Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ循環器・血管 > 不整脈の考えかた,治しかた

書籍詳細

不整脈の考えかた,治しかた

不整脈の考えかた,治しかた

清水昭彦  編著

A5判 326頁

定価(本体5,200円 + 税)

ISBN978-4-498-13656-4

2019年07月発行

在庫あり

著しい進歩ゆえ治療選択が複雑化した不整脈.常に最適な治療戦略を行ううえで,必須の基本的知識から,検査,治療法を確定するに至るそもそもの考えかたなどを,各エキスパートが解説した.研修医や不整脈を苦手とする若手医師にも理解しやすいよう,専門的過ぎる内容はあえて除き,現場で使える実践的な知識を凝縮している.また,最新の不整脈非薬物療法ガイドラインも反映させ,必読の不整脈解説本となっている.

プロローグ

 私が研修医であった1980年当時は,不整脈の治療といっても,ジギタリス,アミサリン,リドカイン静注,そしてキニジンより安全に使用できる経口抗不整脈薬としてジソピラミドが登場,ペースメーカが臨床応用されて間もない頃でした.その後,不整脈学は目覚ましい進歩を成し遂げ,現在に至っています.ペースメーカは,生理学的ペーシング,遠隔モニター,リードレスペースメーカがあります.致死性頻脈性不整脈には植込み型除細動器(ICD),両心室ペーシング付植込み除細動(CRT-D),皮下植込み型ICDが利用可能です.頻脈性不整脈には,カテーテルアブレーションが発作性上室頻拍,心房粗動のみならず,心房細動や心室頻拍・細動に対する治療として選択可能となりました.これらの進歩は驚異的ですが,研修医や若い医師にとっては学ぶべきことが膨大となり,最適な治療選択が複雑になってきています.そこで今回,40年近く不整脈の進歩を見届けてきた私の経験を生かして,研修医や若い医師が不整脈治療を理解しやすいように本書を企画しました.
 第1章「不整脈の見かた」では,不整脈治療を行う際に必要な基礎的知識が学べるようにしました.また,研修医からの疑問に答える形で具体的に解説するコーナーも設けました.
 第2章「不整脈治療の考えかた」では,各不整脈に最適な治療戦略やコツ,注意点などを過度に専門的にならず初心者に理解されやすいように配慮して解説しました.現時点でも議論がある部分はディベート形式で,最新の治療はトピックとしてまとめました.
 第3章「不整脈治療の実践」では,研修医や不整脈が苦手な若手医師が現場で困らないように知識と治療の考えかたをまとめてマニュアル化し,実践に役立つような企画にしました.
 最後に,本書が真に研修医や不整脈が苦手医師にとって役立つものになっていけば幸甚です.

2019年7月
宇部興産中央病院 理事長・院長
山口大学医学部 名誉教授
清水昭彦

すべて見る

目次

Ch. 1 不整脈の見かた
 1 不整脈患者の症状と病歴・身体所見の見かた [森谷浩四郎]
  病歴
  身体所見の見かた
 2 不整脈患者の症状と検査の見かた [中井俊子]
  不整脈患者の症状
  不整脈患者の検査
  検査法とその見かた
 3 不整脈の発生機序 [高橋尚彦]
  頻脈性不整脈の基質
  頻脈性不整脈の発生機序
  リエントリーと非リエントリー
  徐脈性不整脈の発生機序
 4 遺伝性不整脈の見かた [住友直方]
  Brugada症候群
  カテコラミン誘発多形性心室頻拍(CPVT)
  QT短縮症候群
  オーバーラップ症候群
  進行性心臓伝導障害(PCCD)
  早期再分極症候群
 5 EPS検査の概要(装置,刺激法など)について [西崎光弘]
  EPSにおける必要な機材・機器や設備
  EPSに必要な知識・技術と刺激および測定法
 6 エントレインメントの見かた [岡松秀治,奥村 謙]
  エントレインメントとは?
  エントレインメントの診断基準
  アブレーション至適部位の同定法としてのエントレインメント
 7 Para‒Hisian pacing update [平尾龍彦,平尾見三]
  概念
  方法
  症例提示
  知っておきたい傍His束ペーシングのピットフォール
 8 上室頻拍の鑑別診断に役立つ電気生理現象の見かた [金古善明]
  上室頻拍(SVT)の分類
  頻拍時心電図の特徴
  頻拍中の心内電位所見の意義
  電気生理所見によるSVTの鑑別診断
 9 研修医からの質問―不整脈の何がわからない?
  1 心電図関係 [樗木晶子]
   心電図のP,QRS,T,U波を別々に見る時に何から見ていけばよいのかわからない
   心筋梗塞時の鏡像という概念がわかりにくい
   心電図(2次元)を実際の心臓の興奮(3次元)としてどのように理解すればいいのか?
   心電図ST—T変化で,特異的変化と非特異的変化,虚血性と非虚血性はどのように鑑別するのか?
  2 不整脈機序 [藤澤大志,高月誠司]
   房室ブロックでは補充収縮が出現し意識を保っているのに,意識消失を起こすのはなぜか?
   心房細動が徐脈性になったり頻脈性になったりする理由は?発作性と非発作性はいつ切り替わるのか?
   脚枝間リエントリー頻拍と他の機序の心室頻拍との鑑別は?
   特発性心室細動の発生機序は?
  3 不整脈の治療 [小松 隆]
   緊急一時ペーシングの適応は?血圧低下あるいは頻回のlong pause出現時の時だけでよいのか?
   心房粗動と洞頻脈の鑑別が難しい時の鑑別方法は?
   血圧低下を伴った時の上室頻拍に対するCa拮抗薬の適応は?
   心房細動のリズムコントロールはすべて循環器専門医が行うべきか?

Ch. 2  不整脈治療の考えかた
 1 徐脈性不整脈
  1 薬物治療の考えかた [坂本和生,向井 靖]
   治療を要する徐脈とは?そして徐脈の原因は?
   アトロピン
   β刺激薬
   その他の薬剤
  2 非薬物治療の考えかた [大江学治,安部治彦]
   徐脈性不整脈に対するペースメーカ植込みの適応
   ペースメーカの作動様式(モード)について
    Topics 1 リードレスペースメーカの将来 [副島京子]
    Topics 2 バイオペースメーカの実現性と問題点 [李 鍾國]
     Debate 1 BTSに対するアブレーション治療 ペースメーカとの併用は?
      a.必要の立場 [戸叶隆司,中里祐二]
      b.不必要の立場 [深水誠二]
 2 頻脈性不整脈
  1 薬物治療の考えかた [村川裕二]
   上室性
   心室性
  2 非薬物治療の考えかた
   I 除細動器(ICD)の適応と効果 [野田 崇]
    ICDの構造と基本的機能
    不整脈の鑑別
    ペーシング機能
    ICDが適応となる疾患と検査
    ICDの適応
     Topics 3 S‒ICDの将来 [中島健三郎,草野研吾]
     Topics 4 WCDの適応と将来 [庭野慎一]
      Debate 2 超高齢者(85歳以上)の除細動治療は?
       a.必要の立場 [三橋武司]
       b.不必要の立場 [宮崎晋介,夛田 浩]
   II カテーテルアブレーション・マッピングシステム [熊谷浩一郎]
    カテーテルアブレーションの進歩
    アブレーションカテーテル
    3次元マッピングシステム
     Topics 5 Epicardial approachの適応と限界 [吉賀康裕]
     Topics 6 新しいマッピングシステム(RHYTHMIA)の期待と限界 [合屋雅彦]
   III 心房細動に対するカテーテルアブレーション [山根禎一]
    心房細動カテーテルアブレーションの歴史
    心房細動カテーテルアブレーションの方法・成績
    カテーテルアブレーションの治療適応
    現場での治療実態(J—CARAF調査の結果から)
    臨床的効果(心房細動アブレーションを行う意味)
     Topics 7 心原性脳梗塞の急性期治療 [西崎隆文]
     Topics 8 抗凝固療法―ワルファリン・DOACの使い分け― [原田雅彦]
   IV 心房細動以外の上室頻拍に対するカテーテルアブレーション [木全 啓,関口幸夫]
    上室頻拍のEPS
    房室リエントリー性頻拍のアブレーション
    房室結節リエントリー性頻拍のアブレーション
    心房粗動のアブレーション
    心房頻拍のアブレーション
    Inappropriate sinus tachycardiaのアブレーション
   V 心室期外収縮に対するカテーテルアブレーション [内藤滋人]
    心室期外収縮の機序とカテーテルアブレーションの適応
    12誘導心電図における心室期外収縮起源推測
    心室期外収縮に対する至適通電部位の同定法
    心室期外収縮に対する高周波通電法
    心室期外収縮に対するカテーテルアブレーションの合併症
   VI 心室頻拍に対するカテーテルアブレーション [小林義典]
    心室頻拍(VT)の診断と分類
    VTのメカニズムとアブレーションの標的
     Topics 9 特殊な疾患に対するカテーテルアブレーション
           (Brugada症候群,CPVT,特発性心室細動) [野上昭彦]
     Topics 10 遺伝性QT延長症候群に対する治療 [清水 渉]

Ch. 3  不整脈治療の実践
 1 救急室で必要な不整脈治療マニュアル [池田隆徳]
  致死性の高い心室不整脈の初期対応
  心室不整脈に対する急性期の薬物治療の方針
  救急で使用される薬物の特徴と注意点
 2 研修医に是非知ってほしい不整脈治療のコツ [大塚崇之,山下武志]
  心電図をみる
  エビデンスとガイドライン

索引

すべて見る

執筆者一覧

清水昭彦  宇部興産中央病院 理事長・院長/山口大学医学部 名誉教授 編著
森谷浩四郎 宇部興産中央病院副院長 
中井俊子  日本大学医学部内科学系循環器内科学分野診療教授 
高橋尚彦  大分大学医学部循環器内科・臨床検査診断学教授 
住友直方  埼玉医科大学国際医療センター小児心臓科教授 
西崎光弘  関東学院大学学院保健センター特任教授 
岡松秀治  済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 
奥村 謙  済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科 
平尾龍彦  横浜市立みなと赤十字病院循環器内科 
平尾見三  AOI国際病院不整脈先端治療センターセンター長 
金古善明  群馬大学大学院医学系研究科内科学講座循環器内科学准教授 
樗木晶子  九州大学大学院医学研究院保健学部門教授 
藤澤大志  慶應義塾大学病院循環器内科助教 
高月誠司  慶應義塾大学病院循環器内科准教授 
小松 隆  岩手医科大学内科学講座循環器内科分野准教授 
坂本和生  九州大学病院循環器内科助教 
向井 靖  福岡赤十字病院循環器内科部長 九州大学医学部臨床教授 
大江学治  産業医科大学循環器・腎臓内科助教 
安部治彦  産業医科大学不整脈先端治療学教授 
副島京子  杏林大学病院循環器内科教授 
李 鍾國  大阪大学大学院医学系研究科先進心血管再生医学共同研究講座特任准教授 
戸叶隆司  順天堂大学医学部附属浦安病院循環器内科先任准教授 
中里祐二  順天堂大学医学部附属浦安病院循環器内科教授 
深水誠二  東京都立広尾病院循環器科医長 
村川裕二  帝京大学医学部附属溝口病院教授 
野田 崇  国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整脈科医長 
中島健三郎 国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整脈科 
草野研吾  国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整脈科部長 
庭野慎一  北里大学医学部循環器内科学診療教授 
三橋武司  自治医科大学さいたま医療センター循環器内科准教授 
宮崎晋介  福井大学医学部不整脈・心不全先端医療講座特命講師 
夛田 浩  福井大学医学部循環器内科教授 
熊谷浩一郎 福岡山王病院ハートリズムセンターセンター長 国際医療福祉大学大学院教授 
吉賀康裕  山口大学大学院医学系研究科器官病態内科学助教 
合屋雅彦  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学准教授 不整脈センターセンター長 
山根禎一  東京慈恵会医科大学循環器内科教授 
西崎隆文  宇部興産中央病院副院長 
原田雅彦  宇部興産中央病院循環器内科診療科長 
木全 啓  筑波大学医学医療系循環器内科 
関口幸夫  筑波大学医学医療系循環器内科准教授 
内藤滋人  群馬県立心臓血管センター院長 
小林義典  東海大学医学部付属八王子病院病院長 
野上昭彦  筑波大学医学医療系循環器不整脈学講座教授 
清水 渉  日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野大学院教授 
池田隆徳  東邦大学大学院医学研究科循環器内科学教授 
大塚崇之  心臓血管研究所付属病院循環器内科 
山下武志  心臓血管研究所付属病院循環器内科所長 

すべて見る

電子書籍で購入する

不整脈の考えかた,治しかた
   定価5,720円(本体5,200円 + 税)
   2019年07月発行
(外部のサイトへとびます)
不整脈の考えかた,治しかた
   定価5,720円(本体5,200円 + 税)
   2019年07月発行
(外部のサイトへとびます)
  • J-COSMO
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO定期購読
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note小
  • J-COSMO
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722