Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ精神 > 「大人の発達障害」トリセツのつくりかた

書籍詳細

「大人の発達障害」トリセツのつくりかた

「大人の発達障害」トリセツのつくりかた

一般病棟における入院患者の評価と対応に役立つ実践的知識!

井上真一郎 編著

A5判 150頁

定価(本体2,800円 + 税)

ISBN978-4-498-22920-4

2020年08月発行

在庫あり

患者さんの対応でうまくいかず困った経験を持つ医療者のための1冊.
発達障害の有無ではなく、「ほとんどの人は何らかの発達特性を持っている」という多様性を前提に、その特性ゆえに医療の中で困っている患者さんがいた際,医療者としてどのような支援が出来るのか,様々なシチュエーション・多職種での実践的知識を解説!

*発達障害と発達特性の違い*
☞  誤解や混乱のないように
・発達特性とは,「得意・不得意のバラツキ」のことで,例えば「想像力の欠如」や「不注意」など,発達障害の診断につながる特徴です.
・得意なことや不得意なことの種類や程度は人によって異なるため,発達特性は人それぞれと考えられます.
・発達特性が強い(得意・不得意のバラツキが大きい)からと言って,必ずしも社会生活に支障をきたすわけではなく,「発達特性が強い=発達障害」ではありません.
・ただし,発達特性が強いと,それによって社会生活に支障をきたす可能性が高くなります.
・発達特性によって社会生活に支障をきたすことで,何らかの支援が必要な状態になると,発達障害と診断されます.

すべて見る

謝 辞
本書をまとめるにあたり,岡山大学病院精神科リエゾンチームのメンバーをはじめとして,矢野智宣先生,武田直也先生には,多くのご協力とご助言をいただきました.
また,中外医学社の上岡里織さまにおかれましても,細部にわたり適切なご指導をいただきました.
ここに深く感謝の意を表します.本当にありがとうございました.

すべて見る

目  次

*発達障害と発達特性の違い*
第1章 知識編(井上真一郎)
 1.今なぜ「大人の発達障害」が問題なのか? 
 2.発達障害とは? 
  A.発達障害の定義 
  B.発達障害の分類 
 3.ASDとは? 
  A.ASDの診断基準 
  B.自閉とは? 
  C.スペクトラムとは? 
  D.障害とは? 
  E.ASDの臨床的特徴 
  F.想像力とは? 
  G.こだわりとは? 
  H.感覚とは? 
 4.ADHDとは? 
  A.ADHDの診断基準と臨床的特徴 
  B.ADHDに伴う実行機能障害 
  C.ADHDに伴う報酬系機能障害 

第2章 実践編(井上真一郎)
 1.病棟スタッフとしていかにかかわるか 
  A.STEP 1「気づき」 
  B.診断はつけない 
  C.鑑別について 
  D.STEP 2「評価」 
  E.STEP 3「対応」 
 2.コンサルトする際に気をつけておきたいこと 
 3.コンサルトされた際に気をつけておきたいこと 
 4.発達障害が疑われるケースとそのアプローチ 

第3章 紙上座談会(井上真一郎 上村恵一 井上悠里 木野美和子 中西健二 ほか)
 1.「対応に困るケース」についてのクロストーク
  ──リエゾン精神科医×児童精神科医×リエゾンナース×公認心理師 
  1)指示や説明が通らない患者 
  2)クレームが多く攻撃性の強い患者 
  3)急にパニックになって混乱する患者 
  4)感覚(痛みや音など)に過敏な患者 
  5)話が長くて脱線する患者 
  6)病状の深刻さが伝わらない患者 
  7)病棟のルールが守れない患者 
 2.「やりとりがうまくいかない医療者」についてのクロストーク
  ──精神科医×看護師×心理士(覆面座談会) 
 ◇医師にみられる「IQずば抜けて高め」タイプと「ザ・自閉症」タイプ 
 ◇医師−患者関係で問題となるのは,コミュニケーション能力
 ◇医師のコミュニケーション能力を周囲がサポート 
 ◇医師にコミュニケーションの苦手さの自覚がない場合 
 ◇医療者間でコミュニケーションがうまくいかないケース 
 ◇看護師と発達障害 

第4章 紙上研修会(井上尚子 山口 恵 井上真一郎)
 ▲症例ベースの紙上研修会 
  症例 こだわりが強く,パニックをきたしやすい患者 

Column
 私が「大人の発達障害」の重要性に気づいたきっかけ(井上真一郎(医師))
 『場所』から考える大人の発達障害〜様々な場所での臨床経験から〜(東谷敬介(看護師))
 私が大人の発達障害で思っていること─当事者意識を持った精神科医より(清水  研(医師))
 4つの診断を受けた女性─治療的ではない安易な診断(レッテル貼り)に注意(佐伯吉規(医師))
 診断名にとらわれない発達特性のアセスメント(平井  啓(心理師))
 発達障害診療における「私なり」の心構え(酒井清裕(医師))
 患者さんをとらえる上で大切にしていること〜「発達特性」という視点から〜(山口  恵(心理職))
 発達障害者への支援を行う中で気づくこと(厚坊浩史(公認心理師))
 「大人の発達障害」を支援する際に大切にしていること(齋藤  円(医師))
 私が妊婦さんから教わったこと(永井美緒(医師))
 摂食障害診療を通じて,発達障害の対応について考える(千田真友子(医師))
 医療者が知っておきたい「大人の発達障害」の実践的知識─入院患者の対応にどういかすか?(榎戸正則(医師))
 「わがままな患者」とラベリングされた人の“生きづらさ”(馬場華奈己(看護師))
 「大人の発達障害」さんに対して私たちが抱きやすい誤解(河野佐代子(看護師))

おわりに 
索 引 

すべて見る

執筆者一覧

井上真一郎 岡山大学病院精神科神経科 編著
東谷敬介  市立札幌病院看護部 
井上尚子  岡山大学病院医療技術部検査部門 
井上悠里  まな星クリニック 
上村恵一  斗南病院精神科 
榎戸正則  国立がん研究センター東病院精神腫瘍科 
河野佐代子 慶應義塾大学病院看護部・医療連携推進部 
木野美和子 筑波メディカルセンター看護部 
厚坊浩史  がん研究会有明病院腫瘍精神科 
齋藤 円  市立ひらかた病院精神科 
佐伯吉規  がん研究会有明病院緩和治療科 
酒井清裕  近畿大学病院がんセンター緩和ケアセンター/ 
      近畿大学医学部内科学教室心療内科部門 
清水 研  がん研究会有明病院腫瘍精神科 
千田真友子 岡山大学病院精神科神経科 
永井美緒  松山赤十字病院精神科・心療内科 
中西健二  鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療福祉学科 
馬場華奈己 大阪市立大学医学部附属病院看護部 
平井 啓  大阪大学大学院人間科学研究科 
山口 恵  岡山大学病院医療技術部検査部門 

すべて見る

電子書籍で購入する

「大人の発達障害」トリセツのつくりかた
   定価3,080円(本体2,800円 + 税)
   2020年08月発行
(外部のサイトへとびます)
「大人の発達障害」トリセツのつくりかた
   定価3,080円(本体2,800円 + 税)
   2020年08月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • J-COSMO
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722