Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ癌・腫瘍一般・緩和医療 > 実践Onco-Cardiology

トップページ循環器・血管 > 実践Onco-Cardiology

書籍詳細

実践Onco-Cardiology

実践Onco-Cardiology

がん臨床医と循環器医のための新しいテキスト

小室一成  監修 / 向井幹夫  編著

A5判 196頁

定価(本体3,800円 + 税)

ISBN978-4-498-13436-2

2018年09月発行

在庫あり

循環器学・臨床腫瘍学双方の分野から,腫瘍循環器のエキスパートが結集して著した唯一無二のテキスト! 腫瘍循環器外来の実際,腫瘍循環器学のパースペクティヴから見た,がん治療・がん患者の問題点とそのマネジメントを実践的に解説する.循環器疾患を発症させずに十分ながん治療を可能とし,1人でも多くのがん患者を救うために.

序──腫瘍循環器とは

わが国において死因のトップはがんであるが,後期高齢者に限ると循環器疾患で亡くなる人のほうが多い.したがって高齢者はがんか循環器疾患で亡くなることが多く,またがんと循環器疾患をともに発症する人も多いと考えられる.一般的に循環器疾患にがんはないが,がんと循環器疾患では2つの接点がある.1つは,アドリアマイシン心筋症に代表される抗がん剤による心筋傷害である.再発を繰り返す白血病や肉腫の患者に対しては,現在も大量のアドリアマイシンが投与されるために,がんは克服したものの後年重症な心不全を発症することがある.アドリアマイシン心筋症は予後が大変不良であり,心移植が必要となることも多い.アドリアマイシンほど心毒性は強くないものの,ほとんどの抗がん剤には心毒性がある.例えば乳がんの治療薬であるトラスツズマブは,心筋細胞にとって最も重要な保護シグナルであるニューレギュリン−ErbBシグナルを抑制し,大腸がんなど多くのがんの治療に用いられているベバシズマブは心臓にとって重要な血管新生を抑制する.これらの抗がん剤は,単独では強い心機能障害をもたらさないかもしれないが,高血圧などの合併症や心筋梗塞の既往などのある人やアドリアマイシンとの併用では高率に心不全を惹起する.高齢者は皆心不全予備軍ともいえるので,高齢者に対する抗がん剤治療は十分な注意が必要である.もう1つのがんと循環器疾患の接点は血栓である.高齢者が血栓塞栓症を発症したらがんを疑えというくらい,担がん患者では血栓塞栓症を発症することが多いことは昔からよく知られていたが,抗がん剤による治療がさらに血栓塞栓症を促進することはあまり知られていない.また担がん患者は易出血性でもあるため,血栓塞栓症に対する抗凝固療法も容易ではない.外来治療を受けている担がん患者の死因の第2位,約10%は血栓塞栓症であるといったデータもある.
腫瘍循環器の目指すべきゴールは,担がん患者が上記のような循環器疾患を発症しないで十分ながん治療を可能とすることである.そのためには,実態把握のためのレジストリー研究を行い,さらに抗がん剤の心毒性や血栓形成の分子機序の解明から新規の予防法や治療法を開発することが重要である.がん専門医と循環器専門医が連携することにより腫瘍循環器学が進歩し,ひとりでも多くの担がん患者が救われることを祈念したい.

2018年6月
東京大学大学院医学系研究科循環器内科学教授
小室一成

すべて見る

目 次

第1章 腫瘍循環器外来とその実際 〈柴田龍宏 福本義弘〉
 1.腫瘍循環器外来の役割
 2.マルチヒット仮説
 3.がん治療前の心血管リスク評価
 4.がん治療中の心血管モニタリング
 5.がんサバイバーに対する長期的なフォロー
 6.今後の課題

第2章 がん治療に伴う心血管毒性とそのマネジメント
A 心不全:CTRCDがん治療関連心筋障害とそのマネジメント
 1.1型心筋障害(アントラサイクリン心筋症) 〈今村輝彦 絹川弘一郎〉
  1.アントラサイクリン系抗がん剤の使用
  2.アントラサイクリン心筋症の臨床症状
  3.アントラサイクリン心筋症の予後
  4.アントラサイクリン心筋症のメカニズム
  5.アントラサイクリン心筋症のリスク因子
  6.アントラサイクリン心筋症の予防
  7.アントラサイクリン心筋症の治療
 2.2型心筋障害(トラスツズマブ心筋症) 〈勝海悟郎 清水逸平 南野 徹〉
  1.2型心筋障害の概要,疫学,分子機序
  2.‌2型心筋障害の診断,有用な検査,治療,マネジメントの現状
 トピック CTRCDの診断 〈西條良仁 山田博胤 佐田政隆〉
  1.CTRCDの診断基準
  2.CTRCDのリスク・原因
  3.CTRCDの診断のために
  4.血液検査
  5.心電図
  6.画像診断

B 新しいがん治療において注目される心血管毒性とそのマネジメント
 1.血管新生阻害薬 〈室原豊明 坂東泰子〉
  1.CTRVDの予防・低減へのアプローチ
  2.Perspective
 2.白血病治療と血管病変 〈宮田吉晴 南 博信〉
  1.慢性骨髄性白血病の病態と治療
  2.TKI内服に際して注意すべき心血管有害事象
  3.TKI内服時の心血管有害事象のマネージメント
 3.虚血性心疾患と放射線関連心疾患(RIHD) 〈及川雅啓 竹石恭知〉
  1.虚血性心疾患
  2.放射線関連心疾患(RIHD)
  3.RIHDのスクリーニング
  4.心筋障害
  5.弁膜症
  6.伝導障害
  7.心膜炎
  8.冠動脈疾患
 4.免疫チェックポイント阻害薬の循環器系への影響 〈石坂信和〉
  1.夢の新薬─免疫チェックポイント阻害薬
  2.悪性疾患と心血管病
  3.ICIsの有害事象
  4.ICIsによる心臓障害
  5.心血管系副作用の発現機序
  6.心血管有害事象の対応と治療
  7.今後の課題
 トピック 腫瘍医からみた心血管合併症への対応 〈石岡千加史〉
  1.がんと心血管系障害
  2.がんと静脈血栓塞栓症(VTE)
  3.血管新生阻害薬による心血管毒性
  4.その他の抗がん剤による心血管系合併症


第3章 腫瘍循環器学における問題点とそのマネジメント
 1.がん関連血栓症 〈中村真潮〉
  1.CATの疫学
  2.がんと血栓症との関連
  3.がん患者のVTEの予防と治療
  4.DOACによるがん患者に合併したVTEの治療
 2.がん治療関連高血圧症とその対応 〈向井幹夫 岡 亨〉
  1.がん治療における血管新生阻害薬と高血圧
  2.がん治療関連高血圧への腫瘍循環器学的アプローチ
  3.がん治療関連高血圧症の問題点とその将来
 3.がんと腎臓と心血管毒性(onco-nephrology) 〈中田康紀 斎藤能彦〉
  1.がん薬物療法時の腎機能評価
  2.がん治療と急性腎障害
  3.腫瘍崩壊症候群
 4.がんと高齢者と心血管毒性 〈石井正紀 秋下雅弘〉
  1.がん治療による心血管毒性による合併症
  2.がん治療に起因する心血管毒性のリスク因子
  3.高齢者に対する治療別の影響
  4.高齢者におけるがん治療の管理
 5.がんサバイバーと腫瘍循環器〈佐瀬一洋 信濃裕美 大津 洋 米本直裕 松岡 淨 三浦佳代
   宮崎彩記子 小西博応 齊藤光江 代田浩之〉
  1.がんサバイバー
  2.腫瘍循環器学
  3.小児がんサバイバーに対する循環器ケアの課題
  4.成人がんサバイバーに対する循環器ケアの課題
  5.がんサバイバーに対する腫瘍循環器ケア
  6.CVDと乳がん─共通するリスク
  7.最新のがん治療に対応したがんサバイバー・ケア

索 引

すべて見る

執筆者一覧

小室一成  東京大学大学院教授 監修
向井幹夫  大阪国際がんセンター 編著
柴田龍宏  久留米大学医学部内科学講座心臓・血管内科部門助教 
福本義弘  久留米大学医学部内科学講座心臓・血管内科部門主任教授 
今村輝彦  シカゴ大学循環器内科 
絹川弘一郎 富山大学大学院医学薬学研究部内科学第二教授 
勝海悟郎  新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科 
清水逸平  新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科,先進老化制御学 
南野 徹  新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科教授 
西條良仁  徳島大学病院循環器内科 
山田博胤  徳島大学大学院医歯薬学研究部地域循環器内科学 
佐田政隆  徳島大学病院循環器内科教授 
室原豊明  名古屋大学循環器内科教授 
坂東泰子  名古屋大学循環器内科講師 
宮田吉晴  神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科医員 
南 博信  神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科教授 
及川雅啓  福島県立医科大学循環器内科学講座 
竹石恭知  福島県立医科大学循環器内科学講座教授 
石坂信和  大阪医科大学循環器内科教授 
石岡千加史 東北大学病院腫瘍内科教授 
中村真潮  陽だまりの丘なかむら内科院長 
岡  亨  大阪国際がんセンター成人病ドック科副部長 
中田康紀  奈良県立医科大学循環器内科 
斎藤能彦  奈良県立医科大学循環器内科教授 
石井正紀  東京大学大学院医学系研究科加齢医学 
秋下雅弘  東京大学大学院医学系研究科加齢医学教授 
佐瀬一洋  順天堂大学大学院医学研究科臨床薬理学教授, 
      早稲田大学重点領域研究機構医療レギュラトリーサイエンス研究所 
信濃裕美  順天堂大学大学院医学研究科臨床薬理学 
大津 洋  順天堂大学先導的がん医療開発研究センター,国立国際医療研究センター臨床研究センター, 
      早稲田大学重点領域研究機構医療レギュラトリーサイエンス研究所 
米本直裕  順天堂大学革新的医療技術開発研究センター, 
      京都大学大学院医学研究科社会健康医学系医療統計学分野 
松岡 淨  順天堂大学革新的医療技術開発研究センター 
三浦佳代  順天堂大学大学院医学研究科乳腺・内分泌外科学 
宮崎彩記子 順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学 
小西博応  順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学准教授 
齊藤光江  順天堂大学大学院医学研究科乳腺・内分泌外科学教授 
代田浩之  順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学教授 

すべて見る
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • J-IDEO
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722