Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ小児科 > 小児科外来処方navi

書籍詳細

小児科外来処方navi

小児科外来処方navi

金子一成  監修

B6判 164頁

定価(本体2,400円 + 税)

ISBN978-4-498-14540-5

2016年12月発行

在庫あり

小児科外来で頻繁にみられる疾患をセレクトし,治療薬の処方とそのポイントやエビデンス,注意点などをコンパクトにまとめたポケットブック.呼吸器疾患,感染症,アレルギー疾患,免疫疾患・膠原病,循環器疾患,消化器疾患,腎・泌尿器・生殖器疾患,血液疾患,神経・筋疾患,内分泌・代謝疾患,精神・社会心理学的疾患,新生児疾患の12領域に加え,小児特有のおむつかぶれや乳児湿疹なども紹介.ベッドサイドで役立つ必携書だ.

序文

 多くの患者は身体の不調・変調を感じたときに外来を受診するが,その目的は「身体の不調・変調を治して欲しい」,すなわち適切な治療をして欲しいということである.適切な治療の鍵は「正しい処方」である.
 しかし外来処方は小児科の診療の中でも熟練を要する作業の1つである.なぜなら新生児期から思春期に至る多様な疾患に対応するために,経口薬,注射薬,吸入薬や外用薬,坐薬といった剤型の使い分けのみならず,年齢や体格を考慮した用量調整も求められるからである.小児科専門医以外の先生にとって,このような外来処方の難しさが小児の診療を躊躇させる一因となっているという話を聞き,本書を上梓したいと考えた次第である.
 本書は外来で小児を診療する医師があらゆる疾患に対して最新の処方をできるように,日常診療でよくみられる小児疾患について,処方例とそのポイントなどを簡潔に記載した.また忙しい外来診療の合間に読めるように,原則として1疾患につき1ページでコンパクトにまとめた.したがって研修医や内科を専門とされている実地医家など小児科専門医以外の先生が小児を診療する際にも実用的であると自負している.もちろん看護師,薬剤師,医学生ならびに医薬情報提供者(MR)の皆さんにも活用していただき,チーム医療の推進にも役立てて頂ければ監修者として嬉しい限りである.
 最後に,忙しい中,ご協力いただきました中外医学社の担当編集者と執筆いただきました先生方に深謝いたします.

2016年 錦秋
淀川のほとりにて
関西医科大学小児科学講座 金子一成

すべて見る

目 次


CHAPTER 1 呼吸器疾患
 1.上気道炎(鼻咽頭炎) 〈須藤博明〉
 2.気管支炎,肺炎 〈須藤博明〉
 3.細気管支炎 〈須藤博明〉
 4.クループ症候群 〈須藤博明〉
 5.中耳炎 〈須藤博明〉
 6.副鼻腔炎 〈須藤博明〉
 7.気管支喘息発作 〈谷内昇一郎〉
CHAPTER 2 感染症
 1.インフルエンザ 〈岩本幸久〉
 2.麻疹 〈岩本幸久〉
 3.風疹 〈岩本幸久〉
 4.水痘・帯状疱疹 〈岩本幸久〉
 5.ムンプス(流行性耳下腺炎) 〈岩本幸久〉
 6.アデノウイルス感染症 〈岩本幸久〉
 7.EBウイルス感染症 〈河崎裕英〉
 8.溶血性連鎖球菌感染症 〈辻 章志〉
 9.ヘルパンギーナ,手足口病 〈古賀智子〉
 10.伝染性紅斑 〈古賀智子〉
 11.単純ヘルペス感染症 〈古賀智子〉
 12.突発性発疹症 〈古賀智子〉
 13.結核 〈原田佳明〉
 14.百日咳 〈原田佳明〉
 15.マイコプラズマ感染症 〈原田佳明〉
 16.クラミジア感染症 〈原田佳明〉
 17.ウイルス性胃腸炎(ノロウイルス,ロタウイルス)〈原田佳明〉
 18.細菌性腸炎 〈原田佳明〉
 19.伝染性膿痂疹 〈圀府寺 美〉
 20.伝染性軟属腫 〈圀府寺 美〉
 21.無菌性髄膜炎 〈圀府寺 美〉
 22.細菌性髄膜炎 〈圀府寺 美〉
 23.急性結膜炎 〈八十嶋さくら〉
 24.麦粒腫,霰粒腫 〈八十嶋さくら〉
 25.口内炎,口角炎 〈八十嶋さくら〉
 26.蟯虫症 〈八十嶋さくら〉
 27.頭シラミ 〈八十嶋さくら〉
CHAPTER 3 アレルギー疾患
 1.気管支喘息 〈谷内昇一郎〉
 2.アトピー性皮膚炎 〈谷内昇一郎〉
 3.食物アレルギー 〈谷内昇一郎〉
 4.アレルギー性鼻炎 〈谷内昇一郎〉
 5.アレルギー性結膜炎 〈谷内昇一郎〉
 6.蕁麻疹 〈谷内昇一郎〉
 7.アナフィラキシー 〈谷内昇一郎〉
CHAPTER 4 免疫疾患・膠原病
 1.IgA血管炎(Henoch-Schönlein紫斑病) 〈木全貴久〉
 2.若年性特発性関節炎 〈野田幸弘〉
 3.全身性エリテマトーデス 〈野田幸弘〉
 4.若年性皮膚筋炎 〈野田幸弘〉
 5.混合性結合組織病 〈野田幸弘〉
CHAPTER 5 循環器疾患
 1.心不全 〈吉村 健〉
 2.不整脈(発作性上室性頻拍,発作性心室頻拍) 〈吉村 健〉
 3.動脈管開存,心室中隔欠損 〈吉村 健〉
 4.心房中隔欠損 〈吉村 健〉
 5.ファロー四徴症(無酸素発作) 〈吉村 健〉
 6.肺動脈性肺高血圧 〈吉村 健〉
 7.心筋炎,心筋症 〈吉村 健〉
 8.感染性心内膜炎(予防) 〈吉村 健〉
 9.川崎病 〈吉村 健〉
CHAPTER 6 消化器疾患
 1.イレウス 〈藤井喜充〉
 2.便秘症 〈藤井喜充〉
 3.急性虫垂炎 〈藤井喜充〉
 4.肥厚性幽門狭窄症 〈藤井喜充〉
 5.腸重積 〈藤井喜充〉
 6.胃炎,胃十二指腸潰瘍 〈藤井喜充〉
 7.胃食道逆流症,逆流性食道炎 〈藤井喜充〉
 8.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病) 〈藤井喜充〉
 9.過敏性腸症候群 〈藤井喜充〉
 10.急性肝炎 〈藤井喜充〉
 11.急性膵炎 〈藤井喜充〉
 12.肛門周囲膿瘍 〈藤井喜充〉
CHAPTER 7 腎・泌尿器・生殖器疾患
 1.尿路感染症 〈木全貴久〉
 2.急性腎炎症候群 〈木全貴久〉
 3.紫斑病性腎炎 〈木全貴久〉
 4.IgA腎症 〈木全貴久〉
 5.ループス腎炎 〈木全貴久〉
 6.ネフローゼ症候群 〈木全貴久〉
 7.尿細管性アシドーシス 〈辻 章志〉
 8.Dent病 〈辻 章志〉
 9.Bartter症候群,Gitelman症候群 〈辻 章志〉
 10.夜尿症 〈辻 章志〉
 11.腎性尿崩症 〈辻 章志〉
 12.包茎,亀頭包皮炎,外陰腟炎 〈辻 章志〉
 13.高血圧症候群 〈辻 章志〉
CHAPTER 8 血液疾患
 1.鉄欠乏性貧血 〈河崎裕英〉
 2.免疫性血小板減少性紫斑病(ITP) 〈河崎裕英〉
 3.好中球減少症 〈谷内昇一郎〉
 4.好中球機能異常症(慢性肉芽腫症) 〈谷内昇一郎〉
 5.血友病,von Willebrand病 〈河崎裕英〉
 6.再生不良性貧血 〈河崎裕英〉
 7.血球貪食性リンパ組織球症 〈河崎裕英〉
 8.小児がん患者に対する緩和医療 〈野田幸弘〉
CHAPTER 9 神経・筋疾患
 1.熱性けいれん 〈荒木 敦〉
 2.けいれん重積 〈荒木 敦〉
 3.てんかん(全般発作) 〈荒木 敦〉
 4.てんかん(部分発作) 〈荒木 敦〉
 5.片頭痛 〈石崎優子〉
 6.顔面神経麻痺 〈荒木 敦〉
 7.Guillain-Barré症候群 〈荒木 敦〉
 8.痙直型脳性麻痺 〈荒木 敦〉
 9.不随意運動(ミオクローヌス全般) 〈荒木 敦〉
 10.重症筋無力症 〈荒木 敦〉
 11.筋ジストロフィー(デュシェンヌ型) 〈荒木 敦〉
CHAPTER 10 内分泌・代謝疾患
 1.アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症) 〈田邉裕子〉
 2.糖尿病 〈田邉裕子〉
 3.甲状腺機能亢進症・低下症 〈田邉裕子〉
 4.副甲状腺機能低下症 〈高屋淳二〉
 5.くる病 〈高屋淳二〉
 6.中枢性尿崩症 〈高屋淳二〉
 7.抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)   〈高屋淳二〉
 8.成長ホルモン分泌不全性低身長 〈高屋淳二〉
 9.思春期早発症 〈田邉裕子〉
 10.月経過多 〈田邉裕子〉
 11.急性副腎不全(副腎クリーゼ) 〈高屋淳二〉
 12.肥満 〈高屋淳二〉
 13.高脂血症 〈高屋淳二〉
CHAPTER 11 精神・社会心理学的疾患
 1.起立性調節障害 〈柳夲嘉時〉
 2.注意欠陥多動性障害 〈石崎優子〉
 3.自閉症スペクトラム障害 〈柳夲嘉時〉
 4.摂食障害(神経性やせ症) 〈柳夲嘉時〉
 5.チック障害 〈石崎優子〉
 6.強迫性障害 〈石崎優子〉
 7.うつ病,うつ状態 〈石崎優子〉
 8.過換気症候群 〈柳夲嘉時〉
 9.睡眠障害 〈石崎優子〉
CHAPTER 12 新生児疾患
 1.未熟児くる病 〈大橋 敦〉
 2.未熟児貧血 〈大橋 敦〉
 3.ビタミンK欠乏性出血症 〈大橋 敦〉
CHAPTER 13 その他
 1.おむつかぶれ 〈大橋 敦〉
 2.乳児湿疹(乳児脂漏性湿疹) 〈大橋 敦〉
 3.刺虫症 〈峰 研治〉
 4.しもやけ(凍瘡) 〈峰 研治〉
 5.にきび(尋常性痤瘡) 〈峰 研治〉
 6.やけど(熱傷) 〈峰 研治〉
 7.乗り物酔い(動揺病) 〈石崎優子〉

事項索引
薬剤索引

すべて見る

執筆者一覧

金子一成  関西医科大学医学部小児科学講座教授 監修
吉村 健  関西医科大学附属病院小児科病院准教授 編著
辻 章志  関西医科大学附属病院小児科准教授 編著
須藤博明  名張市立病院副院長/小児科部長 
谷内昇一郎 関西医科大学香里病院小児科病院教授 
岩本幸久  彰療会大正病院副院長/小児科 
河崎裕英  関西医科大学附属病院小児科病院准教授 
古賀智子  関西医科大学総合医療センター小児科 
原田佳明  協仁会小松病院名誉院長/小児科 
圀府寺 美 真美会中野こども病院副院長 
八十嶋さくら 関西医科大学香里病院小児科 
木全貴久  関西医科大学附属病院小児科講師 
野田幸弘  関西医科大学附属病院小児科診療講師 
藤井喜充  東北医科薬科大学小児科准教授 
荒木 敦  大阪府済生会野江病院小児科部長 
石崎優子  関西医科大学総合医療センター小児科病院教授 
田邉裕子  関西医科大学香里病院小児科 
高屋淳二  河内友紘会河内総合病院副院長/小児科 
柳夲嘉時  関西医科大学総合医療センター小児科 
大橋 敦  関西医科大学附属病院小児科病院准教授 
峰 研治  関西医科大学附属病院小児科診療講師 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722