Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ皮膚科 > 見てわかる皮膚疾患 診察室におきたいアトラス

書籍詳細

見てわかる皮膚疾患 診察室におきたいアトラス

見てわかる皮膚疾患 診察室におきたいアトラス

川田 暁 著 / 佐藤貴浩 著 / 山本俊幸 著

A4判 302頁

定価(本体12,000円 + 税)

ISBN978-4-498-06370-9

2019年12月発行

在庫あり

臨床医,研修医,医学生をメインターゲットに,現場で見る皮膚疾患を高品質な写真で紹介した,新アトラス.疾患は重要かつ遭遇する頻度の高いものを中心に,稀な疾患も可能な限り掲載した.また,各疾患では病因と症状を平易に解説し,鑑別診断や最新の治療法,注意点にも言及している.他にはない豊富で質の高い臨床写真は,患者への説明時にも便利だ.勉強のみならず,診察室にあれば心強い,頼れる1冊と言える.

著者略歴

川田 暁(かわだ あきら)
1979年 東京医科歯科大学医学部卒業
   同    年 東京医科歯科大学医学部皮膚科医員
1988年 防衛医科大学校皮膚科講師
1990〜
1992年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員
1997年 帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授
1999年 近畿大学医学部皮膚科助教授
2004年 近畿大学医学部皮膚科主任教授 現在にいたる
【著書】
「美容皮膚科ガイドブック 第2版」(川田 暁,編集.中外医学社;2019)
「Q&A 皮膚科診療ケースファイル 見逃しやすい症例51」(川田 暁,編集.金芳堂;2015)
「よくわかる皮膚病理アトラス」(川田 暁,木村雅友,著.金原出版;2008)


佐藤貴浩(さとう たかひろ)
1985年 浜松医科大学医学部卒業
   同    年 東京医科歯科大学医学部付属病院皮膚科医員(研修医)
1991年 東京医科歯科大学医学部大学院卒業(医学博士)
   同    年 東京医科歯科大学医学部皮膚科助手
1991〜
1993年 ロンドン大学セントジョージ病院細胞分子科学部門研究員
1996年 東京医科歯科大学医学部皮膚科講師
2005年 東京医科歯科大学大学院皮膚科学分野助教授
2007年 同 准教授(名称変更につき)
2012年 防衛医科大学校皮膚科学講座教授


山本俊幸(やまもと としゆき)
1988年 東京医科歯科大学医学部卒業
   同    年 東京医科歯科大学医学部皮膚科
1989年 埼玉県川口工業総合病院皮膚科
1990年 群馬県桐生厚生病院皮膚科
1991年 東京都立墨東病院皮膚科
1992年 東京医科歯科大学医学部皮膚科助手
1994年 茨城県土浦協同病院皮膚科
1995年 東京医科歯科大学医学部皮膚科助手
1997年 文部省在外研究員(ドイツ国ケルン大学)
1999年 東京医科歯科大学医学部皮膚科助手
2000年 東京医科歯科大学医学部皮膚科講師
2005年 土浦協同病院皮膚科部長
   同    年 東京医科大学皮膚科講師
   同    年 東京医科大学皮膚科助教授
2007年 福島県立医科大学皮膚科教授

すべて見る



 臨床医や研修医の方々にとって,日常診療において皮膚疾患を診察することがしばしばあります.その方々にとっては,診察の際に診察室の机の上に置いておき,その場で参考にできるアトラスが望まれていると聞いています.また患者さんへの説明にも使用できるものが良いと言われます.
 一方皮膚科専門医にとっては,日常診療において種々の疾患を絶えず鑑別する必要があります.そのためには,多くの皮膚疾患について典型的な臨床写真をきちんと載せているアトラスで勉強することが必要です.
 これらのニーズを踏まえて,今回皮膚疾患のアトラスを企画しました.筆者ら3人は複数の大学病院皮膚科において,種々の皮膚疾患の診療を行ってきました.その経験を活かして,皮膚疾患を見てわかるような,また診察室におきたくなるような,アトラスを刊行しました.
 本書の特徴は以下の通りです.
1.対象は臨床医(皮膚科専門医を含む),研修医,医学生などとしました.
2.疾患は重要で頻度の高いものを中心とし,稀な疾患もできる限り紹介しました.
3.典型的でクオリティの高い臨床写真を提示しました.
4.病因と症状をわかりやすく解説しました.鑑別診断・最新の治療方法・注意点も紹介しました.
 本書が臨床医・研修医・医学生にとって少しでも役に立つことができれば,幸いです.

2019年11月
筆者ら

すべて見る

目 次

皮疹・粘膜疹 〈川田 暁〉
 1 皮疹とは
 2 紅斑と紅暈
 3 紫斑/出血斑
 4 白斑
 5 色素斑
 6 丘疹
 7 結節
 8 腫瘤
 9 水疱/小水疱
 10 膿疱/血疱
 11 嚢腫
 12 膨疹
 13 びらん
 14 潰瘍
 15 膿瘍
 16 鱗屑/落屑
 17 痂皮/血痂
 18 萎縮
 19 苔癬
 20 苔癬化
 21 疱疹
 22 膿痂疹

1 湿疹・皮膚炎 〈川田 暁〉
 1)尋常性湿疹/急性湿疹/慢性湿疹
 2)手湿疹/進行性指掌角皮症/慢性胼胝状亀裂性湿疹
 3)アトピー性皮膚炎
 4)脂漏性皮膚炎
 5)接触皮膚炎
 6)異汗性湿疹
 7)皮脂欠乏性湿疹
 8)貨幣状湿疹/自家感作性皮膚炎
 9)うっ滞性皮膚炎

2 蕁麻疹・痒疹 〈佐藤貴浩〉
 1)-1 蕁麻疹
 1)-2 物理性蕁麻疹
 2)血管性浮腫
 3)コリン性蕁麻疹
 4)急性痒疹(小児ストロフルス)
 5)結節性痒疹
 6)多形慢性痒疹
 7)色素性痒疹
 8)好酸球性血管性浮腫

3 紅斑症・紅皮症 〈山本俊幸〉
 1)多形滲出性紅斑
 2)環状紅斑
 3)結節性紅斑
 4)硬結性紅斑(バザン硬結性紅斑)
 5)手掌紅斑
 6)Sweet病(症候群)
 7)ベーチェット病
 8)成人発症Still病
 9)丘疹-紅皮症

4 薬疹 〈川田 暁〉
 1)紅斑丘疹型薬疹
 2)Stevens-Johnson症候群
 3)中毒性表皮壊死症
 4)固定薬疹
 5)抗がん剤による皮膚障害
 6)急性GVHD
 7)慢性GVHD

5 膠原病および類縁疾患 〈山本俊幸〉
 1)全身性エリテマトーデス
 2)皮膚エリテマトーデス
 3)抗リン脂質抗体症候群
 4)皮膚筋炎
 5)全身性強皮症
 6)限局性強皮症(モルフェア)
 7)シェーグレン症候群
 8)関節リウマチ
 9)再発性多発軟骨炎
 10)壊疽性膿皮症
 11)好酸球性筋膜炎
 12)化膿性汗腺炎

6 水疱症・膿疱症 〈山本俊幸〉
 1)尋常性天疱瘡
 2)落葉状天疱瘡
 3)水疱性類天疱瘡
 4)妊娠性疱疹
 5)ジューリング疱疹状皮膚炎
 6)線状IgA水疱性皮膚症
 7)後天性表皮水疱症
 8)先天性表皮水疱症
 9)掌蹠膿疱症
 10)アロポー稽留性肢端皮膚炎
 11)角層下膿疱症
 12)疱疹状膿痂疹
 13)好酸球性膿疱性毛包炎

7 腫瘍-上皮性腫瘍 〈川田 暁〉
 1)脂漏性角化症
 2)-1 粉瘤/皮様嚢腫/外毛根鞘嚢腫
 2)-2 多発性脂腺嚢腫/発疹性毳毛嚢腫/稗粒腫/面皰/Favre-Racouchot症候群
 3)耳前嚢腫/側頚嚢腫
 4)多発性丘疹状毛包上皮腫/毛包腫
 5)毛母腫
 6)老人性脂腺増殖症/フォアダイス状態
 7)汗管腫/エクリン汗嚢腫
 8)エクリン汗孔腫/エクリン汗孔癌
 9)皮膚混合腫瘍
 10)日光角化症
 11)ボーエン病
 12)乳房外パジェット病/乳房パジェット病
 13)白板症/ケイラット紅色肥厚症
 14)-1 有棘細胞癌
 14)-2 疣状癌
 15)ケラトアカントーマ
 16)基底細胞癌
 17)脂腺癌

8 腫瘍-間葉系腫瘍(1) 〈山本俊幸〉
 1)皮膚線維腫
 2)軟性線維腫
 3)肥厚性瘢痕/ケロイド
 4)手掌足底線維腫症
 5)粘液嚢腫
 6)耳介偽嚢腫
 7)隆起性皮膚線維肉腫
 8)脂肪腫
 9)皮膚平滑筋腫
 10)爪下外骨腫/皮膚骨腫
 11)殿部苔癬化

9 腫瘍-間葉系腫瘍(2) 〈佐藤貴浩〉
 1)毛細血管拡張性肉芽腫(化膿性肉芽腫)
 2)単純性血管腫(ポートワイン母斑,正中部母斑,ウンナ母斑)
 3)イチゴ状血管腫(乳児血管腫)
 4)-1 被角血管腫
 4)-2 ファブリー病
 5)クモ状血管腫
 6)海綿状血管腫
 7)静脈湖
 8)グロムス腫瘍
 9)-1 老人性血管腫
 9)-2 老人性白斑
 9)-3 老人性紫斑
 10)限局性リンパ管腫
 11)血管肉腫(脈管肉腫)
 12)カポジ肉腫
 13)若年性黄色肉芽腫
 14)ランゲルハンス細胞組織球症
 15)肥満細胞症
 16)木村病/好酸球を伴う血管リンパ様過形成
 17)良性皮膚リンパ球腫
 18)皮膚白血病
 19)菌状息肉症/セザリー症候群
 20)-1 皮膚B細胞リンパ腫
 20)-2 その他のリンパ腫(菌状息肉症,セザリー症候群,B細胞リンパ腫をのぞく)
 21)成人T細胞白血病/リンパ腫
 22)悪性黒色腫
 23)神経線維腫症1型
 24)メルケル細胞癌

10 感染症-細菌・抗酸菌感染症 〈佐藤貴浩〉
 1)-1 毛包炎
 1)-2 せつ
 1)-3 よう
 1)-4 尋常性毛瘡
 2)多発性汗腺膿瘍
 3)ひょう疽
 4)-1 伝染性膿痂疹
 4)-2 手(足)水疱性膿皮症
 5)-1 丹毒
 5)-2 蜂窩織炎
 5)-3 リンパ管炎
 6)慢性膿皮症
 7)ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
 8)-1 壊死性筋膜炎およびフルニエ壊疽
 8)-2 ガス壊疽
 9)外歯瘻
 10)皮膚結核
 11)皮膚放線菌症
 12)非結核性抗酸菌症
 13)ハンセン病
 14)パスツレラ感染症

11 感染症-ウイルス感染症 〈川田 暁〉
 1)単純疱疹/カポジ水痘様発疹症/疱疹性歯肉口内炎
 2)帯状疱疹
 3)水痘
 4)風疹
 5)麻疹
 6)伝染性紅斑
 7)手足口病
 8)ジアノッティ・クロスティ症候群
 9)伝染性単核球症
 10)伝染性軟属腫
 11)尋常性疣贅
 12)尖圭コンジローム/ボーエン様丘疹症

12 感染症-真菌感染症 〈川田 暁〉
 1)白癬-1
   白癬-2
   白癬-3
 2)皮膚カンジダ症
 3)粘膜カンジダ症
 4)癜風
 5)スポロトリコーシス
 6)クロモミコーシス

13 性病・虫 〈佐藤貴浩〉
 1)梅毒
 2)疥癬
 3)イエダニ/ツメダニ/シラミダニ/トリサシダニ
 4)ツツガムシ病
 5)マダニ刺症
 6)日本紅斑熱
 7)ライム病
 8)ノミ刺症
 9)蚊刺症
 10)-1 線状皮膚炎
 10)-2 毛虫(毒蛾)皮膚炎
 11)ハチ刺症
 12)皮膚爬行疹

14 物理的・化学的障害 〈川田 暁〉
 1)褥瘡
 2)熱傷/凍傷
 3)凍瘡
 4)日光皮膚炎
 5)色素性乾皮症
 6)種痘様水疱症
 7)骨髄性プロトポルフィリン症
 8)晩発性皮膚ポルフィリン症
 9)多形日光疹
 10)慢性光線過敏性皮膚炎
 11)薬剤性光線過敏症
 12)光接触皮膚炎
 13)放射線皮膚炎

15 血管炎 〈山本俊幸〉
 1)IgA血管炎
 2)多発血管炎性肉芽腫症
 3)皮膚型結節性多発動脈炎
 4)クリオグロブリン血症
 5)リベド血管症
 6)持久性隆起性紅斑
 7)蕁麻疹様血管炎
 8)急性痘瘡状苔癬状粃糠疹
 9)末梢性動脈疾患
 10)モンドール病/非性病性硬化性リンパ管炎
 11)巨細胞様動脈炎
 12)好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

16 紫斑病・末梢循環障害 〈山本俊幸〉
 1)血小板減少性紫斑病
 2)慢性色素性紫斑
 3)網状皮斑
 4)肢端紅痛症
 5)コレステロール血栓塞栓症
 6)レイノー現象
 7)リンパ浮腫
 8)うっ滞性皮膚炎/うっ滞性脂肪織炎

17 角化症 〈川田 暁〉
 1)尋常性魚鱗癬
 2)掌蹠角化症/更年期角化腫
 3)ダリエー病
 4)ヘイリーヘイリー病
 5)汗孔角化症
 6)毛孔性苔癬/顔面毛包性紅斑黒皮症/単純性粃糠疹
 7)胼胝腫/鶏眼
 8)黒色表皮腫

18 炎症性角化症 〈川田 暁〉
 1)乾癬
 2)乾癬性関節炎
 3)膿疱性乾癬
 4)類乾癬
 5)扁平苔癬/線状苔癬/光沢苔癬
 6)硬化性萎縮性苔癬
 7)毛孔性紅色粃糠疹
 8)ジベル薔薇色粃糠疹

19 色素異常症 〈川田 暁〉
 1)顔面の色素斑と類縁疾患
 2)アッシー皮膚症/摩擦黒皮症/ミノサイクリンによる色素沈着
 3)遺伝性対側性色素異常症/光線性花弁状色素斑
 4)口唇メラニン性色素斑/LEOPARD症候群/ポイツ・イエガー症候群
 5)尋常性白斑/老人性白斑
 6)サットン白斑
 7)フォークト・小柳・原田病
 8)まだら症
 9)眼皮膚白皮症
 10)色素分界線条

20 母斑・母斑症 〈佐藤貴浩〉
 1)表皮母斑
 2)脂腺母斑
 3)副乳
 4)-1 色素性母斑(母斑細胞性母斑)
 4)-2 スピッツ母斑
 4)-3 白色海綿状母斑
 5)扁平 母斑/Becker母斑(遅発性扁平母斑)
 6)青色母斑
 7)-1 太田母斑
 7)-2 後天性真皮メラノサイトーシス
 8)蒙古斑
 9)陰茎縫線嚢腫
 10)表在性皮膚脂肪腫性母斑
 11)副耳/軟骨母斑
 12)結節性硬化症
 13)スタージ・ウエバー症候群
 14)クリッペル・ウエバー症候群
 15)オスラー病(遺伝性出血性末梢血管拡張症)
 16)ポイツ・イエガー症候群
 17)色素失調症
 18)LEOPARD症候群(汎発性黒子症)

21 皮膚付属器疾患 〈佐藤貴浩〉
 1)尋常性痤瘡
 2)ステロイド痤瘡
 3)酒皶
 4)酒皶様皮膚炎/口囲皮膚炎
 5)円形脱毛症
 6)男性型脱毛症
 7)毛巣洞
 8)汗疹
 9)-1 爪甲横溝
 9)-2 爪甲縦線
 9)-3 爪甲剥離症
 10)肥厚爪(厚硬爪甲)/爪甲鉤弯症
 11)時計皿爪(ヒポクラテス爪)/ばち状指
 12)陥入爪/巻き爪
 13)緑色爪
 14)さじ状爪

22 代謝異常症 〈山本俊幸〉
 1)皮膚アミロイドーシス
 2)全身性アミロイドーシス
 3)脛骨前粘液水腫
 4)浮腫性硬化症
 5)糖尿病の皮膚病変
 6)黄色腫
 7)ヘモクロマトーシス
 8)亜鉛欠乏症(腸性肢端皮膚炎)
 9)痛風
 10)ペラグラ

23 皮膚形成異常・萎縮症 〈山本俊幸〉
 1)皮膚萎縮症
 2)硬化性(萎縮性)苔癬
 3)マルファン症候群
 4)エーラース・ダンロス症候群
 5)皮膚弛緩症
 6)弾力線維性仮性黄色腫
 7)ウェルナー症候群
 8)先天性皮膚欠損症
 9)後天性反応性穿孔性膠原線維症
 10)脂肪萎縮症/小児腹壁遠心性脂肪萎縮症

24 肉芽腫・脂肪織疾患 〈山本俊幸〉
 1)サルコイドーシス
 2)メルカーソンローゼンタール症候群/肉芽腫性口唇炎
 3)環状肉芽腫
 4)リポイド類壊死症
 5)顔面播種状粟粒性狼瘡

索 引

すべて見る

執筆者一覧

川田 暁 近畿大学医学部皮膚科教授 著
佐藤貴浩 防衛医科大学校皮膚科教授 著
山本俊幸 福島県立医科大学皮膚科教授 著

すべて見る

電子書籍で購入する

見てわかる皮膚疾患 診察室におきたいアトラス
   定価13,200円(本体12,000円 + 税)
   2019年12月発行
(外部のサイトへとびます)
  • J-COSMO
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO定期購読
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note小
  • J-COSMO
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722