ログアウト中です。

トップページ薬物療法 > 高齢者機能評価とレジメンでわかるがん薬物療法

書籍詳細

高齢者機能評価とレジメンでわかるがん薬物療法

高齢者機能評価とレジメンでわかるがん薬物療法

安藤雄一 編集

A5判 298頁

定価5,280円(本体4,800円 + 税)

ISBN978-4-498-11720-4

2022年09月発行

在庫あり

高齢がん患者はそれぞれ多様な臨床背景をもち,薬物療法において容易に臨床試験のエビデンスを適用できないことも多い.本書の前半では,高齢がん患者の多様性や機能を客観的に評価するための具体的なツールを用い,どのように介入するかを解説.後半ではがん薬物療法の代表的なレジメンのコツと高齢者への注意点などを一目で分かるようにし,高齢者のがん薬物療法の実践の一助となる一冊となっている.

序文

 高齢がん患者には臨床試験の薬物療法のエビデンスをそのまま適用できないことが多い.高齢者は被験者として臨床試験に登録されることは少なく,また日常診療で遭遇する高齢者は臨床試験の登録除外基準に抵触するような様々な問題を抱えているためである.そこで,臨床医は一人ひとりの患者の副作用リスクに応じて標準用量から減量したり投与間隔を延ばしたり,併用する抗がん薬の種類を割愛することを検討する.がんの治療よりも優先されそうな問題があれば,治療の適用そのものを再考する.しかし,このような主治医個人の経験や勘に基づく個別化治療は,それが最善の結果をもたらすという保証がないばかりか,実際によい結果をもたらしたかを検証することもできない.また,高齢がん患者を対象に行われる最近の臨床試験では,高齢者機能評価を登録基準に取り入れるなどの工夫がみられるが,そもそも高齢者が多様な臨床背景をもつことを考えれば,選択除外基準で選び抜かれた患者を対象に行われた臨床試験の結果を日常診療で用いることは,やはり困難であろう.そこで,近年では,高齢がん患者の薬物療法をリスクに応じて割り振るよりも,高齢者の多様性について客観的で再現性のある評価をするにはどうすればよいか,明らかになる問題を解決するにはどう介入すればよいかに焦点があてられるようになった.
 本書の前半の総論では,高齢者の多様性と高齢者機能評価に用いる具体的なツールについて解説するとともに,高齢者機能評価によって明らかになる問題に対して多職種でどのように介入すべきかを意識した内容となっている.また,後半の各論では,がん薬物療法の代表的なレジメンの注意点とコツについて解説している.実際には,高齢者の多様性および問題への介入の必要性を評価したうえで,専門医によるこれらの注意点やコツを参考にしながら臨床判断することになる.
 本書が,読者の高齢者のがん薬物療法の理解と実践に少しでも資するなら,編集者として望外の喜びである.

2022年8月
安藤雄一

すべて見る

目 次

I 高齢者のがん薬物療法の考え方

A.高齢者の意思決定と有害事象の特徴
 1.がん領域での高齢者機能評価〈松岡 歩〉
  1.高齢がん患者の治療方針決定
  2.高齢者機能評価とは
  3.ガイドラインでの推奨
  4.GAに基づくマネジメントの有用性
 2.がん薬物療法を受ける高齢がん患者の意思決定支援〈小山美樹〉
  1.がん薬物療法における高齢者支援の現状
  2.がん薬物療法を受ける高齢者のヘルスリテラシー
  3.高齢者の意思決定支援
  4.高齢者の意思決定能力を高めるコミュニケーションの工夫
 3.高齢がん患者の有害事象の特徴とケア〈山田里美〉
  1.高齢者のがん薬物療法における有害事象の特徴
  2.治療開始前のアセスメントと介入
  3.患者教育
  4.セルフケア支援
  5.症状マネジメントとケア

B.高齢者機能評価のドメインと評価ツール
 1.生活機能〈西嶋智洋〉
  1.パフォーマンスステータスについて
  2.日常生活動作(activities of daily living: ADL)
  3.手段的日常生活動作(instrumental activities of daily living: IADL)
  4.身体機能
  5.介入について
 2.薬物療法を受ける高齢がん患者を対象とした運動療法 〈原田剛志〉
  1.運動療法の目的
  2.運動療法のリスク管理と注意点
  3.運動療法の実際
 3.転倒・転落〈原 万里子〉
  1.定義と予防の重要性
  2.発生状況
  3.要因
  4.がん薬物療法による転倒・転落リスクの増加
  5.転倒・転落リスクアセスメント
  6.転倒・転落を予防するためのケア
 4.併存症〈千田彰彦,浜本康夫〉
  1.併存症を評価する意義
  2.併存症の評価法
  3.併存症をもつ患者への介入
 5.栄養状態〈水谷友紀〉
  1.栄養管理の概要
  2.栄養障害のスクリーニング
  3.栄養アセスメント
  4.がんの病状・治療方針
 6.食事指導〈大西未歩〉
  1.高齢者のがん薬物療法と食事指導
  2.必要栄養量の算出と食事指導・栄養支援
  3.がん薬物療法施行時の有害事象と食事指導・栄養支援
  4.経口栄養補助食品(oral nutritional supplements:ONS)と食事指導・栄養支援
 7.認知機能〈小川朝生〉
  1.がん治療と認知機能
  2.認知機能検査とその役割
  3.主要な認知機能検査
  4.介入
  5.認知機能障害のある場合の対応
 8.がん薬物療法とポリファーマシーについて〈土井綾子〉
  1.ポリファーマシーの背景とその影響
  2.処方適正化のための基準
  3.がん薬物療法中のポリファーマシー対策と工夫
 9.ポリファーマシーへの薬学的介入〈内田まやこ〉
  1.がん患者におけるポリファーマシーの問題点
  2.ポリファーマシーと薬学的介入の現状
  3.薬剤師の役割
 10.服薬アドヒアランスと看護〈森田まゆみ〉
  1.服薬アドヒアランスに影響を与える要因
  2.服薬を支援するためのアセスメント
  3.服薬アドヒアランスを高めるための看護師の役割
  4.服薬支援の実際
 11.精神状態・気分〈山本 寛〉
  1.高齢がん患者における気分障害の特徴
  2.評価ツール
  3.高齢がん患者に自記式質問票を用いる問題点
  4.高齢がん患者の抑うつに対する介入
 12.社会的サポート〈山本 寛〉
  1.高齢がん患者の社会的フレイル
  2.評価ツール
  3.高齢がん患者の社会的サポート介入

C.高齢者機能評価スクリーニングツールと有害事象予測ツール 〈高橋昌宏〉
 1.高齢者機能評価スクリーニングツール
 2.高齢者機能評価を用いた有害事象予測ツール

II レジメンの実際と治療のコツ
A.肺癌
 1.非小細胞肺癌 ドライバー遺伝子変異陰性(1)〈津端由佳里〉
  1)細胞傷害性抗がん薬+免疫チェックポイント阻害薬(ICI)
  2)カルボプラチン+アルブミン懸濁型パクリタキセル
 2.非小細胞肺癌 ドライバー遺伝子変異陰性(2)〈近藤千晶〉
  1)カルボプラチン+ペメトレキセド
  2)免疫チェックポイント阻害薬単剤
 3.非小細胞肺癌 ドライバー遺伝子変異陽性(1)〈瀧川奈義夫〉
  1)オシメルチニブ単剤
  2)エルロチニブ+ラムシルマブ
 4.非小細胞肺癌 ドライバー遺伝子変異陽性(2) 〈中島和寿,礒部 威〉
  1)ゲフィチニブ単剤
  2)カルボプラチン+ペメトレキセド+ゲフィチニブ
 5.小細胞肺癌〈中谷有貴,駄賀晴子〉
  1)カルボプラチン+エトポシド
  2)アムルビシン

B.消化器癌
 1.胃癌 術後補助〈柏田知美〉
  1)S-1,ドセタキセル+S-1(DS)
  2)カペシタビン+オキサリプラチン(CAPOX)
 2.胃癌 転移再発〈山口敏史〉
  1)S-1+オキサリプラチン(SOX)
  2)ラムシルマブ+パクリタキセル
 3.大腸癌 術後補助〈関根克敏〉
  1)カペシタビン単剤
  2)カペシタビン+オキサリプラチン(CAPOX),FOLFOX
 4.大腸癌 転移再発〈牧山明資〉
  1)カペシタビン+ベバシズマブ
  2)セツキシマブ単剤またはパニツムマブ単剤
 5.膵臓癌〈前田 修〉
  1)ゲムシタビン+アルブミン懸濁型パクリタキセル
  2)フルオロウラシル+レボホリナート+リポソーム型イリノテカン

C.乳癌
 1.乳癌 術前・術後補助〈河村雪乃,下村昭彦〉
  1)ドキソルビシン+シクロホスファミド(AC)
  2)毎週パクリタキセル
 2.ホルモン受容体陽性乳癌 転移再発〈田村研治〉
  1)アロマターゼ阻害薬単剤
  2)フルベストラント
 3.乳癌 転移再発(抗HER2療法を除く(1))〈遠山竜也〉
  1)エリブリン
  2)ベバシズマブ+パクリタキセル
 4.乳癌 転移再発(抗HER2療法を除く(2))〈高野悠子〉
  1)S-1単剤
  2)アテゾリズマブ+アルブミン懸濁型パクリタキセル
 5.HER2陽性乳癌 術後補助〈澤木正孝〉
  1)パクリタキセル+トラスツズマブ
 6.HER2陽性乳癌 転移再発〈澤木正孝〉
  1)ペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセル

D.造血器腫瘍
 1.悪性リンパ腫〈高橋 勉〉
  1)R-CHOP
  2)ベンダムスチン+リツキシマブ(BR)
 2.慢性リンパ性白血病(CLL),多発性骨髄腫〈満間綾子〉
  1)慢性リンパ性白血病(CLL):イブルチニブ単剤
  2)多発性骨髄腫(MM):ダラツムマブ+レナリドミド+デキサメタゾン(DLd)

E.泌尿器系腫瘍
 1.前立腺癌 去勢抵抗性〈近藤千紘〉
  1)ドセタキセル+プレドニゾロン
  2)カバジタキセル+プレドニゾロン
 2.腎癌〈渡辺祥伍,三浦裕司〉
  1)アキシチニブ+ペムブロリズマブ
  2)イピリムマブ+ニボルマブ

F.婦人科腫瘍
 1.卵巣癌〈森田充紀,松本光史〉
  1)パクリタキセル+カルボプラチン(毎週分割投与,weekly TC)
  2)ゲムシタビン
 2.子宮内膜癌〈温泉川真由〉
  1)ドキソルビシン+シスプラチン(AP)
  2)パクリタキセル+カルボプラチン(TC)
 3.子宮頸癌〈温泉川真由〉
  1)パクリタキセル+シスプラチン+ベバシズマブ
  2)パクリタキセル+カルボプラチン(TC)

G.その他
 1.原発不明がん〈久保寿夫〉
  1)パクリタキセル+カルボプラチン
 2.転移性脳腫瘍〈大岡史治,齋藤竜太〉

索引

すべて見る

執筆者一覧

安藤雄一 名古屋大学医学部附属病院化学療法部教授 編集
松岡 歩 国立がん研究センターがん対策研究所 
小山美樹 東京女子医科大学病院看護部 
山田里美 名古屋大学医学部附属病院看護部 
西嶋智洋 九州がんセンター老年腫瘍科,消化管・腫瘍内科 
原田剛志 国立がん研究センター東病院骨軟部腫瘍・リハビリテーション科 
原 万里子 名古屋大学医学部附属病院看護部 
千田彰彦 慶應義塾大学医学部内科学教室消化器 
浜本康夫 慶應義塾大学医学部腫瘍センター准教授 
水谷友紀 杏林大学医学部腫瘍内科学講師 
大西未歩 がん病態栄養専門管理栄養士指導師 
小川朝生 国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長 
土井綾子 聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学 
内田まやこ 同志社女子大学薬学部臨床薬学教育研究センター教授 
森田まゆみ 名古屋大学医学部附属病院看護部 
山本 寛 東京健康長寿医療センター呼吸器内科部長 
高橋昌宏 宮城県立がんセンター腫瘍内科 
津端由佳里 島根大学医学部附属病院呼吸器・化学療法内科診療教授 
近藤千晶 名古屋大学医学部附属病院ゲノム医療センター 
瀧川奈義夫 川崎医科大学総合内科学4 教授 
中島和寿 島根大学医学部内科学講座呼吸器・臨床腫瘍学 
礒部 威 島根大学医学部内科学講座呼吸器・臨床腫瘍学教授 
中谷有貴 大阪市立総合医療センター腫瘍内科 
駄賀晴子 大阪市立総合医療センター腫瘍内科部長 
柏田知美 佐賀県医療センター好生館腫瘍内科(臨床腫瘍科)部長 
山口敏史 大阪医科薬科大学病院化学療法センター講師 
関根克敏 さいたま市立病院腫瘍センター医長 
牧山明資 岐阜大学医学部附属病院がんセンター准教授 
前田 修 名古屋大学医学部附属病院化学療法部病院准教授 
河村雪乃 国際医療研究センター乳腺・腫瘍内科フェロー 
下村昭彦 国際医療研究センター乳腺・腫瘍内科/臨床ゲノム科/がん総合内科医長 
田村研治 島根大学医学部附属病院先端がん治療センター/腫瘍内科教授 
遠山竜也 名古屋市立大学大学院医学研究科乳腺外科学分野教授 
高野悠子 名古屋大学医学部附属病院化学療法部 
澤木正孝 愛知県がんセンター乳腺科医長 
高橋 勉 島根大学医学部附属病院血液内科 
満間綾子 名古屋大学医学部附属病院化学療法部 
近藤千紘 国立がん研究センター東病院腫瘍内科 
渡辺祥伍 虎の門病院臨床腫瘍科 
三浦裕司 虎の門病院臨床腫瘍科部長 
森田充紀 兵庫県立がんセンター腫瘍内科医長 
松本光史 兵庫県立がんセンター腫瘍内科部長 
温泉川真由 がん研有明病院婦人科副部長/総合腫瘍科副医長 
久保寿夫 岡山大学病院呼吸器・アレルギー内科 
大岡史治 名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学講師 
齋藤竜太 名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学教授 

すべて見る

電子書籍で購入する

高齢者機能評価とレジメンでわかるがん薬物療法
   定価5,280円(本体4,800円 + 税)
   2022年09月発行
(外部のサイトへとびます)
高齢者機能評価とレジメンでわかるがん薬物療法
   定価5,280円(本体4,800円 + 税)
   2022年09月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • 採用情報
  • note小
  • JIDEOバックナンバー
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722