Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ脳・神経 > 高次脳機能障害の理解と診察

書籍詳細

高次脳機能障害の理解と診察

高次脳機能障害の理解と診察

平山和美  編著

B5判 316頁

定価(本体6,800円 + 税)

ISBN978-4-498-22894-8

2017年12月発行

予約受付

序 文

 本書はClinical Neuroscience誌に2011年1月から2017年7月まで連載された「高次脳機能障害の理解と診察」をまとめたものである.掲載後に気づいたいくつかの誤りを修正した.また,脳画像上の病巣の位置から起こりうる症状とその症状の説明がある章をみつけられるように,本のはじめに「MRIからの症状の推測」のページを加えた.

 体積の面から言えば,損傷により麻痺や感覚障害をきたす脳部位はほんの一部であり,大部分が高次脳機能に関わっている.したがって,高次脳機能障害による困難に直面している患者や家族は多い.その人達を悩ます大きな問題の一つは,患者に何が起こっているのか分からないという困惑や不安,混乱である.この疑問に答えるためには,医療従事者自身がこの障害について概要を理解している必要がある.症状についての理解を得ることで,本人や家族の対処行動が著しく改善することを多く体験してきた.その理解をもとに自ら工夫した代償手段を,私達に教えてくれた患者や家族もいた.もちろん障害の理解は,治療やリハビリテーションの基礎ともなる.

 医療従事者の中からは「高次脳機能障害は難しい」「暗記ものである」「複雑である」という声を聞く.私自身,高次脳機能障害学が好きな人間なので身贔屓なのかもしれないが,そうではないと思っている.必要なのは知識を貯め込むことではない.それは書物に任せればよい.不思議な振る舞いをする患者に出会い何が起こっているのか疑問に思ったとき,目の前に脳画像があり症状として何が起こるのだろうかと考えたとき,これではないかと見当をつけ適切な情報に辿り着ける程度の大枠の理解を得ることである.また,解きほぐせば決して複雑ではなく,かなり分かりやすい説明ができる症状が多いと思っている.

 本書の目的は,なるべく多くの医療従事者に高次脳機能障害に興味をもっていただき,上記のような必要が生じたときにすばやく役立つ情報を提供することである.多忙な臨床の合間に辞書を引くように利用していただくことを念頭に,その章を読むだけで取り上げた症状の理解に必要な情報のほとんどが得られるようにした.したがって,他の章との間で内容の重複がかなり多く,通読される場合にはしつこく感じられるであろう.読み飛ばしていただきたい.記載順序は言語,視覚,聴覚など障害される機能ごとに大きなブロックに分け,その中で解剖と生理,関連領域のMRIによる同定,個々の症状,診察法の順に章立てして説明した.説明の分かりやすさを重視したため,私の考えが入りすぎたり,単純化がすぎたりした個所もあると思う.その症状に興味を持たれた方は,あくまでも本書を入り口と考え,ぜひ引用文献などからたどって理解を深めていただきたい.

 本書で取り上げた大部分の症状について,症例の簡単な記述と脳画像を添えることができた.このような企ては,とても私一人の力では実現できないものであった.各症状に詳しい多くの先生方に御指導,御共著をいただいた.面識もないのに突然,メールや手紙を差し上げて依頼した先生も少なくないが,皆さん快く協力してくださった.各章の謝辞に御名を挙げた先生方からは,貴重なアドバイス,資料や画像の提供をいただいた.ご協力いただいたどの先生からも,高次脳機能障害学への情熱が伝わってきた.ここに感謝します.

 終わりに,連載から本書の発刊にいたるまでご尽力いただいた中外医学社の皆様に感謝します.

2017年11月
平山和美

すべて見る

執筆者一覧

平山和美  山形県立保健医療大学作業療法学科教授 編著
遠藤佳子  東北大学病院リハビリテーション部 
飯塚 統  東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野 
大槻美佳  北海道大学大学院保健科学研究院 准教授 
井上 香  山形県立保健医療大学作業療法学科 
木内真美子 山形県立保健医療大学作業療法学科 
鈴木由美  北海道医療大学リハビリテーション科学部作業療法学科 准教授 
目黒祐子  東北医科薬科大学病院リハビリテーション部言語心理部門 
境 信哉  北海道大学大学院保健科学研究院 教授 
佐藤豊展  聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部言語聴覚学科 
塚本哲朗  静清リハビリテーション病院 副院長 
菅原由恵  みやぎ県南中核病院リハビリテーション室 
菅野重範  みやぎ県南中核病院神経内科 部長 
菊池大一  東北医科薬科大学医学部老年神経内科学 講師 
槝之浦智仁 東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野 
橋本竜作  北海道医療大学リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科 准教授 
横井香代子 山形県立保健医療大学作業療法学科 講師 
山田浩史  聖マリアンナ医科大学神経内科 講師 
西尾慶之  東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野 准教授 
五味幸寛  国際医療福祉大学成田保健医療学部作業療法学科 講師 
金子隆生  山形県立新庄病院リハビリテーション科 
高橋由衣  山形県立新庄病院リハビリテーション科 
早川裕子  横浜市立脳卒中・神経脊椎センターリハビリテーション部 
鈴木麻希  大阪大学大学院連合小児発達学研究科行動神経学・神経精神医学寄附講座 寄付講座講師 
瀬間久美子 横浜市立脳卒中・神経脊椎センターリハビリテーション部 
時田春樹  川崎医療福祉大学医療技術学部 講師 
市本将也  脳神経センター大田記念病院リハビリテーション課 
溝口美佐子 長崎北病院リハビリテーション部 
冨田 将  長崎北病院リハビリテーション部 
山田麻和  長崎北病院リハビリテーション部 
宮本武尊  長崎北病院リハビリテーション部 
船山道隆  足利赤十字病院精神神経科 部長 
佐藤睦子  総合南東北病院神経心理学研究部門 科長 
田川皓一  長尾病院高次脳機能センター 
中居真紀子 東北メディカル学院作業療法学科 
太田久晶  札幌医科大学保健医療学部作業療法学科 教授 
宍戸 快  札幌医科大学附属病院リハビリテーション部 
坂本和貴  篠田総合病院リハビリセンター/山形県立保健医療大学大学院保健医療学研究科 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722