Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ救急医学・集中治療医学 > NICUグリーンノート

トップページ小児科 > NICUグリーンノート

トップページ産婦人科 > NICUグリーンノート

書籍詳細

NICUグリーンノート

NICUグリーンノート

内山 温   編著

B6変型判 368頁

定価(本体5,400円 + 税)

ISBN978-4-498-14554-2

2017年10月発行

在庫あり

先進国中,最も低い新生児死亡率を誇るわが国の新生児医療においては,単なる救命にとどまらないハイリスク新生児のintact survival(障害なき生存)が目的となる.そのために必要不可欠なのはNICU全スタッフの共通認識.東京女子医大NICUチームが総力を結集しておくる,新生児医療に関わる全てのスタッフ必携のポケットマニュアル.

序文

日本の新生児死亡率は,先進国の中で最も少ない国のうちの一つである.したがって,現在の日本の新生児医療の目的は,ハイリスク新生児の救命だけではなく,障害なき生存(intact survival)を目指すことに変わってきている.
ハイリスク新生児のintact survivalのためには,それぞれのスタッフが独自の方法で治療やケアを実施するのではなく,全てのスタッフが共通の認識を持って診療に携わることが重要である.新生児疾患について深く理解するためには,成書を紐解くことが有用であるが,スタッフ間で共通の認識を持つためのツールとして臨床の現場で頻回に用いるのは現実的ではない.
本書は,ポケットに入るコンパクトサイズでありながら,現場で役立つ内容を,可能な限り簡潔に記載することを心がけて作成されている.この理由は,現場で必要な時に,いつでも手にとって短時間でスタッフ間での情報共有を可能とするツールの一つとして役立ててもらうためである.
本書の執筆は,東京女子医科大学母子総合医療センターNICUで実際に診療に携わっている多職種のメディカルスタッフにお願いした.忙しい中,快く執筆を承諾してくれた各位に,この場を借りてお礼申し上げたい.
本書は単一施設の診療内容から構成されているため,その内容には一貫性があると考えている.しかし,単一施設の診療内容であるため他施設の現状にそぐわない部分があるかも知れない.その場合には,忌憚のないご意見を頂きたいと考えている.本書がスタッフ間で共通の認識を持つためのツールの一つとして利用され,ハイリスク新生児のintact survivalのための一助となれば幸いである.

2017年10月
東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科
准教授 内山 温

すべて見る

目 次

I▶ NICU/周産期医療の理念〈内山 温〉

II▶ 基本的管理
  1 新生児医療の3原則〈内山 温〉
  2 保温:適切な環境の選択
  a 開放型保育器内での保育〈中野恵美〉
  b 閉鎖型保育器内での保育〈中野恵美〉
  c コット児の保育〈松本千鶴〉
  d 低体温療法中の保育〈松本千鶴〉
  3 栄養〈戸津五月〉
  a 輸液(急性期)
  b 静脈栄養
  c 経腸栄養
  4 感染予防〈中西秀彦〉

III▶ 新生児蘇生〈渡邉宏和〉

IV▶ 一般管理
  1 入退院基準〈末永英世〉
  2 入院時一般検査〈石田宗司〉
  a 血液検査
  b 胸腹部X線検査
  c 超音波検査
  3 入院時特殊検査
  a マイクロバブルテスト〈渡邉宏和〉
  b アプトテスト〈渡邉宏和〉
  c Urinary meconium index〈首里京子〉
  4 定期検査
  a 定期血液検査〈末永英世〉
  b 定期尿検査〈末永英世〉
  c 定期X線検査〈首里京子〉
  d 定期超音波検査〈石田宗司〉
  5 眼底検査〈大野秀子〉
  6 その他の検査
  a aEEG〈今井 憲,伊藤雅子〉
  b 脳波〈今井 憲,伊藤雅子〉
  c AABR〈今井 憲〉
  d 心電図〈増本健一〉
  7 退院前検査〈首里京子〉
  8 退院時確認事項と説明〈大野秀子〉

V▶ 母体情報から考えられる鑑別診断〈渡邉宏和〉
  1 母体合併症が児に与える影響
  2 妊娠合併症が児に与える影響

▶ 症候からみた鑑別診断〈内山 温〉
  1 Light for dates児
  2 Heavy for dates児
  3 努力呼吸
  4 無呼吸
  5 中心性チアノーゼ
  6 心雑音
  7 筋緊張低下
  8 哺乳障害
  9 嘔吐
  10 腹部膨隆
  11 吐血・下血
  12 発熱
  13 低体温
  14 Not doing well

VII
  1 呼吸器疾患
  a 無呼吸発作〈大野秀子〉
  b 新生児一過性多呼吸〈首里京子〉
  c 呼吸窮迫症候群〈大野秀子〉
  d 胎便吸引症候群〈渡邉宏和〉
  e 肺出血〈戸津五月〉
  f エアリーク〈増本健一〉
  g ドライラング症候群〈中西秀彦〉
  h 慢性肺疾患〈中西秀彦〉
  2 循環器疾患
  a 未熟児動脈管開存症〈石田宗司〉
  b 新生児遷延性肺高血圧症〈増本健一〉
  c 新生児期に問題となる先天性心疾患〈石田宗司〉
  3 神経疾患
  a 頭蓋内出血:正期産児
  b 頭蓋内出血:早産児
  c 低酸素性虚血性脳症
  d 新生児発作
  e 脳室周囲白質軟化症
  4 水・電解質異常〈増本健一〉
  a 低カルシウム血症
  b 非乏尿性高カリウム血症
  5 血糖〈首里京子〉
  a 低血糖
  b 高血糖
  6 内分泌・代謝
  a 黄疸〈大野秀子〉
  b 晩期循環不全〈内山 温〉
  c 早産児の低サイロキシン血症〈内山 温〉
  7 感染症
  a GBS感染症〈大野秀子〉
  b MRSA感染症〈大野秀子〉
  c CNS感染症〈首里京子〉
  d 真菌感染症〈今井 憲〉
  e TORCH感染症〈中西秀彦〉
  f RSウイルス感染症の予防〈渡邉宏和〉
  8 血液疾患
  a 多血症〈石田宗司〉
  b 未熟児貧血〈首里京子〉
  c ビタミンK欠乏性出血〈石田宗司〉
  d 双胎間輸血症候群〈増本健一〉
  e 播種性血管内凝固症候群〈大野秀子〉
  9 消化器疾患
  a 壊死性腸炎/限局性腸管穿孔〈石田宗司〉
  b 胎便関連性腸閉塞〈中西秀彦〉
  c 胃食道逆流症〈戸津五月〉
  d ミルクアレルギー〈末永英世〉
  10 腎泌尿器疾患〈増本健一〉
  a 水腎症
  b 多囊胞性異形成腎
  11 未熟児網膜症〈丸子一朗〉
  12 未熟児代謝性骨疾患〈大野秀子〉
  13 在胎期間24週未満で出生した児〈戸津五月〉
  14 母体疾患が児に影響を及ぼす疾患
  a 糖尿病母体より出生した児〈内山 温〉
  b 自己免疫疾患母体より出生した児〈渡邉宏和〉
  15 母子感染予防
  a HBV母子感染予防〈首里京子〉
  b HCV母子感染予防〈首里京子〉
  c HTLV-1母子感染予防〈末永英世〉
  16 予後不良な疾患を持つ胎児・新生児への対応〈中西秀彦〉

VIII
  1 HFO〈戸津五月〉
  2 HFNC〈末永英世〉
  3 nasal DPAP/Biphagicモードを含む〈大野秀子〉
  4 NO吸入療法〈中西秀彦〉
  5 輸血〈中西秀彦〉
  6 交換輸血〈中西秀彦〉
  7 ステロイド補充療法〈増本健一〉

IX▶ 麻酔法
  1 眼科レーザー治療時の麻酔法〈今井 憲〉
  2 NICUで施行される手術時の麻酔法〈末永英世〉

X▶ 主な手技
  1 肺サーファクタント投与〈石田宗司〉
  2 気管内洗浄〈末永英世〉
  3 臍静脈カテーテル法〈戸津五月〉
  4 臍動脈カテーテル法〈末永英世〉
  5 胸腔穿刺・ドレナージ〈増本健一〉
  6 ガストログラフィン注腸〈中西秀彦〉

Ⅺ▶ 理学療法の適応と実際〈長谷川三希子〉

Ⅻ▶ 主なME機器〈小林博之〉
  1 ハミングX
  2 Babylog VN500
  3 加温加湿器(MR850)
  4 Infant Flow SiPAP
  5 アイノフローDS
  6 Arctic Sun 5000

巻末資料
  1 薬用量〈末永英世〉
  A 静注薬
  B 経口薬・坐薬
  2 身体発育曲線・発育表〈首里京子〉
  3 正常値〈戸津五月〉

索引

すべて見る

執筆者一覧

内山 温   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科准教授 編著
中野恵美   東京女子医科大学病院新生児集中ケア認定看護師 
松本千鶴   東京女子医科大学病院新生児集中ケア認定看護師 
戸津五月   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科准講師 
中西秀彦   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科講師 
渡邉宏和   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科 
末永英世   長崎医療センター小児科 
石田宗司   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科 
首里京子   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科非常勤講師 
大野秀子   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科助教 
今井 憲   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科助教 
伊藤雅子   東京女子医科大学母子総合医療センター臨床検査技師 
増本健一   東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科助教 
丸子一朗   東京女子医科大学眼科特任講師 
長谷川三希子 東京女子医科大学リハビリテーション部理学療法士 
小林博之   東京女子医科大学病院臨床工学部臨床工学技士主任 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722