Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ救急医学・集中治療医学 > こういうことだったのか!! 酸素療法

トップページ呼吸器 > こういうことだったのか!! 酸素療法

書籍詳細

こういうことだったのか!! 酸素療法

こういうことだったのか!! 酸素療法

小尾口邦彦 著

A5判 106頁

定価(本体1,800円 + 税)

ISBN978-4-498-13030-2

2017年04月発行

在庫あり

比較的シンプルな構造を持つ酸素療法は,設定を誤ってもアラームが鳴ることはなく,間違っていることすら気付かれない.また,その仕組みについて関心を持たれることも少なく,酸素療法を苦手とする医療者は存外多い.しかし,実は多くの工夫とルールが存在し,仕組みを正しく理解することが,酸素療法を使いこなすコツである.本書では,そのコツをわかりやすく解説した.読めばきっと酸素療法が好きになる,新バイブルだ.

まえがき
本書出版の約1年前,あるCMのフレーズが筆者の心をとらえました.(いきなりCMを引き合いにだし恐縮です.筆者はテレビっ子なのでご容赦ください.)
先輩「例えば,レンガを積んで橋を造る仕事が,目的を知らずに積むのと,橋を造ると知って積むのとではでき上がりが違うはずだ.」
後輩「確かにそうかもしれないですね.」
(野村證券テレビCM 夢に力を,力に夢を,赤レンガ篇.2016年5月〜放送.)
医療においても,「仕組みや目的はよくわからないけど,こうしておけばよいのだ」は多くあります.例えば,人工呼吸器やCRRT(CHDFなどの総称)の操作は初学者にとって難しく,「とりあえずこう設定するらしい」がスタートラインとなるのはやむを得ません.しかし,余裕が少しできると多くの医療者はその仕組みや目的を知りたくなります.仕組みや目的を知らずに,まともに扱うことはできないからです.そして,仕組みを理解すると,人工呼吸器やCRRTを設定することが楽しくなります.
本書のテーマ・酸素療法は,人工呼吸器やCRRTに比してシンプルな構造です.酸素療法の多くは,設定を間違ってもアラームがなることもなく,間違っていることすら気づかれません.その仕組みについて関心が払われることが少ないと感じます.しかし,先人が考え抜き作られたものであり,多くの工夫があります.そして,結構細かいルールがあります.その仕組みをもう少し知れば,「でき上がりが違うはずだ」と筆者は思うのです.
本書を通じて,最も病院内で使われる薬「酸素」をうまく使いこなせる仲間が増えることを望みます.
2017年4月
小尾口邦彦

すべて見る

主要テーマ

CHAPTER 01 酸素療法を正しく理解するために大切なこと
CHAPTER 02 シンプルマスク(簡易型マスク)
CHAPTER 03 鼻カニューラ(ネーザルカニューラ)
CHAPTER 04 リザーバー付マスク
CHAPTER 05 ネブライザー付酸素吸入装置
CHAPTER 06 Tピース
CHAPTER 07 ベンチュリマスク
CHAPTER 08 マスクの孔には理由がある! !
CHAPTER 09 ネーザルハイフロー(ハイフロセラピー)
CHAPTER 10 酸素療法の選択
CHAPTER 11 酸素療法の加温加湿を考える
CHAPTER 12 酸素流量計

すべて見る

執筆者一覧

小尾口邦彦 大津市民病院救急診療科部長 著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722