Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ生物学・分子生物学 > 図説 分子病態学

書籍詳細

図説 分子病態学

図説 分子病態学

一瀬白帝 他編著

B5判 474頁

定価(本体12,000円 + 税)

ISBN978-4-498-00843-4

2008年03月発行

在庫あり

分子病態学に必要な知識を一冊に網羅し,わかりやすく解説した.総論では基本的な概念,用語,手技を,各論では代表的な疾患の分子機構を取上げた.

目 次

I.分子病態学の新しい展開
 1.ゲノム時代の分子病態学 <清水信義>
  A.ヒトゲノムの全体像
  B.ヒトゲノム研究の分子病態学へのインパクト
 2.ゲノミクスと病態解析
  <内藤裕二 吉川敏一>
  A.マイクロアレイ技術と種類
  B.マイクロアレイの病態解析への応用
  C.nutri-genomics/pharmaco-genomics
  D.疾病診断への応用
  E.テーラーメイド治療への応用
  F.SNP解析
  G.マイクロRNA解析
 3.プロテオミクスと病態解析 <谷口寿章>
  A.プロテオミクスとは何か?
  B.プロテオミクスの解析技術
  C.プロテオミクスによる病態解析とその展望

II.分子病態学の基礎知識
 1.遺伝子の構造と発現調節機構 <東中川 徹>
  A.遺伝子の本体はDNAである
  B.DNAの基本構造
  C.RNAの構造
  D.ゲノムサイズ
  E.クロマチン
  F.ヌクレオソーム
  G.中期染色体の構造
  H.遺伝子の発現調節機構
  I.RNAポリメラーゼ
  J.転写調節シスエレメント
  K.転写因子
  L.クロマチン構造と転写調節
  M.DNAのメチル化と転写調節
 2.タンパク質の合成と輸送機構 <水野 猛>
  A.タンパク質合成の概要
  B.遺伝暗号
  C.遺伝暗号の解読機構とtRNA
  D.タンパク質合成装置:リボゾーム
  E.タンパク質合成の分子機構
  F.タンパク質合成後の細胞内輸送
  G.タンパク質翻訳後の修飾
 3.細胞の構造と分裂周期 <笠原広介 後藤英仁 稲垣昌樹>
  A.細胞の構造
  B.細胞分裂周期
 4.タンパク質の構造と機能の関係 <小出武比古>
  A.タンパク質の構造
  B.ポリペプチド鎖の折りたたみと分子シャペロン
  C.タンパク質の機能
  D.タンパク質の構造と機能相関
  E.タンパク質の構造と機能の単位
  F.タンパク質ファミリーとスーパーファミリー
 5.細胞内シグナル伝達機構 <中島 茂 岡野幸雄>
  A.シグナル伝達経路の多様性 4
  B.形質膜受容体
  C.GTP結合タンパク質
  D.セカンドメッセンジャー
  E.タンパク質リン酸化カスケード
  F.タンパク質の会合と情報伝達
  G.タンパク質分解とシグナル伝達
  H.細胞質から核へのシグナル移行
  I.核内受容体

すべて見る

執筆者一覧

一瀬白帝  他編著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722