Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ消化器 > 消化器内科グリーンノート

書籍詳細

消化器内科グリーンノート

消化器内科グリーンノート

木下芳一  編著

B6変型判 482頁

定価(本体4,800円 + 税)

ISBN978-4-498-14044-8

2016年11月発行

在庫あり

消化器内科診療の基本をコンパクトにまとめたマニュアル.総論,診断と治療の基本,疾患各論のほか,「初診患者への対応」の章を設け,救急外来を受診することが多い消化器疾患への基本的対処法をまとめて紹介.救急でも,外来でも,病棟でも役立つ書を目指した.限られた分量の中に,必要にして充分な情報を集約した本書は,研修医,若手医師がポケットに1冊備えれば,消化器症状を訴える患者に接する際の心強い味方となろう.

序 文


 消化器内科領域の研修を行う研修医,若手医師の診療の参考になる携帯可能なガイドブック的な教科書を目指して消化器内科グリーンノートを編集させていただきました.執筆は島根大学消化器内科・肝臓内科のスタッフと関連の施設の先生方を中心に,専門の先生方のサポートをいただき,消化器疾患の診療であれば救急室でも外来でも,病棟でも役立つように作成されています.本書の構成は診断の基本,治療の基本として診断や治療に用いられる手技や薬剤などの解説が最初に記載されています.それに続いて救急外来を受診することが多い消化器疾患への基本的な対応が書かれております.本書があれば救急外来で困ることが少なくなると思います.また,一般外来を受診する患者の主訴となりやすい症状,徴候に関しても一般外来での対応としてまとめております.外来で患者の病状が把握できなくて,どのように診断確定と治療を行ったらよいか迷うことが少なくなると思います.これらの総論的な記載に続いて消化器疾患各論として,各消化器疾患の診療方法が記載されています.
 本書はポケットに入るサイズの小さなガイドブックです.この小さな本の中に記載できるボリュームは多くはありません.このため,何を記載し,何を記載しないかは大変重要な選択となります.本書は利用者として研修医や若手医師にフォーカスを絞って,彼らが救急室で,外来で,病棟で消化器疾患の患者,消化器症状を訴える患者を診療するときに役立つことを目指して編集と執筆がなされております.このため,本書には最先端医療に関する記載は多くはありませんが,本書を参考にしていただきますと消化器疾患の診療の基本が手に取るようにわかり,普段の診療で困ることはないだろうと考えております.
 最近は,若手の先生たちは,診療の現場でも疑問があるとすぐにスマホを取り出して検索をしているようです.スマホで検索することも良い方法の1つだと思いますが,得られる情報が玉石混合となりやすいと考えられます.本書はスマホよりは,すこし大きくなりますが,白衣のポケットに本書を入れて消化器系の研修を行っている若手医師が増えてくることを願っております.

   2016年10月
島根大学内科学第二  教授 木下芳一

すべて見る

目 次


I.総 論
  1.消化器臓器の構造と生理機能  〈木下芳一〉
II.診断の基本   
  1.腹部身体所見  〈濱本直治〉
  2.消化器疾患の検査
    1.腹部単純X線検査  〈吉野生季三〉
    2.超音波検査  〈福原寛之〉
    3.C  〈佐藤秀一〉
    4.MRI  〈齋藤 宰〉
    5.PET  〈戎谷 力〉
    6.消化管造影  〈相見正史〉
    7.上部消化管内視鏡検査  〈安積貴年・天野祐二〉 
   8.大腸内視鏡検査  〈結城美佳〉
   9.超音波内視  〈福庭暢彦〉
   10.小腸内視鏡  〈結城崇史〉
   11.ERCP  〈森山一郎〉
   12.血管造影検査  〈三宅達也〉
   13.血液検査
     a)血液学的検査  〈松田佳世〉
     b)肝機能検査  〈田中志乃〉
     c)肝炎ウイルスマーカー  〈三代知子〉
     d)膵酵素  〈末次 浩〉
     e)免疫学的検査  〈三宅達也〉
     f)腫瘍マーカー  〈奥山俊彦〉
   14.消化管感染症の検査  〈石原俊治〉
   15.膵外分泌機能検査  〈森山一郎〉
   16.胃酸分泌能評価テスト  〈数森秀章〉
   17.便・尿検査  〈末次 浩・勝部知子〉
   18.肝生検  〈飛田博史〉

III.治療の基本
  1.非薬物療法
   1.消化管疾患における食事,生活指導  〈橋本朋之〉
   2.肝疾患の食事・生活指導  〈濱本幸子〉
   3.胆・膵疾患の食事・生活指導  〈内藤潤美〉
   4.胃管・イレウス管挿入  〈磯田和樹〉
   5.胃洗浄  〈越野健司〉
   6.浣腸  〈宮岡裕子〉
   7.腹腔穿刺と排液  〈齋藤 宰〉
   8.経管栄養  〈新垣美佐〉
   9.高カロリー輸液  〈福山知香〉
   10.消化管腫瘍の内視鏡治療  〈柴垣広太郎〉
   11.肝癌の経動脈治療  〈齋藤 宰〉
   12.肝腫瘍のラジオ波治療  〈佐藤秀一〉
   13.肝不全の血漿交換,血液浄化治療  〈飛田博史〉
   14.炎症性腸疾患の血球成分除去療法  〈石原俊治〉
   15.経皮的内視鏡的胃瘻造設法  〈本田千恵〉
   16.胆道ドレナージ  〈福庭暢彦〉
   17.消化器癌の放射線治療  〈猪俣泰典〉
  2.消化管疾患の薬物療法
   1.鎮座,鎮痛薬  〈合原大博〉
   2.鎮吐薬  〈安積貴年・天野祐二〉
   3.下剤  〈泉 大輔〉
   4.止痢薬  〈深澤厚輔〉
   5.酸分泌抑制薬と酸中和薬  〈宇野吾一〉
   6.消化管運動機能亢進薬  〈三上博信〉
   7.免疫調節薬  〈三島義之・石原俊治〉
   8.生物学的製剤  〈大嶋直樹〉
   9.消化器癌の薬物療法  〈河村 朗〉
  3.肝疾患の薬物療法
   1.肝保護薬  〈福田 亮〉
   2.肝不全治療薬  〈花岡拓哉〉
   3.利尿薬  〈赤木收二〉
   4.アルブミン製剤―肝硬変に対する腹水治療―  〈岡本栄祐〉
   5.インターフェロン製剤  〈高下成明〉
   6.経口抗肝炎ウイルス薬  〈内田 靖〉
  4.胆・膵疾患の薬物療法
   1.利胆薬  〈古田晃一朗〉
   2.胆石溶解薬  〈福庭暢彦〉
   3.蛋白分解酵素阻害薬  〈藤澤智雄〉
   4.抗菌薬  〈三木雅治〉

IV.初診患者への対応
  1.救急患者への対応  〈仁科雅良〉
  2.腸閉塞への対応  〈谷村隆志〉
  3.吐血患者への対応  〈相見正史〉
  4.下血患者への対応  〈藤代浩史〉
  5.敗血症,エンドトキシンショックへの対応  〈多田育賢〉
  6.DICへの対応  〈多田育賢〉
  7.消化管穿孔への対応  〈泉 大輔〉
  8.消化管異物への対応  〈駒澤慶憲〉
  9.肝不全,肝性昏睡への対応  〈内田 靖〉
  10.急性腹症への対応  〈谷村隆志〉
  11.一般的な腹痛への対応  〈宮岡洋一〉
  12.嘔気・嘔吐への対応  〈古田賢司〉
  13.嚥下障害への対応  〈沖田浩一〉
  14.便秘への対応  〈泉 大輔〉
  15.下痢への対応  〈楠 龍策〉
  16.黄疸への対応  〈花岡拓哉〉
  17.食欲不振・胃もたれへの対応  〈宮岡洋一〉

V.疾患各論
  1.上部消化管疾患
   1.腫瘍性疾患
    a)食道癌  〈天野祐二〉
    b)胃粘膜下腫瘍  〈園山浩紀〉
    c)胃癌・胃腺腫  〈柴垣広太郎〉
    d)胃悪性リンパ腫  〈柴垣広太郎〉
   2.非腫瘍性疾患
    a)食道炎  〈足立経一〉
    b)食道運動異常症(含:アカラシア)  〈大原俊二〉
    c)Barrett食道  〈深澤厚輔〉
    d)食道・胃静脈瘤  〈雫 稔弘〉
    e)マロリー・ワイス症候群  〈岡田真由美〉
    f)機能性ディスペプシア  〈沖本英子〉
    g)急性胃炎/AGML  〈沖本英子〉
    h)ヘリコバクター・ピロリ感染症  〈福田直樹〉
    i)胃・十二指腸潰瘍  〈石村典久〉
    j)胃アニサキス症  〈岡本栄祐〉
  2.下部消化管疾患
   1.腫瘍性疾患
    a)小腸腫瘍  〈園山浩紀〉
    b)大腸腫瘍  〈小林祥也〉
   2.炎症性疾患
    a)感染性腸炎(含:食中毒)  〈三代 剛〉
    b)虫垂炎  〈角 昇平〉
    c)腸結核  〈深澤厚輔〉
    d)潰瘍性大腸炎  〈三島義之〉
    e)クローン病  〈川島耕作〉
    f)腸管ベーチェット  〈大嶋直樹〉
    g)血管炎に伴う消化管病変  〈大嶋直樹〉
  3.その他の消化管疾患
   1.消化管の一部にかかわる疾患
    a)胃切除後症候群  〈角田 力〉
    b)虚血性腸炎  〈山之内智志〉
    c)過敏性腸症候群  〈石原俊治〉
    d)憩室性疾患  〈古谷聡史〉
    e)肛門疾患  〈園山浩紀〉
   2.消化管全体にかかわる疾患
    a)好酸球性消化管疾患  〈石村典久〉
    b)薬物性消化管疾患  〈清村志乃〉
    c)蛋白漏出性胃腸症  〈高取健人〉
    d)消化管ポリポーシス  〈園山浩紀〉
    e)消化管神経内分泌腫瘍  〈多田育賢〉
    f)消化管アミロイドーシス  〈多田育賢〉
  4.肝胆膵疾患
   1.炎症性疾患
    a)急性肝炎  〈高下成明〉
    b)慢性肝炎  〈佐藤秀一〉
    c)肝硬変  〈矢崎友隆〉
    d)自己免疫性肝炎  〈矢崎友隆〉
    e)原発性胆汁性胆管炎(PBC)  〈矢崎友隆〉
    f)肝膿瘍  〈岡本栄祐〉
   2.代謝性疾患
    a)アルコール性肝障害  〈新垣昌利〉
    b)非アルコール性脂肪性肝疾患  〈飛田博史〉
    c)薬物性肝障害  〈石根潤一〉
   3.腫瘍性疾患
    a)肝細胞癌  〈石田周幸・黒河内和貴〉
    b)転移性肝癌  〈増原昌明〉
    c)肝海綿状血管腫  〈楠 真帆〉
    d)肝囊胞  〈新垣昌利〉
   4.胆道疾患
    a)胆道・胆囊結石症  〈加藤隆夫〉
    b)急性胆管炎,急性胆囊炎  〈森藤吉哉〉
    c)胆道癌  〈串山義則〉
    d)胆囊ポリープ  〈高橋芳子〉
    e)胆囊腺筋腫症  〈高橋芳子〉
    f)膵・胆管合流異常  〈園山浩紀〉
   5.膵疾患
    a)急性膵炎  〈天野和寿〉
    b)慢性膵炎  〈芦沢信雄〉
    c)自己免疫性膵炎  〈今岡 大〉
    d)囊胞性膵疾患  〈伊藤聡子〉
    e)膵癌  〈串山義則〉
    f)膵神経内分泌腫瘍  〈福庭暢彦〉
   6.腹壁疾患
    a)ヘルニア  〈森田照美〉
    b)癌性腹膜炎  〈山下詔嗣


索引

すべて見る

執筆者一覧

木下芳一  島根大学第二内科教授 編著
濱本直治  はまもと内科クリニック理事長 
吉野生季三 津田小学校前よしの医院院長 
福原寛之  出雲市立総合医療センター総合診療科医長 
佐藤秀一  島根大学医学部附属病院光学医療診療部准教授 
齋藤 宰  松江赤十字病院消化器内科 
戎谷 力  兵庫県立加古川医療センター消化器内科医長 
相見正史  島根県立中央病院消化器科医長 
安積貴年  国際医療福祉大学臨床医学研究センター准教授 
天野祐二  国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授 
結城美佳  出雲市立総合医療センター内科医長 
福庭暢彦  島根大学第二内科助教 
結城崇史  松江赤十字病院消化器内科副部長 
森山一郎  島根大学医学部附属病院腫瘍センター学内講師 
三宅達也  島根大学第二内科講師 
松田佳世  島根大学第二内科 
田中志乃  島根県環境保健公社総合健診センター副所長 
三代知子  島根県環境保健公社総合健診センター 
末次 浩  松江赤十字病院健診部病院付部長 
奥山俊彦  倉敷成人病センター内科部長 
石原俊治  島根大学第二内科准教授 
数森秀章  松江生協病院消化器内科部長 
勝部知子  松江赤十字病院健診部副部長 
飛田博史  島根大学第二内科助教 
橋本朋之  はしもと内科クリニック院長 
濱本幸子  はまもと内科クリニック副院長 
内藤潤美  松江記念病院健康支援部部長 
磯田和樹  島根大学第二内科 
越野健司  たまゆ内科クリニック院長 
宮岡裕子  寿生病院内科 
新垣美佐  益田地域医療センター医師会病院内科部長 
福山知香  島根大学第二内科 
柴垣広太郎 島根大学第二内科助教 
本田千恵  寿生苑 
猪俣泰典  島根大学医学部放射線医学講座放射線腫瘍学教授 
合原大博  昭和医院院長 
泉 大輔  島根大学第二内科 
深澤厚輔  市立加西病院消化器内科副部長 
宇野吾一  隠岐病院内科 
三上博信  島根大学第二内科 
三島義之  島根大学第二内科助教 
大嶋直樹  島根大学第二内科助教 
河村 朗  神戸低侵襲がん医療センター消化器内科部長 
福田 亮  郷原医院院長 
花岡拓哉  松江赤十字病院消化器内科副部長 
赤木收二  福山大学生命工学部生命栄養科学科教授 
岡本栄祐  益田赤十字病院内科部長 
高下成明  島根県立中央病院中央診療部長 
内田 靖  松江赤十字病院検査部部長 
古田晃一朗 益田赤十字病院医療技術部長 
藤澤智雄  福山市民病院内科科長 
三木雅治  姫路愛和病院内科 
仁科雅良  島根大学医学部救急医学教授 
谷村隆志  松江市立病院消化器内科副部長 
藤代浩史  島根県立中央病院消化器科部長 
多田育賢  松江赤十字病院消化器内科 
駒澤慶憲  出雲市立総合医療センター内科部長 
宮岡洋一  島根県立中央病院内視鏡科部長 
古田賢司  おおつ内科クリニック院長 
沖田浩一  沖田内科医院院長 
楠 龍策  島根県立中央病院消化器科医長 
園山浩紀  島根大学第二内科 
足立経一  島根県環境保健公社総合健診センター所長 
大原俊二  姫路愛和病院内科 
雫 稔弘  出雲市立総合医療センター病院事業管理者 
岡田真由美 島根大学第二内科 
沖本英子  島根大学第二内科 
福田直樹  福田医院副院長 
石村典久  島根大学第二内科講師 
小林祥也  出雲市立総合医療センター内科医長 
三代 剛  島根大学第二内科助教 
角 昇平  島根大学第二内科 
川島耕作  島根大学第二内科助教 
角田 力  高槻病院消化器内科医長 
山之内智志 島根県立中央病院消化器科医長 
古谷聡史  島根県立中央病院内視鏡科医長 
清村志乃  日高病院 
高取健人  大山病院消化器内科医長 
矢崎友隆  島根大学第二内科 
新垣昌利  米子東病院内科 
石根潤一  加藤病院消化器内科 
石田周幸  大田市立病院消化器科医長 
黒河内和貴 島根大学医学部総合医療学講座・大田総合医育成センター内科教授 
増原昌明  大田市立病院消化器科部長 
楠 真帆  島根大学第二内科 
加藤隆夫  兵庫県立淡路医療センター消化器内科医長 
森藤吉哉  札幌道都病院内科医長 
串山義則  松江赤十字病院消化器内科部長 
高橋芳子  出雲市立総合医療センター内科・消化器科医長 
天野和寿  益田赤十字病院第二内科部長 
芦沢信雄  地域医療機能推進機構玉造病院副院長 
今岡 大  国立がん研究センター東病院肝胆膵内科 
伊藤聡子  ベルランド総合病院医長 
森田照美  鳥取生協病院消化器内科診療部長 
山下詔嗣  島根大学第二内科 

すべて見る

電子書籍で購入する

消化器内科グリーンノート
   定価5,184円(本体4,800円 + 税)
   2016年11月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722