Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ外科学一般 > 腹腔内内ヘルニア大全

書籍詳細

腹腔内内ヘルニア大全

腹腔内内ヘルニア大全

三毛牧夫 著

B5判 408頁

定価(本体21,000円 + 税)

ISBN978-4-498-04350-3

2021年01月発行

在庫あり

腹腔内内ヘルニアの歴史は非常に古いにもかかわらず,その概念・定義もいまだ明確ではない.この状況を打破するために,最新の論文はもちろん,多数の歴史的な原著・原論文を実際に参照して腹腔内内ヘルニアの歴史を辿った上で,現代の発生学・筋膜解剖学に則った正確な膜構造の理解を礎として,腹腔内内ヘルニアを俯瞰した.添えられた多数の分かりやすいイラストが,読者の理解をさらに深める.まさに唯一無二の1冊.

目 次

序章
   1 ヒト発生と筋膜構成が明らかになったことによる理解の変遷
   2 根本的な用語の定義の問題解決
   3 重複記載について
   4 腹腔内内ヘルニアを統合再定義することの意義

総論

第1章 基礎編―人体発生―
 I ヒトの発生段階
   1 受精(fertilization)
   2 卵割(cleavage)
   3 着床
   4 胚盤葉上層と胚盤葉下層
   5 原腸形成(gastrulation)
   6 ボディプラン(体の設計;body plan)
   7 器官形成(organogenesis)
 II 消化管の発生
   1 3週の初め
   2 3週と4週の間
   3 原腸発生の早期
   4 中腸発生に関するStageについての考え方の変遷
 III 腸管回転と固定,そして癒合
   1 「一括回転(en—bloc rotation)」概念
   2 Soffers概念
 IV Treitz靱帯(十二指腸提筋;superior retention band),Inferior retention bandと横隔結腸靱帯
   1 Treitz靱帯(あるいは,十二指腸提筋)
   2 Inferior retention bandと横隔結腸靱帯
   3 Retention bandのまとめ

第2章 腸回転異常と固定異常(Malrotation and Malfixation)
   はじめに
   1 歴史
   2 言葉の定義
   3 分類の考え方
   4 発生学的分類
   附1)Bill分類
   附2)腹腔内の膜様構造物
   
第3章 腹腔内内ヘルニア(総論)(Internal intra-abdominal hernia)
   はじめに
 I 胎生期の腹膜配置・体壁の概念
 II 後腹膜と後腹膜腔
 III 言葉の定義―hernia―
   1 基本用語
   2 外ヘルニアと内ヘルニア
 IV 本書における腹腔内内ヘルニアの分類
   V 臨床所見と診断
   1 臨床症状
   2 診断
 VI 腸閉塞症

各論

第1章 傍十二指腸ヘルニア(Paraduodenal hernia)
   はじめに
 I 傍十二指腸ヘルニアの歴史
 II 傍十二指腸ヘルニアの定義
 III 傍十二指腸窩とヘルニア
   1 傍十二指腸窩の形成理論と概念
   2 傍十二指腸ヘルニアの形成理論と概念
 IV 統計
 V 症状
 VI 放射線学的診断
 VII 治療
 VIII 傍十二指腸ヘルニアの各型
   附1)網囊(omental bursa, lesser peritoneal sac)
   附2)腹部血管解剖

第2章 結腸間膜が関係する内ヘルニア(Mesocolic hernia)
   はじめに
   1 総論
   2 横行結腸間膜が関与した内ヘルニア
   3 S状結腸間膜に関与した内ヘルニア
   4 その他の結腸間膜ヘルニア
   附)Interparietal herniaとinterstitial hernia

第3章 小腸間膜ヘルニア(Mesenteric hernia)
 I 小腸間膜裂孔ヘルニア(Transmesenteric hernia)
 II 小腸間膜内ヘルニア〔Intramesenteric(pourch)hernia〕

第4章 大網ヘルニア(Omental hernia;Epiploic hernia)
 I 網囊と大網の発生学
 II 大網ヘルニアの分類
 III 大網内ヘルニア(Intra-omental hernia)
   1 発生学
   2 臨床所見
 IV大網裂孔ヘルニア(Trans-omental hernia,Trans-epiploic hernia)
   1 歴史的背景
   2 大網欠損の発生学
   3 分類
   4 統計
   5 臨床的特徴
   6 放射線学的検査
   7 複合型大網裂孔ヘルニア
   8 外科治療

第5章 小網裂孔ヘルニア(Lesser omental hernia)
   1 発生と解剖
   2 原因
   3 分類
   4 統計
   5 臨床的所見
   6 放射線学的検査
   7 複合型小網裂孔ヘルニア
   8 外科治療

第6章 Winslow孔ヘルニア(網囊孔ヘルニア)(Hernia through the epiploic foramen of Winslow)
 I 歴史
 II 網囊と大網の発生学
 III 解剖学
 IV Winslow孔ヘルニアの発生機序因子と特徴
 V 統計
 VI 分類
 VII臨床的特徴
   1 臨床症状
   2 身体所見
 VIII 臨床検査
 IX 放射線学的検査
   1 腹部単純X線検査
   2 造影検査
   3 超音波検査
   4 腹部CT検査
   5 Multidetector CT-Scan(MDCT)
 X 鑑別診断
 XI 外科治療
 XII 複合型Winslow孔ヘルニア(Re-entrant hernia)
 XIII 手術を終了するに際しての注意
 XIV 予後

第7章 肝鎌状間膜に関与するヘルニア(Hernia involving the falciform ligament)
 I 腹側胃間膜の発生学
 II 解剖学
 III 歴史
 IV 分類
 V 成因
 VI 統計
 VII 臨床的特徴
   1 新生児
   2 成人
 VIII 臨床症状および臨床所見
 IX 放射線学的検査
   1 腹部・胸部単純X線検査
   2 腹部CT検査
 X 外科治療
   附1)Aberrant umbilical vein症例
   附2)肝鎌状間膜のヘルニア化

第8章 盲腸周囲ヘルニア(Pericecal hernia,Paracecal hernia)
 I 発生学
 II 解剖学
 III 盲腸周囲の窩
   1 上回盲窩
   2 下回盲窩
   3 後盲腸窩
   4 傍結腸窩
   5 盲腸窩
   6 Hartmann窩
 IV 成因
 V 盲腸周囲ヘルニアの分類
 VI 統計
 VII 臨床的特徴
   1 上回盲窩ヘルニア
   2 下回盲窩ヘルニア
   3 後盲腸窩ヘルニア
   4 傍結腸窩ヘルニア
   5 盲腸窩ヘルニア
   6 Hartmann窩ヘルニア
 VIII 放射線学的検査
   1 造影検査
   2 腹部CT検査
 IX 外科治療
   附)腸骨筋膜下窩ヘルニア(Hernia of fossa iliaco-subfascialis)

第9章 Mesodiverticular vascular band herniaおよび他の先天性血管バンド
 I Meckel憩室
 II Mesodiverticular vascular bandの発生学
 III 血管発生学
 IV Mesociverticular vascular bandの分類
 V 統計
 VI Mesodiverticular vascular band herniaの臨床的特徴
 VII その他の先天性血管バンド
 VIII 外科治療
   附)偶発的に検出されたMeckel憩室の対策

第10章 子宮広間膜ヘルニア(Hernia of the broad ligament of the uterus)
 I 発生学
 II 解剖学
 III 分類
   1 歴史
   2 Cilley分類
   3 新しい型分類
 IV 統計
 V 臨床的特徴
 VI 子宮広間膜ヘルニア各論
   1 子宮広間膜裂孔ヘルニア(Transligamentuous hernia of the broad ligament)
   2 子宮広間膜内ヘルニア(子宮広間膜内ポーチヘルニア)
 VII 外科治療

第11章 内膀胱上窩ヘルニア(Internal supravesical hernia)
 I 歴史
 II 解剖学
   1 臍襞(臍靱帯)
   2 腹部・骨盤内筋膜構成
   3 膀胱周囲腔
 III 分類
 IV 統計
 V 病因
 VI 臨床的特徴
   1 症状
   2 臨床所見
 VII 放射線学的検査
   1 膀胱鏡検査
   2 骨盤CT検査
 VIII 外科治療
 IX 予後
   附1)外膀胱上窩ヘルニア(External supravesical hernia)
   附2)その他の骨盤内内ヘルニア

第12章 手術既往のない後天性腹腔内ヘルニア
 I 炎症過程に続発するヘルニア
   1 急性虫垂炎
   2 手術既往のない腹部の癒着
 II 鈍的外傷に続発するヘルニア

第13章 医原性腹腔内内ヘルニア(Iatrogenic intra-abdominal hernias)
 I 吻合後ヘルニア(Retroanastomotic hernia)
   1 歴史的背景
   2 吻合部背側腔
   3 ヘルニアの型
   4 臨床的特徴
   5 臨床検査所見
   6 放射線学的検査
   7 外科的治療
   8 予防
 II 人工肛門(ストーマ)に関係した腹腔内内ヘルニア
 III 横行結腸切除術後後胃ヘルニアと術後小網裂孔ヘルニア
 IV 肥満に対するバイパス手術による内ヘルニア
 V 根治的後腹膜リンパ節郭清による内ヘルニア
 VI 子宮懸垂術後の内ヘルニア
 VII 腹腔内内ヘルニアの病因としての腹膜外手術
   1 腹膜外傍移植片内ヘルニア
   2 恥骨後大腿—大腿バイパス移植片後内ヘルニア

索引

すべて見る

執筆者一覧

三毛牧夫 総合南東北病院総合診療科 著

すべて見る

電子書籍で購入する

腹腔内内ヘルニア大全
   定価23,100円(本体21,000円 + 税)
   2021年01月発行
(外部のサイトへとびます)
腹腔内内ヘルニア大全
   定価23,100円(本体21,000円 + 税)
   2021年01月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note生殖医療関連
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722