の脂質代謝に与える影響
  SGLT2阻害薬が筋肉・脂肪組織に与える影響
5.糖尿病治療標的としてのGタンパク質共役脂肪酸受容体
〈三小田亜希子 原田範雄 稲垣暢也〉
  GPR40
  GPR119
  腸管内分泌細胞とGPCR


B.臨床分野での進歩

1.「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の概要
〈堀川千嘉 曽根博仁〉
  エネルギー・栄養素と生活習慣病の発症予防・重症化予防の関連についての検討
  エネルギー収支バランスの維持を示す指標としてのBMIの採用
  生活習慣病の予防を目的とした「目標量」の充実化
  その他の主な変更点
2.DPP4阻害薬の大規模臨床研究成果
〈竹田孔明 谷澤幸生〉
  SAVOR-TIMI53試験
  EXAMINE試験
  TECOS試験
3.GLP-1受容体作動薬の臨床効果
〈絵本正憲 森岡与明 稲葉雅章〉
  短時間作用型と長時間作用型GLP-1受容体作動薬の作用の相違 
  短時間作用型GLP-1受容体作動薬
  長時間作用型GLP-1受容体作動薬(週1回製剤)
4.災害後における糖尿病患者の臨床像: 東日本大震災研究
〈今井淳太 田中満実子 片桐秀樹〉
  災害と血糖コントロールに関するこれまでの報告
  東日本大震災と血糖コントロールに関するこれまでの報告
  東日本大震災前後の糖尿病患者の変化
  東日本大震災後に血糖コントロールが悪化した群と改善した群の比較
  内因性インスリン分泌低下患者で震災後の血糖コントロールが顕著に悪化する
  内因性インスリン分泌能低下患者における震災後の血糖コントロール悪化メカニズム(仮説)
5.糖尿病関連骨粗鬆症
〈鈴木敦詞〉
  糖代謝異常が骨代謝に及ぼす影響
  糖尿病関連骨粗鬆症についての臨床データ
  すべての糖尿病は骨折リスクとすべきか
  糖尿病治療薬の骨代謝への影響


II.代謝

Overview
〈石橋 俊〉


A.基礎分野での進歩

1.体温の中枢制御機構
〈中村和弘〉
  交感神経出力とプレモーターニューロン
  視床下部背内側部から延髄縫線核への熱産生信号伝達
  視床下部背内側部におけるレプチンの作用
  視索前野による下行性体温調節信号
2.自律神経系の概日リズムとオレキシン
〈笹岡利安 恒枝宏史〉
  オレキシンの発現と作用
  オレキシンと糖代謝
  オレキシンによるインスリン抵抗性の防御
  オレキシンによる糖代謝の改善効果
3.ホスホリパーゼA2と肥満
〈佐藤弘泰 村上 誠〉
  cPLA2と代謝性疾患
  iPLA2と代謝性疾患
  sPLA2と代謝性疾患
  新規PLA2と代謝性疾患
4.肥満に伴う脂肪組織炎症・免疫細胞・ENPP2
〈西村 智〉
  フローサイトメトリーによる脂肪組織解析
  脂肪組織免疫細胞
  バイオイメージングと脂肪組織
  脂質による脂肪組織免疫細胞の直接的賦活化作用
5.代謝異常に伴う小胞体ストレスと動脈硬化
〈石垣 泰〉
  小胞体ストレスとその応答
  動脈硬化とUPR
  動脈硬化形成におけるCHOPの重要性


B.臨床分野での進歩

1.肝臓疾患とオキシステロール
〈本多 彰 池上 正〉
  非アルコール性脂肪性肝疾患とオキシステロール
  C型肝炎とオキシステロール
  肝臓癌とオキシステロール
2.リポタンパク関連臨床指標の進歩と課題
〈吉田 博〉
  LDL-C,HDL-C,TG
  アポリポタンパク
  リポタンパク酸化バイオマーカーとLp(a)
3.生活習慣と糖尿病合併症
〈松永佐澄志 田中司朗 曽根博仁〉
  糖尿病合併症と生活習慣の疫学
  2型糖尿病患者に対する生活習慣介入効果
  JDCS
  Look AHEAD
  JDCSとLook AHEADの違いについて
4.適正な脂質摂取量
〈江𥔎 治〉
  脂肪エネルギー比
  飽和脂肪酸
  n-3系脂肪酸
  食事性コレステロール
5.ACC/AHAコレステロールガイドラインを巡る論争
〈塚本和久〉
  ACC/AHA2013ガイドライン制定までの流れ
  ACC/AHA 2013コレステロールガイドラインの概要
  米国国内,国外からの論争
  「PCE」に関する解析


IIl.内分泌

Overview
〈伊藤 裕〉


A.基礎分野での進歩

1.甲状腺刺激ホルモンが一人二役を演じる仕組み(組織特異的TSH糖鎖修飾)
〈吉村 崇〉
  季節を知る動物たち
  ウズラの研究から明らかになったTSHの意外な機能
  メラトニンに制御される哺乳類の春告げホルモンTSH
  隆起葉のTSHが主葉のTSHと情報の混線を起こさない仕組みの解明
2.ACTH非依存性クッシング症候群の分子病態
〈小川誠司〉
  クッシング症候群
  ACTH非依存性クッシング症候群の責任遺伝子
  コルチゾール産生副腎腺腫における遺伝子変異
  クッシング症候群における変異と臨床像との関連
  変異触媒サブユニットによるcAMP非依存性の活性化
  変異型プロテインキナーゼA触媒サブユニットの不安定性と核への移行
3.FGF21研究の新展開
〈稲垣 毅〉
  Fibroblast Growth Factors
  FGF21の発現制御
  FGF21の機能
  FGF21作用に関する新規展開
  FGF21の治療・診断への応用
4.クッシング病の原因遺伝子と発症機構
〈川口紘平 駒田雅之〉
  下垂体ACTH産生腫瘍における分子レベルの異常
  脱ユビキチン化酵素USP8によるEGF受容体のダウンレギュレーション制御
  USP8変異によるクッシング病発症の分子機構
  USP8変異体は核においても機能するか?
  USP8変異はACTH産生腺腫のコルチゾール耐性に関与するか?
5.網膜血管―神経連関とVEGF
〈久保田義顕〉
  網膜浅血管叢形成のダイナミクス
  VEGF,NotchシグナルとTip/Stalk細胞
  血管新生と代謝
6.核内受容体による解糖系の制御
〈諸橋憲一郎 馬場 崇〉
  Ad4BP/SF-1とオーファン受容体
  エネルギー代謝との関わり 
  レギュロン
  レギュロンの統合
  レギュロンから見える問題


B.臨床分野での進歩

1.睡眠障害とオレキシン拮抗薬
〈三枝理博 櫻井 武〉
  オレキシンシステム
  オレキシンシステムの欠損により睡眠障害・ナルコレプシーが生じる
  オレキシンによる睡眠・覚醒調節の神経メカニズム
  睡眠障害治療薬としてのオレキシン受容体作動薬・拮抗薬
2.自閉スペクトラム症とオキシトシン
〈山末英典〉
  医師主導自主臨床試験による検討
3.腸内環境と糖脂質エネルギー代謝
〈入江潤一郎 伊藤 裕〉
  糖脂質エネルギー代謝異常症と腸内細菌叢
  糖脂質エネルギー代謝異常症の病態への腸内細菌の関与
  糖脂質エネルギー代謝異常症の治療標的としての腸内細菌・腸内環境
4.ヒトにおける概日リズムとインスリン感受性制御機構のクロストーク
〈山口慎太郎 吉野 純〉
  インスリン感受性の概日リズム
  概日リズムの障害とインスリン抵抗性
  時計遺伝子


索 引

すべて見る

執筆者一覧

【編集】  編集
寺内康夫  横浜市立大学教授  編集
伊藤 裕  慶應義塾大学教授  編集
石橋 俊  自治医科大学教授  
【著者】  
寺内康夫  藤谷与士夫  綿田裕孝  
白川 純  松本道宏  酒井真志人  
八木 孝  窪田直人  門脇 孝  
三小田亜希子  原田範雄  稲垣暢也  
堀川千嘉  曽根博仁  竹田孔明  
谷澤幸生  絵本正憲  森岡与明  
稲葉雅章  今井淳太  田中満実子  
片桐秀樹  鈴木敦詞  石橋 俊  
中村和弘  笹岡利安  恒枝宏史  
佐藤弘泰  村上 誠  西村 智  
石垣 泰  本多 彰  池上 正  
吉田 博  松永佐澄志  田中司朗  
江𥔎 治  塚本和久  伊藤 裕  
吉村 崇  小川誠司  稲垣 毅  
川口紘平  駒田雅之  久保田義顕  
諸橋憲一郎  馬場 崇  三枝理博  
櫻井 武  山末英典  入江潤一郎  
山口慎太郎  吉野 純  

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722