Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ麻酔科学・ペインクリニック > 気道管理の疑問Q&A70

書籍詳細

気道管理の疑問Q&A70

気道管理の疑問Q&A70

上嶋浩順  編集

A5判 214頁

定価(本体3,800円 + 税)

ISBN978-4-498-05526-1

2016年11月発行

在庫あり

気道管理は,手術室で,ERで,ICUでの,患者管理の第一歩.新しいガイドラインについての疑問,声門上器具・ビデオ喉頭鏡など,最新の器具にまつわる質問など,あらゆる問いに答えます!気道管理のエキスパート・新進気鋭の若手医師からなる執筆陣がわかりやすく回答.気道管理を学ぶ,研修医・レジデント,すべてのメディカルスタッフのために.

序 文

 気道管理とは,「気道が開通した適切な状態を確保・維持するために,さまざまな手段を施すこと」です.その究極の目的は組織の酸素化です.心肺蘇生のABCの順序がCABに変わっても,目的は組織の酸素化ですから,酸素の通り道である気道の確立が重要であることに変わりはありません.気道管理は,手術室で,ERで,ICUでの,患者管理の第一歩です.
 気道管理の主役は気道確保です.気道確保は,「バッグマスク換気」「声門上器具」「気管挿管」「外科的気道確保」が4本柱となります.それ以外にも気道管理は,気道の監視,上気道閉塞の診断から始まり,自発呼吸下の気道管理と酸素投与(軽度上気道閉塞の管理),気道の清浄化,気道の保護(誤嚥の予防),抜管,特殊な気道管理としてのダブルルーメンチューブの管理など,多岐にわたります.研修医や若手医師が,気道管理に取り組むにあたって,臨床現場では様々な疑問点に直面すると思います.
 加えて気道管理の近年の進歩はめざましく,声門上器具,ビデオ喉頭鏡,気道管理ガイドラインが導入されてきました.超音波検査も利用されています.われわれはそれらの特徴を理解し,臨床に適応させ,使いこなしていくことが重要となります.
 本書は,最新の気道管理に導入された器具,概念を含み,気道管理全般にわたる内容を,Q&A形式でコンパクトにまとめた本です.Questionは,臨床現場で誰もが直面する疑問点です.Answerは,最初にKEYPOINTとしてわかりやすくまとめられています.研修医,若手医師のみならず,看護師,臨床工学士,その他のメディカルスタッフ,気道管理を学ぼうと考えている人には,最良の入門書となるでしょう.
 執筆には,新進気鋭の若手執筆者を中心に,気道管理のエキスパートにも多く担当していただきました.フレッシュな切り口,フレッシュな内容の本が完成しました.Q&A形式の70項目は,どこから読んでも構いません.疑問に思ったところから,また興味を持ったところから,どんどん読んで頂き,自分の疑問をどんどん解決して頂きたいと思います.
 本書に触れて読者の疑問が解決し,気道管理に対する興味がさらに深まることを期待しています.

2016年10月
北九州総合病院麻酔科副院長 青山和義

すべて見る

●編者紹介

上嶋浩順(うえしまひろのぶ)
昭和大学病院麻酔科講師.
平成16年関西医科大学卒.関西医科大学,倉敷中央病院,埼玉医科大学国際医療センターを経て平成27年4月から現職.
関西医科大学時代に気道管理の権威である浅井隆先生(現獨協医科大学麻酔科)の下で気道の研究を始めてから気道管理に目覚める.現在は気道管理・超音波ガイド下神経ブロック・シミュレーション教育(特に鎮静)に力を入れている.日本麻酔科学会麻酔科専門医,日本区域麻酔学会評議員,(日本臨床麻酔学会公認)神経ブロック教育インストラクター,(日本医学シミュレーション学会公認)鎮静教育世話人,日本心臓血管麻酔学会心臓血管麻酔専門医などの資格を有している.

青山和義(あおやまかずよし)
北九州総合病院麻酔科,副院長.
昭和62年産業医科大学医学部医学科卒.北九州市内の一般病院麻酔科,産業医科大学麻酔科勤務を経て,平成27年4月より現職.日本麻酔科学会指導医.
卒後から一般病院,大学病院での臨床麻酔を中心に,救急医療,ICU管理にも携わってきた.気道管理に興味を持ち,気管挿管,ファイバースコープガイド下気管挿管,ラリンジアルマスク等に関する臨床研究の成果を,国内,海外の雑誌に発表してきた.主な著書に,『必ずうまくいく!気管挿管改訂版(羊土社)』『これならできるファイバー挿管(メディカル・サイエンス・インターナショナル)』『肺外科手術の麻酔〜ダブルルーメンチューブ,気管支ブロッカーによる一側肺換気の基本とコツ(羊土社)』『100倍楽しくなる麻酔科研修30日ドリル(羊土社)』などがある.今後も気道管理の実践,研究,教育に情熱を注いでいきたいと考えている.

すべて見る

目 次


1 気道管理の基本の疑問

▶酸素投与,術後管理
 Q1 鼻カヌラと酸素マスクの違い,使い分けのポイントは何ですか? それぞれの種類と特徴についても教
    えてください. 〈木村哲朗〉
 Q2 リザーバー付き酸素マスクとは何ですか? どんなときに使用するものでしょうか? 〈木村哲朗〉
 Q3 ネーザルハイフローとは何ですか? 主な効果と適応について教えてください. 〈木村哲朗〉
 Q4 NPPVとは何ですか? どのようなメリットがあり,どんな患者さんに用いるのでしょうか? 〈木村哲
    朗〉
▶用手的気道確保とマスク換気
 Q5 上気道閉塞の原因にはどのようなものがあるでしょうか? 上気道部の解剖学的特徴とともに説明して
    ください. 〈駒澤伸泰〉
 Q6 気道確保の方法にはどのような種類があるのでしょうか? それぞれの特徴と適応を教えてくださ
    い. 〈服部一生 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q7 フェイスマスク換気について教えてください.行う際のコツやポイントについても教えてください. 
   〈中川元文〉
 Q8 トリプル・エアウェイ・マニューバとは何ですか? 実際に行う際のコツやポイントについても教えて
    ください. 〈中川元文〉
 Q9 経口エアウェイと経鼻エアウェイのそれぞれの特徴,使い分けのポイントについて教えてください. 
   〈山田直人〉
 Q10 E-C法とはどんなときに用いる手技ですか? 上手に行うにはどうしたらよいでしょうか? 〈山田直
    人〉


2 気管挿管の疑問

 Q11 全身麻酔になぜ気管挿管が必要なのでしょうか? 〈竹中伊知郎〉
 Q12 気管挿管法にはどのような種類と方法がありますか? それぞれの特徴と適応について教えてくださ
     い. 〈大地史広 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q13 マッキントッシュ型喉頭鏡とミラー型喉頭鏡の違いはどこにあるのでしょうか? どのように使い分
    ける のですか? 〈渡部達範〉
 Q14 挿管介助法の1つであるBURP法とはどのようなものですか? 上手に介助してもらうコツも教えてくだ
    さい. 〈渡部達範〉
 Q15 喉頭鏡による気管挿管の補助としてどのような方法がありますか? 〈古谷健太〉
 Q16 経鼻挿管はどのような場合に行うのでしょうか? 実際の挿管方法についても教えてください. 
    〈川本弓育〉
 Q17 気管チューブにはどのような種類がありますか? それぞれの特徴と使い分けについても教えてくだ
    さい. 〈石川有里恵 上嶋浩順〉
 Q18 気管チューブ留置の適正位置とその確認方法について教えてください. 〈石川有里恵 上嶋浩順〉
 Q19 挿管後の適正なカフ注入量を確認する方法を教えてください. 〈石尾純一 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q20 ダブルルーメンチューブとは何ですか? どのような方法で挿入するのでしょうか? 〈中山禎人〉
 Q21 小児に気管チューブを挿入する際,そのサイズはどのように選択したらよいでしょうか? 具体的な
    基準と判断法を教えてください. 〈香川哲郎〉
 Q22 小児に用いる気管チューブはカフ付きがよいですか? カフなしがよいですか? 〈香川哲郎〉
 Q23 麻酔導入の方法にはどのような種類がありますか? それぞれの特徴と選択法について教えてくださ
    い. 〈森本康裕〉
 Q24 急速導入はどのように行うのでしょうか? 具体的な方法について教えてください. 〈森本康裕〉
 Q25 前酸素化は何ですか? なぜ必要なのでしょうか? 〈森本康裕〉
 Q26 迅速導入はどのように行うのでしょうか? 具体的な方法について教えてください. 〈安楽和樹〉
 Q27 緩徐導入はどのように行うのでしょうか? 具体的な方法について教えてください. 〈安楽和樹〉
 Q28 意識下挿管はどのようにして行うのでしょうか? 具体的な方法について教えてください. 〈出
    口志保 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q29 喉頭痙攣が起きてしまった場合,どのように対処すればよいですか? 起こさないための注意点は何
    でしょうか? 〈安楽和樹〉


3 気道確保困難に対するアプローチの疑問

 Q30 気道確保困難はどの程度の頻度で発生するのでしょうか? 性別,年齢などによる発生率の違いはあ
    りますか? 〈齋藤朋之 浅井 隆〉
▶気道の評価・困難の予測
 Q31 気道確保困難の発生が予測される理学的因子は何でしょうか? 〈浅井 隆〉
 Q32 Mallampati分類とはどの段階で挿管困難を予測するための分類法ですか? その内容を具体的に教え
    てください. 〈浅井 隆〉
 Q33 Cormack & Lehane分類を具体的に教えてください. 〈浅井 隆〉
 Q34 Upper Lip Bite Test とは何のためのチェックですか? 具体的にどのようなテストをするのでしょ
    うか? 〈齋藤朋之 浅井 隆〉
▶超音波検査の疑問
 Q35 超音波を利用して気道評価を行うことのメリットは何ですか? 具体的な気道の描出方法についても
    教えてください. 〈鈴木昭広〉
 Q36 輪状甲状膜穿刺に超音波を活用するにはどのようにしたらよいですか? 超音波を用いることで成功
    率は向上するのでしょうか? 〈鈴木昭広〉
 Q37 超音波検査によって胃内容を推定するにはどうしたらよいですか? その評価基準,注意点について
    も教えてください. 〈鈴木昭広〉


4 挿管デバイスの疑問

 Q38 ビデオ喉頭鏡は従来の喉頭鏡に比べてどのような利点があるのでしょうか? その分類についても教
    えてください. 〈羽場政法〉
 Q39 C-MACビデオ喉頭鏡にはどんな特徴がありますか? そのメリット,どのような症例に適しているかな
    どについても教えてください. 〈植田紗代 上嶋浩順〉
 Q40 グライドスコープの特徴はどのような点にあるのでしょうか? その優れた点は何でしょうか? 
    〈山田知嗣〉
 Q41 McGRATHTM MAC 喉頭鏡はどのような特徴を有していますか? そのメリットは何でしょうか? 〈城
    戸晴規 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q42 エアウェイスコープの特徴はどのような点にあるでしょうか? どのような症例で有用ですか? 
    〈藤原 淳 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q43 エアトラックの特徴は何ですか? エアウェイスコープとはどう違うのでしょうか? 〈丸井輝美〉
 Q44 気管支ファイバースコープはどのような特徴と利点を有していますか? どのような場合に用いるの
    でしょうか? また,その欠点について教えてください. 〈竹中伊知郎〉
 Q45 気管支ファイバースコープを用いて気管挿管を行う方法を具体的に教えてください.麻酔科医として
    特に押さえるべきポイントは何でしょうか? 〈竹中伊知郎〉
 Q46 ビデオ喉頭鏡で挿管困難な場合どのような対処が有効でしょうか? 〈三原良介 駒澤伸泰 南 敏
    明〉
▶声門上器具の疑問
 Q47 声門上器具(SGD)の分類と種類,開発の歴史と現在の日本で使用されているSGDについて教えてくだ
    さい. 〈上嶋浩順〉
 Q48 声門上器具が適応となる症例はどのような場合でしょうか? どの種類の器具を用いるか,症例によ
    る違いはあるのでしょうか? 〈羽場政法〉
 Q49 声門上器具のサイズは何を基準に選択すればよいのでしょうか? 選択のコツについて教えてくださ
     い. 〈羽場政法〉
 Q50 声門上器具挿入時に筋弛緩薬を投入する必要性,メリットはあるのでしょうか? エビデンスを踏ま
    えて教えてください. 〈上嶋浩順〉
 Q51 気管挿管用声門上器具を用いた気管挿管の方法について具体的に教えてください. 〈宮崎直樹〉
▶困難対策・ガイドライン
 Q52 JSA airway management guideline 2014はどのような考え方に基づいているのですか? ガイドライ
    ンの特徴とポイントを教えてください. 〈木山秀哉〉
 Q53 ASA DAMガイドラインの特徴とポイントを教えてください. 〈木山秀哉〉
 Q54 DASとは何ですか? DASガイドラインとASAガイドラインに違いはありますか? 〈木山秀哉〉


5 術中気道管理の疑問

 Q55 換気様式における,量規定と圧規定の違いとそれぞれの特徴について簡単に説明してください.ま
    た,手術中の人工呼吸管理はどちらが適応となるのでしょうか? 〈尾頭希代子〉
 Q56 手術中の換気設定はどのようにすべきでしょうか? 1回換気量やPEEPについてエビデンスを踏まえて
    教えてください. 〈尾頭希代子〉
 Q57 手術中のモニタリングで最も重要な点は何でしょうか? 特に注意すべき点,ポイントについて教え
    てください. 〈上野健史 駒澤伸泰 南 敏明〉
 Q58 手術中に酸素飽和度が低下したら何を疑うべきでしょうか? またどのように対処すればよいです
    か? 〈五代幸平〉
 Q59 手術中に気道内圧が上昇したら何を考えますか? どう対処すればよいでしょうか? 〈五代幸平〉
 Q60 手術中に気道内圧が低下したら何を疑いますか? 対処法についても教えてください. 〈五代幸
    平〉


6 抜管の疑問

 Q61 手術室での抜管の基準について具体的に教えてください.また,特に注意すべき点は何でしょう
    か? 〈新屋苑恵〉
 Q62 抜管方法にはどのような種類がありますか? それぞれの特徴についても教えてください. 〈新屋
    苑恵〉
 Q63 通常の手術ではどの抜管方法が選択されますか? その理由と選択の考え方についても教えてくださ
     い. 〈新屋苑恵〉
 Q64 手術室で再挿管が適応となるのはどのような場合ですか? 再挿管の際に特に注意すべきことは何で
    しょうか? 〈上嶋浩順〉
 Q65 特殊な抜管方法としてはどのようなものがありますか? その特徴と適応についても教えてくださ
    い. 〈上嶋浩順〉


7 外科的気道管理の疑問

 Q66 外科的気管切開方法とはどのようなものですか? その分類・種類について教えてください. 〈二
    階哲朗〉
 Q67 輪状甲状膜切開法とはどのようなものですか? 特徴と適応について教えてください. 〈日下あか
    り〉
 Q68 輪状甲状膜穿刺とはどのような手技ですか? 輪状甲状膜切開とはどう違うのでしょうか? 〈日下
    あかり〉
 Q69 経気管ジェット換気とは何ですか? どのような場合にどのような方法によって行われますか? 
    〈森 英明〉
 Q70 経皮的気管切開法とはどのようなものですか? その手順についても教えてください. 〈二階哲
    朗〉


索引

すべて見る

執筆者一覧

上嶋浩順  昭和大学麻酔科医局長・講師 編集
青山和義  北九州総合病院麻酔科,副院長. 編集
木村哲朗  浜松医科大学医学部麻酔・蘇生学助教 
駒澤伸泰  大阪医科大学麻酔科助教 
服部一生  大阪医科大学麻酔科助教 
南 敏明  大阪医科大学麻酔科教授 
中川元文  恩賜財団母子愛育会愛育病院麻酔科 
山田直人  岩手医科大学麻酔科 
竹中伊知郎 九州労災病院麻酔科部長 
大地史広  大阪医科大学麻酔科助教(准) 
渡部達範  新潟大学麻酔科助教 
古谷健太  新潟大学麻酔科助教 
川本弓育  昭和大学歯科病院歯科麻酔科助教 
石川有里恵 昭和大学麻酔科助教 
石尾純一  大阪医科大学麻酔科助教(准) 
中山禎人  札幌南三条病院麻酔科部長 
香川哲郎  兵庫県立こども病院麻酔科部長 
森本康裕  宇部興産中央病院麻酔科部長 
安楽和樹  帝京大学医学部附属病院麻酔科助教 
出口志保  大阪医科大学麻酔科助教(准) 
齋藤朋之  獨協医科大学越谷病院麻酔科講師 
浅井 隆  獨協医科大学越谷病院麻酔科教授 
鈴木昭広  東京慈恵会医科大学麻酔科准教授 
羽場政法  国保日高総合病院麻酔科部長 
植田紗代  昭和大学麻酔科助教 
山田知嗣  鹿児島大学手術部助教 
城戸晴規  大阪医科大学麻酔科助教 
藤原 淳  大阪医科大学麻酔科助教(准) 
丸井輝美  昭和大学麻酔科助教 
三原良介  大阪医科大学麻酔科助教 
宮崎直樹  国立病院機構熊本医療センター麻酔科医長 
木山秀哉  東京慈恵会医科大学麻酔科教授 
尾頭希代子 昭和大学麻酔科講師 
上野健史  大阪医科大学麻酔科助教(准) 
五代幸平  鹿児島大学麻酔・蘇生学 
新屋苑恵  名古屋大学医学部附属病院麻酔科助教 
二階哲朗  島根大学病院集中治療部准教授 
日下あかり 島根大学麻酔科 
森 英明  島根大学麻酔科助教 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722