Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ腎臓 > 専門医が伝える腎臓病診療基本レクチャー

書籍詳細

専門医が伝える腎臓病診療基本レクチャー

専門医が伝える腎臓病診療基本レクチャー

富野康日己 著

A5判 124頁

定価(本体2,400円 + 税)

ISBN978-4-498-22432-2

2017年04月発行

在庫あり

特定機能病院等の大病院で確定診断された腎臓病患者を,かかりつけ医はどのように管理すべきか,腎臓専門医が一般内科医に向けて平易に解説した.専門医で診た方がいい疾患は除き,両者の連携をスムーズかつ強固にするポイントが満載.慢性腎臓病と急性腎障害での専門医へ送る時の注意点,腎保護を考えた薬物療法,専門医が行ってほしくない治療,紹介頻度の多い疾患の紹介など,日ごろの診療で直に役立つことが詰め込まれた実践書だ.

はじめに
わが国には,すべての国民が公的保険に加入し保険証1枚で自由に医師を選び受診できる世界に冠たる医療制度があります.いつでもどこでも安価な医療費で治療を受けることができます.しかし,私たちの利便性とは裏腹に,国全体の医療費は益々増加し,その歯止めが効かなくなっています.また近年,基礎医学が急速に進歩し疾病の早期診断と治療に活かされてきましたが,その反面医療費の高騰も伴っており,まさに医療保険制度の危機・破綻だといわれています.
医療現場の医師は,各専門医とかかりつけ医,中核病院の勤務医などから構成されています.医療経済の面からもそれら医師の役割分担の重要性が論じられてきましたが,十分にはなされていません.日本専門医機構では,超高齢社会と地域医療格差の現状に鑑み,これまでの18領域に加え19番目として「総合診療専門医」を創設し育成しようとしています.しかし,その総合診療専門医が全国津々浦々で活躍するには,まだまだ時間がかかるように思います.
今回,大学病院や特定機能病院等の大病院で確定診断された患者さんについて,専門医とかかりつけ医の病診連携の重要性を取り上げ「専門医が伝える腎臓病診療基本レクチャー」を上梓いたしました.私が専門としている慢性腎臓病患者さんは,すでに1,300万人(成人の8人に1人)を超えたとされていますが,日本腎臓学会認定の腎臓専門医は4,500人程度にすぎません.腎臓専門医だけでこれらのすべての患者さんを診ることは不可能と思われます.そこで腎臓専門医から紹介されたのち,かかりつけ医ではどのように診ていけばいいのかについて解説いたしました.専門医で診ていった方が良いと思われる疾患は除きました.まず,慢性腎臓病と急性腎障害での腎臓専門医へ送るポイントを述べたのち,腎臓専門医を受診中の患者さんが受診した際のcommon diseaseに対する腎保護を考えた薬物療法,腎臓専門医として行ってほしくない治療,腎臓専門医からかかりつけ医への紹介頻度の多い6疾患について紹介症例をあげ解説しました.代表的処方とどのような病態に変化したら腎臓専門医へ逆紹介すべきかのポイントもあげました.腎臓病を専門としないかかりつけ医の先生の日常診療に役立つと思いますので是非ご活用下さい.しかし,執筆の過不足があろうかと思われますので,皆さまの忌憚のないご意見を願っています.
最後に,本書の上梓にあたりご協力いただいた中外医学社の皆さまに深謝いたします.
2017年 初春 都庁を眺めつつ
富野康日己

すべて見る

目 次

1章急性腎障害(AKI)と慢性腎臓病(CKD)での腎臓専門医へ送るポイントは?
 1)腎臓内科領域における腎臓専門医とかかりつけ医との連携
  A.急性腎障害(acute kidney injury:AKI)
  B.慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)
 2)腎臓内科専門医で診療する主な腎疾患とかかりつけ医への診療依頼

2章腎臓病専門医を受診中の患者がかかりつけ医を受診した際のcommon diseaseに対する腎保護を考えた薬物療法は?
 1)呼吸器疾患治療薬
  A.基本的な注意事項
  B.比較的安全な薬剤
 2)非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
  A.基本的な注意事項
  B.比較的安全な薬剤
 3)消化器疾患治療薬
  A.基本的な注意事項
  B.比較的安全な薬剤

3章腎臓専門医として行ってほしくない治療とは?
 1)薬物療法禁忌
  A.電解質,酸・塩基平衡
  B.高血圧
 2)その他

4章腎臓専門医からかかりつけ医への紹介は?
I.‌IgA腎症
>診療情報提供書
 1)本症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:IgA腎症〔光学顕微鏡所見:メサンギウム増殖性糸球体腎炎(mesangial proliferative glomerulonephritis:PGN)〕
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?
II.ループス腎炎
>診療情報提供書
 1)本症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:ループス腎炎(lupus nephritis)
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?
>診療情報提供書 第2報
III.糖尿病腎症
診療情報提供書
 1)本症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:糖尿病腎症(diabetic nephropathy,びまん性)
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?

IV.ネフローゼ症候群
>診療情報提供書
 1)本症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:微小変化型ネフローゼ症候群(minimal change nephrotic syndrome:MCNS)
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?

V.高血圧性腎硬化症
診療情報提供書
 1)本症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:高血性腎硬化症(hypertensive nephrosclerosis)
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?

VI.痛風腎
>診療情報提供書
 1)症例からみた疾患の理解
 2)検査とその意義
 3)確定診断:痛風腎(gouty kidney)
 4)今後定期的に行うべき検査
 5)治療
 6)どういう状態になったら腎臓専門医へ逆紹介するのか?

索引

すべて見る

執筆者一覧

富野康日己 医療法人社団松和会常務理事 著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722