Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ脳・神経 > 神経発達障害診療ノート

書籍詳細

神経発達障害診療ノート

神経発達障害診療ノート

橋本 浩 著

A5判 148頁

定価(本体2,600円 + 税)

ISBN978-4-498-32808-2

2018年03月発行

在庫あり

(児童)精神科医はもちろん,小児科医も神経内科医も,神経発達障害を守備範囲とすることが求められる時代となった.本書は,データの羅列や,専門的な議論に陥ることを避け,神経発達障害の基本的な理解と,実地診療で必要な診かた・考えかたの基本をしっかりと記述することを心掛けたオーソドックスな入門書である.

橋本 浩

昭和62年奈良県立医科大学卒業
卒業後は同大学小児科に入局し,小児科・新生児科(NICU)を研修し,国立療養所福井病院小児科にて一般小児科診療,血友病の診療,障害児医療に従事しつつ内科や整形外科病棟の管理当直で経験を積み,その後は診療所にて総合小児科と内科の診療を実践し,平成19年3月から上海市にてセントミカエル病院(中文名称:上海天檀普華医院)などで,欧米やアジア各国の医師と協力して,日本人のみならず世界各国の人々を対象とした内科,総合診療科,小児科を担当.平成23年3月に帰国後,北海道の別海町立病院小児科および三重県の伊賀市立上野総合市民病院総合診療科・小児科の嘱託医を経て,平成27年7月から奈良県の生駒市立病院小児科に常勤医として移籍し,小児科および総合診療科・内科の外来に加え,ERやICU管理当直も担当した.
アレルギー疾患をはじめ,血液疾患,感染症,神経疾患,神経発達障害など様々な分野を総合的に診療してきた経験があり,新生児から高齢者まで外来や入院での診療を実践中.産科救急にも対応する新生児科医でもある.
平成29年春から,東大阪生協病院にて,小児科,内科および総合診療科の医師として,多彩な診療活動に従事している.
平成30年2月より八雲町熊石国民健康保険病院小児科・内科

主な著書:
中外医学社 『かぜ診療の基本』『子どもの心を診る医師のための発達検査・心理検査入門』『医療従事者のための臨床小児栄養学入門』
ミネルヴァ書房 『暮らしの科学シリーズ 花粉症 治療とセルフケアQ&A』
秀和システム 『発達心理学がよ〜くわかる本』
日本実業出版社 『早わかり科学史』
風見書房 『お母さんのための小児科講座』
河出書房新社 『図解だれでもわかるユビキタス』
羊土社 『ナースのためのパソコン“超”入門』   など

すべて見る

はじめに

 神経発達障害(神経発達症)は,小児科や児童精神科あるいはリハビリテーション科でも症例数が増えているといわれています.統計学的にも小児の気管支喘息と大差がない頻度でその存在が認められています.当院でも,小児科や神経内科の守備範囲の一つとして,神経発達障害を対象とした診療を行っています.
 わが国では発達障害者支援法の成立後,ますます神経発達障害に対する注目が集まり,医療に対するニーズが増えているようです.しかし,成人では精神科だと神経発達障害を診てもらえる施設が少なく,小児科でも患者数が多すぎてスタッフや設備が不足し,年齢や通院年数などで独自の診療制限をかけざるを得ないところもあるようです.それほど患者さんは多い,ということのようです.
 それを受けて神経発達障害を扱った数々の出版物が刊行されていますが,データがたくさんあってどれがポイントなのか把握し辛い,専門的過ぎて初学者には難しい,などいろいろな書籍があるようです.
 そこで,最も基本的な部分をしっかり押さえようという目標を達成しようと書き下ろしたものが,本書です.つまり,難しい理論の話はほぼ出てきませんが,実地診療で必要なみかた,考え方の基本をしっかりと押さえておこう,というわけです.
 本書では,疾患名はDSM-5に準拠しているので,それ以前の広汎性発達障害やアスペルガー症候群などの用語は,基本的には使用していません.2005年に施行された発達障害者支援法では,神経発達障害を発達障害と呼称し,その範囲を「自閉症,アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害,学習障害,注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう」と定義されており,この行政上の区分と学術上の区分には差異があります.しかしながら,この差異は今後も変化していくものと考えられています.
 本書がみなさんの日常診療のお役に立つことがあれば,幸いです.

2018年 新春
橋本 浩

すべて見る

目 次

Part1 総論
 入門編
  ▪神経発達障害とは
  ▪疫学と社会的背景
  ▪採算性を含む診療体制の問題
  ▪かかりつけ医と専門家および専門家同士の連携
  ▪かかりつけ医が発達障害を疑ったら
   Column 臨床心理士もいろいろ
  ▪参考文献

 基本編
  ▪神経発達障害の分類
  ▪神経発達障害診療の基本
  ▪治療とフォローアップの基本
  ▪NICU退院児と神経発達障害
  ▪神経発達障害と耳鼻咽喉科・眼科
   Column 日本の学校教育のIQ偏重による弊害
  ▪参考文献

Part2 各論
 A.疾患各論
  ▪知的発達症(群)
  ▪コミュニケーション症(障害)
  ▪自閉スペクトラム症(ASD)
  ▪注意欠如・多動症(ADHD)
  ▪限局性学習障害(群)
  ▪運動症

 B.治療・療育・連携・支援の概要
  ▪心理療法
  ▪リハビリテーション
  ▪ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とライフ・スキル・トレーニング(LST)
  ▪ペアレントトレーニング
  ▪神経発達障害と食事
  ▪薬物療法
   Column 困った母親が増加している…?
  ▪参考文献

Part3 応用・発展編
  ▪ライフサイクルと支援
  ▪就労支援への取り組み
  ▪神経発達障害をもつ児の入院管理
   Column 未来の神経発達障害治療は,栄養療法が中心に?
  ▪参考文献

Part4 症例編
  ▪症例1
  ▪症例2
  ▪症例3
   Column 神経発達障害に対する法律と差別の問題

索引

すべて見る

執筆者一覧

橋本 浩 八雲町熊石国民健康保険病院小児科・内科 著

すべて見る

電子書籍で購入する

神経発達障害診療ノート
   定価2,808円(本体2,600円 + 税)
   2018年03月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • 動画閲覧
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • J-IDEO
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722