Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ産婦人科 > 婦人科診療ハンドブック

書籍詳細

婦人科診療ハンドブック

婦人科診療ハンドブック

杉山 徹 編集

A5判 470頁

定価(本体7,600円 + 税)

ISBN978-4-498-06074-6

2014年07月発行

在庫あり

婦人科診療の基本,検査,手技,診断,治療について現場で求められる知識を網羅したマニュアル.本当に必要な知識のみを吟味し,ポイントとなる項目を簡潔かつ分かりやすく解説している.研修医はもちろんのこと,専門医を目指す医師,若手婦人科医にとっても知識の棚卸に役立つだろう.単なる知識ではなく,実際の臨床現場で役立つ情報を一冊に凝縮した.産婦人科診療には手放せない,実践的な書だと言える.



 科学(医学)の進歩は着実であり,我々,臨床医は患者さんに最新の医学に基づく正しい情報・医療を提供せねばなりません.近年,高価な,また,効果も高いが特異な有害事象を有する新薬が導入された分野,また,多くの選択肢が標準的に推奨されるようになった分野があります.自分自身の反省でもありますが,sub-speciality化が進む中で正しく標準的医療(提供できる最新の医療)を更新できていない分野があるのではないでしょうか.医学の進歩を患者さんの不利益につなげてしまっては本末転倒です.

 本書は「婦人科診療ハンドブック」として患者さんと向き合う医療の中で最新の情報を速やかに確認して伝えることができることを目的として発刊させていただきました.婦人科の領域を「腫瘍」,「生殖・内分泌」と「女性医学」に区分して,宮城悦子先生(横浜市立大学)と大須賀穣先生(東京大学)の監修下にそれぞれの分野での重要項目を立てて,本書の編集を進めてまいりました.現場でご活躍の新進気鋭の先生方,種々のガイドラインの作成に関わってこられた先生方には多忙な日々の中で最新の実地婦人科医療のわかりやすい提供という観点から,御執筆いただきました.

 Evidence-based medicine(EBM)に加え,precision(personalized)medicine の実践に向けて入院あるいは外来の診療デスクに置かれて,より良い産婦人科医療の提供につなげていただければ幸甚です.

2014年5月
岩手医科大学産婦人科教授 杉山 徹

すべて見る

目次

A 月経異常と関連疾患
 1.無月経の検査と診断と治療   〈木村文則〉
  概説 定義 原因および分類 診断の手順 治療
 2.早発思春期,遅発思春期の取り扱い   〈西嶌優子 安達知子〉
  概説
   A.早発思春期 
     概念  病因・病態  治療
   B.遅発思春期 
     概念  病因・鑑別診断  治療
 3.性分化異常症の診断と治療   〈甲村弘子〉
     概説  診断  各論  ジェンダーアイデンティティ  告知
 4.機能性出血の取り扱い   〈丸山哲夫〉
     概説  原因  診断  治療  注意
 5.過多月経,過少月経の取り扱い  〈山本泰弘 浅川恭行 久布白兼行〉
   概説  定義  診断  原因  治療
 6.体重減少性無月経および神経性食欲不振症の診断と治療 
    〈岩佐  武 松崎利也 苛原  稔〉
   概説  疫学  診断  治療  予後
 7.PCOSの診断と治療   〈大場  隆〉
   概説  病態  診断  治療
 8.高プロラクチン血症の診断と治療   〈金崎春彦〉
   概説  診断  原因  臨床症状  注意  治療
 9.早発卵巣不全の管理   〈齊藤寿一郎〉
   定義  病因  診断  治療  患者対応の注意点
 10.月経前症候群の診断と治療   〈望月善子〉
   概説  定義ならびに診断  治療
 11.避妊法と月経の人工移動   〈北村邦夫〉
   概説  各論

B 良性腫瘍と類縁疾患
 12.子宮筋腫の診断と治療  〈佐野力哉 梅本雅彦 塩田  充〉
   概説  症状  診断  治療
 13.子宮内膜症の診断と治療   〈甲賀かをり〉
   概説  定義  診断  分類  治療  再発
   予後(特に卵巣チョコレート嚢胞について)
 14.子宮腺筋症の診断と治療   〈楠木  泉 北脇  城〉
   病因  臨床症状  診断  治療
 15.卵巣腫瘍の超音波診断   〈小松篤史〉
   卵巣機能性腫瘤(類腫瘍)  卵巣腫瘍
 16.内視鏡下手術(腹腔鏡・子宮鏡)   〈菊地  盤〉
   腹腔鏡下手術  子宮鏡下手術

C 不妊症
 17.不妊症検査と治療計画   〈中原辰夫 岩瀬  明〉 
   概説  不妊症検査  治療計画
 18.排卵障害の診断と治療   〈齊藤隆和  齊藤英和〉
   概説  診断  治療
 19.卵管性不妊,子宮性不妊の診断と治療   〈鎌田泰彦〉
   概説  指針  診断  治療
 20.男性不妊の診断と治療   〈柳田  薫 菅沼亮太〉
   概説  原因  診断  治療
 21.不妊症における腹腔鏡検査・治療   〈北出真理〉
   概説  不妊症に対する診断と治療の手順  腹腔鏡の位置づけ
   不妊症に対する外科的治療の適応と術式
   女性因子の原因疾患における腹腔鏡手術の適応と手術手技
 22.人工授精の実際   〈久慈直昭 戸田里実 吉村泰典〉
   概説  適応  方法  手技  副作用  方針
 23.体外受精・胚移植の実際   〈大原  健  高井  泰〉
   ARTの適応  ARTの成績  ARTの手順
 24.卵巣過剰刺激症候群の予防と管理   〈平池  修 矢野  哲〉
   概説  診断  治療  注意と対策  適応
 25.不育症の診断と治療   〈杉浦真弓〉
   定義  概説  各論

D 異所性妊娠
 26.異所性妊娠の診断と治療   〈北島道夫 増崎英明〉
   概説  定義  発生部位  リスク因子 診断  治療  予後・再発

E 感染症
 27.クラミジア感染症・淋菌感染症の診断と治療   〈野口靖之〉
   概説  診断  治療  注意  予後
 28.性器ヘルペスの診断と治療   〈吉村和晃 蜂須賀  徹〉
   概説  診断  分類  治療
 29.尖圭コンジローマの診断と治療   〈川名  敬〉
   概説  疫学  臨床像  診断  治療  予後  予防
 30.細菌性腟症の診断と治療 
     〈武田豊明 大場智洋 大槻克文 関沢明彦〉
   概説  定義  診断  鑑別診断  治療

F CIN /子宮頸がん
 31.HPVワクチンの適切な接種方法   〈今野  良〉
   概説  定義  各論
 32.ASC−US, LSIL, HSILの対応と管理   〈沖  明典〉
   定義  概説  初診時の対応  診断確定後の管理
 33.HPV検査法の適応と実際  〈西尾  浩 岩田  卓 青木大輔〉
   概説  各論
 34.コルポスコピー診断の基礎   〈植田政嗣 野田  定〉
   概説  実施法  国際分類の概略  各所見解説  生検の実際
 35.MDA, LEGHの診断と管理   〈宮本  強 塩沢丹里〉
   概論  臨床診断のポイント  対応の実際
 36.円錐切除術の適応と実際   〈安彦  郁 松村謙臣〉
   概説  適応  方法  合併症 再発・予後・予防
 37.I期がんの治療法   〈大神達寛 小林裕明〉
   概説  IA1期の治療  IA2期の治療  IB1期の治療
   IB2期の標準治療  注意
 38.II期がんの治療法   〈池田仁惠 三上幹男〉
   概説  診断  治療  予後  注意
 39.III期がんの治療法   〈久保田  哲 上田  豊 木村  正〉
   概説  臨床進行期分類  治療 放射線治療による合併症  予後
 40.IV期がんの治療法   〈竹原和宏 野河孝充〉
   概説  IVA期の治療  IVB期の治療
 41.NACの適応と実際   〈庄子忠宏 高取恵里子 杉山  徹〉
   概説  診断および適応  治療および成績 注意  予後
 42.広汎性子宮頸部摘出術の適応と実際   〈藤井多久磨〉
   概説  適応  運用の実際
 43.頸部腺癌の管理   〈小島淳美〉
   概説  前駆病変  予防  診断  分類  治療
 44.術後補助療法はいかに行うか   〈的田眞紀 竹島信宏〉
   術後再発リスク因子とは  概説  各論
 45.再発がんに対する治療   〈喜多川  亮〉
   概説  診断  分類  治療と予後  注意
 46.妊娠中に発見された症例への対応   〈岩瀬春子〉
   概説  診断  治療  予後

G 子宮体がん
 47.標準的治療法   〈高野忠夫〉
   概説  分類  治療
 48.リンパ節郭清術の適応と範囲   〈渡利英道〉
   概説  手術治療  子宮体がんにおけるリンパ節郭清の意義
   子宮体がんの所属リンパ節と部位別のリンパ節転移頻度
   骨盤リンパ節郭清の適応と範囲
   傍大動脈リンパ節郭清の適応と範囲
   リンパ節郭清省略可能症例の選択
 49.術後リスク分類に基づく補助療法   〈青木陽一〉
   概説  リスク因子と術後リスク分類  術後補助療法
 50.進行・再発がんの化学療法   〈竹内  聡 杉山  徹〉
   概説  各論
 51.高齢者への治療   〈伊藤公彦〉
   概説  治療  高齢者の総合評価法
 52.妊孕性温存例へのホルモン療法   〈牛嶋公生〉
   概説  診断と適応  治療  予後  注意点
 53.タイプ2に対する治療法   〈新倉  仁〉
   概説  各論
 54.子宮肉腫の治療法   〈江本  精〉
  A.子宮癌肉腫 
   病態  手術療法  術後療法  進行・再発例に対して 展望
  B.子宮平滑筋肉腫 
   手術療法  術後療法  進行・再発例に対して
  C.子宮内膜間質肉腫
   分類  手術療法  術後療法  進行・再発例に対して
  D.子宮腺肉腫 

H 卵巣がん
 55.上皮性卵巣がんの標準的治療法   〈矢内原  臨 岡本愛光〉351
   概説  手術療法  化学療法
 56.手術療法(PDS/IDS/SDS)   〈寺内文敏〉
   概説  各論
 57.化学療法:3週ごとのTC療法とdose-dense TC療法 〈酒井  瞳 勝俣範之〉
   概説
    A.tri-weekly TC療法 
    B.dose-dense TC療法 
      tri-weekly TC療法,dose-dense TC療法の投与の実際
      TC療法とベバシズマブ
 58.摘出不能と考えられる卵巣・卵管・腹膜がんの管理   〈恩田貴志〉
   概説  治療  利点  診断  成績  注意
 59.プラチナ感受性がんに対する治療法   〈原野謙一〉
   概説  治療各論
 60.プラチナ耐性腫瘍の治療   〈松本光史〉
   概説  PFIについて  治療  今後
 61.わが国での推奨されるベバシズマブの投与法   〈杉山  徹〉
   背景  大規模臨床試験  投与方法  注意点
 62.卵巣明細胞腺癌の診断と治療   〈関根正幸 榎本隆之〉
   概説  疫学  診断  治療  再発がんの治療
 63.粘液性腺癌の診断と治療   〈島田宗昭 紀川純三〉
   概説  診断  治療
 64.妊孕性温存の対象と治療法   〈梶山広明〉
   妊孕性温存手術が考慮される患者適応  臨床病理学的な必要条件
   IC期サブステージを考慮した適応  妊孕性温存の術式
 65.境界悪性腫瘍への対応   〈高野政志 古谷健一〉
   概説  定義  治療  予後
 66.悪性胚細胞腫瘍の診断と治療法   〈横山良仁〉
   概説  診断  治療  注意点  予後
 67.性索間質性腫瘍に対する診断と治療法   〈田部  宏〉
   頻度  特徴的な症状  必要な検査  治療  予後

I 婦人科がんその他
 68.絨毛性疾患の管理   〈井箟一彦 谷崎優子〉
  A.胞状奇胎 
   概説  定義  診断  全奇胎,部分奇胎,水腫様流産の鑑別
   治療  胞状奇胎後の管理
  B.侵入奇胎と絨毛癌 
   概説  診断  侵入奇胎と絨毛癌の鑑別 治療  予後
 69.術後癒着防止への対応   〈佐藤豊実 佐々木怜子〉
   概説  各論
 70.周術期の血栓予防対策   〈田畑  務〉
   概説
    A.術前チェック 
    B.ガイドライン 
    C.血栓予防対策 
    D.注意 
 71.緩和医療   〈藤村正樹 清水基弘〉
   概説
    A.婦人科特有の症状と対処法
 72.化学療法時の制吐薬の正しい使い方   〈佐伯俊昭〉
    A.制吐療法の目的 
    B.基本的理解 
 73.卵巣機能を消失した若年患者へのホルモン補充療法 
     〈宮城悦子 佐藤美紀子〉
   概説  各論  禁忌

索 引 

すべて見る

執筆者一覧

杉山 徹 岩手医科大学産婦人科教授 編集
大須賀穣 東京大学医学部産婦人科教授 編集
宮城悦子 横浜市立大学医学部がん総合医科学教授 編集
木村文則 滋賀医科大学女性診療科講師 
西嶌優子 総合母子保健センター愛育病院産婦人科 
安達知子 総合母子保健センター愛育病院産婦人科部長 
甲村弘子 大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科教授 
丸山哲夫 慶應義塾大学医学部産婦人科学講師 
山本泰弘 東邦大学医療センター大橋病院婦人科 
浅川恭行 東邦大学医療センター大橋病院婦人科 
久布白兼行 東邦大学医療センター大橋病院婦人科教授 
岩佐 武 徳島大学病院地域産婦人科診療部特任准教授 
松崎利也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部産科婦人科学准教授 
苛原 稔 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部産科婦人科学教授 
大場 隆 熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学准教授 
金崎春彦 島根大学医学部産科婦人科学 
齊藤寿一郎 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター婦人科准教授 
望月善子 獨協医科大学医学部産科婦人科教授 
北村邦夫 日本家族計画協会家族計画研究センター所長 
佐野力哉 川崎医科大学婦人科腫瘍学 
梅本雅彦 川崎医科大学婦人科腫瘍学講師 
塩田 充 川崎医科大学婦人科腫瘍学教授 
甲賀かをり 東京大学医学部附属病院女性診療科・産科講師 
楠木 泉 京都府立医科大学大学院医学研究科女性生涯医科学講師 
北脇 城 京都府立医科大学大学院医学研究科女性生涯医科学教授 
小松篤史 東京大学大学院医学系研究科産婦人科 
菊地 盤 順天堂大学医学部附属浦安病院産婦人科先任准教授 
中原辰夫 名古屋大学医学部附属病院産科婦人科 
岩瀬 明 名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター准教授 
齊籐隆和 国立成育医療研究センター不妊診療科 
齊藤英和 国立成育医療研究センター不妊診療科医長 
鎌田泰彦 岡山大学病院周産母子センター講師 
柳田 薫 国際医療福祉大学病院リプロダクションセンター教授 
菅沼亮太 福島県立医科大学医学部産科婦人科学講師 
北出真理 順天堂大学医学部産婦人科学准教授 
久慈直昭 東京医科大学産科婦人科学教授 
戸田里実 慶應義塾大学医学部産婦人科学 
吉村泰典 慶應義塾大学医学部産婦人科学教授 
大原 健 埼玉医科大学総合医療センター産婦人科 
高井 泰 埼玉医科大学総合医療センター産婦人科准教授 
平池 修 東京大学大学院医学系研究科産科婦人科講師 
矢野 哲 国立国際医療研究センター中央検査部門部門長/産婦人科科長 
杉浦真弓 名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科教授 
北島道夫 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科産科婦人科講師 
増崎英明 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科産科婦人科教授 
野口靖之 愛知医科大学産婦人科講師 
吉村和晃 産業医科大学若松病院産婦人科診療教授 
蜂須賀徹 産業医科大学産婦人科教授 
川名 敬 東京大学大学院医学系研究科産婦人科学准教授 
武田豊明 昭和大学医学部産婦人科 
大場智洋 昭和大学医学部産婦人科 
大槻克文 昭和大学豊洲病院婦人科准教授 
関沢明彦 昭和大学医学部産婦人科教授 
今野 良 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学第2教授 
沖 明典 筑波大学医学医療系産婦人科教授,茨城県立中央病院産婦人科部長 
西尾 浩 慶應義塾大学医学部産婦人科学 
岩田 卓 慶應義塾大学医学部産婦人科学講師 
青木大輔 慶應義塾大学医学部産婦人科学教授 
植田政嗣 大阪がん循環器病予防センター婦人科検診部部長 
野田 定 大阪がん循環器病予防センター名誉部長 
宮本 強 信州大学大学院医学系研究科産科婦人科学講師 
塩沢丹里 信州大学大学院医学系研究科産科婦人科学教授 
安彦 郁 京都大学医学部附属病院産科婦人科 
松村謙臣 京都大学医学部附属病院産科婦人科准教授 
大神達寛 九州大学病院産科婦人科 
小林裕明 九州大学病院産科婦人科准教授 
池田仁惠 東海大学医学部専門診療学系産婦人科講師 
三上幹男 東海大学医学部専門診療学系産婦人科教授 
久保田哲 大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学 
上田 豊 大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学 
木村 正 大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学教授 
竹原和宏 国立病院機構四国がんセンター婦人科医長 
野河孝充 国立病院機構四国がんセンター婦人科統括診療部長 
庄子忠宏 岩手医科大学産婦人科講師 
高取恵里子 岩手医科大学産婦人科 
藤井多久磨 藤田保健衛生大学産婦人科学教授 
小島淳美 岩手医科大学産婦人科講師 
的田眞紀 がん研有明病院婦人科副医長 
竹島信宏 がん研有明病院婦人科部長 
喜多川亮 NTT東日本関東病院産婦人科 
岩瀬春子 北里大学医学部産婦人科講師 
高野忠夫 東北大学病院臨床研究推進センター特任教授 
渡利英道 北海道大学病院婦人科講師 
青木陽一 琉球大学大学院医学研究科産婦人科教授 
竹内 聡 岩手医科大学産婦人科准教授 
伊藤公彦 関西ろうさい病院産婦人科部長 
牛嶋公生 久留米大学医学部産婦人科教授 
新倉 仁 東北大学病院婦人科特命教授 
江本 精 国際医療福祉大学教授,福岡山王病院予防医学センター部長 
矢内原臨 東京慈恵会医科大学産婦人科学講師 
岡本愛光 東京慈恵会医科大学産婦人科学教授 
寺内文敏 東京医科大学産科婦人科学教授 
酒井 瞳 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科 
勝俣範之 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授 
恩田貴志 北里大学医学部産婦人科教授 
原野謙一 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科 
松本光史 兵庫県立がんセンター腫瘍内科科長 
関根正幸 新潟大学大学院医歯学総合研究科産科婦人科講師 
榎本隆之 新潟大学大学院医歯学総合研究科産科婦人科教授 
島田宗昭 鳥取大学医学部生殖機能医学 
紀川純三 松江市立病院病院長 
梶山広明 名古屋大学大学院医学系研究科産婦人科准教授 
高野政志 防衛医科大学校病院腫瘍化学療法部講師 
古谷健一 防衛医科大学校病院産科婦人科教授 
横山良仁 弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学准教授 
田部 宏 東京慈恵会医科大学産婦人科学講師 
井箟一彦 和歌山県立医科大学産科婦人科学教授 
谷崎優子 和歌山県立医科大学産科婦人科学 
佐藤豊実 筑波大学医学医療系産科婦人科学准教授 
佐々木怜子 筑波大学医学医療系産科婦人科学 
田畑 務 三重大学大学院医学系研究科産婦人科准教授 
藤村正樹 東京医科大学茨城医療センター産婦人科教授 
清水基弘 東京医科大学八王子医療センター産婦人科 
佐伯俊昭 埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科教授 
佐藤美紀子 横浜市立大学附属病院産婦人科講師 

すべて見る

電子書籍で購入する

婦人科診療ハンドブック
   定価8,208円(本体7,600円 + 税)
   2014年07月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722