Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ脳神経外科 > 脳静脈エッセンス 脳静脈の歩き方

書籍詳細

脳静脈エッセンス 脳静脈の歩き方

脳静脈エッセンス 脳静脈の歩き方

波出石弘  編著

B5判 252頁

定価(本体9,600円 + 税)

ISBN978-4-498-22866-5

2016年10月発行

在庫あり

脳動脈の解剖に関する知見をまとめた好評書『脳動脈コンプリート』に続く本作で
は、あまり目立たない存在でありつつ、脳神経外科医も知っているようで実は知らな
いことが多いと思われる脳静脈にフォーカスを当てた。脳静脈の発生と解剖、病理と
画像診断、静脈洞の構造や各アプローチに対する注意点などを詳細に解説することに
より、臨床で大いに役立つ指針書となった。




 かねてより私にとりまして脳の静脈は不思議な存在でした.手術で最初に出くわす血管でありながら,術中何事もなければ術後振り返ることもなく,存在すら忘れてしまうのが脳静脈です.心拍出量の15%の血液が動脈を介して脳を環流し,また同じ量の血液が静脈を経て心臓に戻りますが,動脈に比べ破綻や閉塞が少ないのも特徴です.体位によって流速が変化し,頭蓋内圧や髄液循環にも大きく影響します.体幹から突出した頭蓋ですが,四肢に比べ弁がないのに脳表面や脳室内深部で血液を還流させます.また弁がない故に頭蓋骨を通して血液が行き来します.硬膜組織に囲まれて走行する静脈洞も頭蓋骨内を走行する部分とそうでない部分があり,さまざまなバリエーションを持って存在します.まったく解っているようで解っていない,謎の多い脈管です.弱そうで強く強そうで弱い,下手に扱うととんでもないことになる,まるで女性のような存在でもあります.
 これまでこの脳静脈に焦点をあてた臨床現場に役立つ指南書は存在しませんでしたが,今回多くの執筆者に恵まれ,この「脳静脈エッセンス」を上梓することができました.
 脳静脈の発生と解剖,病理と画像診断,静脈洞の構造や各アプローチにおける注意点など,脳神経外科専門医および脳血管内専門医を目指す若い脳神経外科医が,頭の中で整理しやすいものになるよう構成に配慮しました.一見静脈とは関係ないように思えるAir sinusについても,静脈洞との関連からその修復について,手術経験豊富な筆者に執筆をお願いしました.これまで注目されることが少なかった導出静脈や体幹のBatson静脈叢についても,唯一のまとまった記述になったのではないかと考えています.
 前著「脳動脈コンプリート」とは異なり,「コンプリート」とは言えないであろうために「エッセンス」としましたが,完璧でないゆえに魅力ある脳静脈にフォーカスを置く最初の技術書になるものと確信しています.
手に取る脳神経外科医の一助となることを願います.


2016年3月

亀田総合病院 脳神経外科
波出石 弘

すべて見る

目次


[1]脳静脈の発生と解剖【吉川剛平,石川達哉】
  A.脳静脈の発生:総論
  B.脳静脈の発生と解剖:各論
    1)表在性脳静脈系
    2)深部静脈系

[2]脳静脈解剖概要【清末一路】
  A.概要
  B.発生
  C.上矢状静脈洞と関連静脈
  D.直静脈洞と関連静脈
  E.静脈洞交会,横S状静脈洞と関連静脈
  F.後頭蓋窩静脈系
  G.海綿静脈洞
  H.Condylar vein

[3]静脈洞の解剖
  <1>海綿静脈洞【河島雅到,井上 亨,Albert L Rhoton Jr.】
    A.海綿静脈洞近傍の骨構造
    B.海綿静脈洞に流入する静脈
    C.海綿静脈洞部内頚動脈
    D.海綿静脈洞壁と脳神経
    E.前床突起とproximal ringおよびdistal ring
  <2>上矢状洞,横およびS状静脈洞【中山若樹】
    A.硬膜静脈洞の経路と主な流入静脈
      1)海綿静脈洞
      2)上矢状静脈洞
      3)下矢状静脈洞と直静脈洞
      4)静脈洞交会
      5)横静脈洞
      6)S状静脈洞と頚静脈球
      7)硬膜静脈洞の副次流出路
    B.硬膜静脈洞の構造(上矢状静脈洞を例に)
      1)硬膜静脈洞の基本構造
      2)硬膜静脈洞の周辺構造

[4]脳静脈疾患の病理【柴田亮行,北川一夫,川俣貴一】
  A.脳血管形成異常
  B.先天代謝異常
  C.脳静脈外傷
  D.脳静脈炎症
  E.新生物の脳静脈に対する影響
  F.脳静脈閉塞症

[5]静脈奇形update【前川秀継,里見淳一郎】
  I.Developmental venous anomaly(DVA)
    A.疾患概念
    B.臨床像
    C.画像所見
    D.鑑別診断
    E.治療
  II.遺伝性出血性毛細血管拡張症
    A.疾患概念
    B.責任遺伝子
    C.診断基準と臨床像
    D.画像所見
    E.治療

[6]脳静脈と各手術アプローチ
  <1>Interhemispheric approach【師井淳太】
    A.Interhemispheric approachに関連する静脈解剖
    B.脳動脈瘤に対するアプローチ
      1)前交通動脈瘤
      2)前大脳動脈遠位部動脈瘤
    C.アプローチの実際
  <2>Sylvian approach【坂田義則,波出石弘】
    A.体位・頭位・皮切
    B.開頭・硬膜切開
    C.Superficial sylvian vein(SSV)とその周辺静脈の解剖学的特徴
      1)SSV
      2)SSVへ流入するbridging vein
      3)Frontobasal bridging vein
      4)Insular vein
      5)Deep middle cerebral vein
    D.Transsylvian approach
      1)Transsylvian approachにおける最終イメージ
      2)SSVの走行の確認
      3)Sylvian fissure表面の剥離
      4)Sylvian fissureの剥離
      5)Sylvian valleculaeの剥離
      6)Chiasmatic cistern,carotid cisternの剥離
    E.意図せず損傷した場合の対処法
  <3>Subtemporal approach【幸治孝裕,小笠原邦昭】
    A.準備
    B.体位
    C.頭位
    D.皮膚切開
    E.開頭
    F.硬膜切開
    G.硬膜内操作
    H.閉頭
    I.Subtemporal approachに関係する静脈,静脈洞
  <4>Lateral suboccipital approach【岩間 亨】
    A.体位・頭位
    B.皮膚切開・開頭・硬膜切開
    C.硬膜内アプローチ
    D.Lateral suboccipital approachにおいて問題となる静脈
  <5>Trans-petrosal approach【太田仲郎,谷川緑野】
    A.手技:Combined trans-petrosal approach
      1)体位
      2)皮膚切開
      3)解剖学的指標の確認
      4)Posterior petrosectomy
      5)Anterior petrosectomy
    B.Combined trans-petrosal approachに関係する静脈解剖
  <6>Occipital transtentorial approach 【寺坂俊介,山口 秀】
    A.体位・頭位
    B.皮膚切開・開頭・硬膜切開
    C.硬膜内操作と剥離する静脈
    D.静脈損傷時の対応
  <7>Infratentorial supracerebellar approach【菱川朋人,伊達 勲】
    A.Infratentorial supracerebellar approachの特徴
    B.周辺解剖
      1)深部静脈系
      2)後頭蓋窩静脈系
      3)架橋静脈
    C.体位
    D.皮膚切開,開頭,硬膜切開
    E.術中問題となる静脈の対応
  <8>下垂体門脈系【黒崎雅道】
    A.解剖
    B.下垂体の血管解剖
    C.下垂体門脈の機能
    D.手術アプローチ
  <9>脳室内静脈と内視鏡手術 【西山健一】
    A.脳表から前角へ
    B.モンロー孔周囲
    C.第三脳室から脚間槽へ(第三脳室底開窓)
    D.第三脳室後半部,中脳水道(松果体部腫瘍,中脳水道形成)
    E.側脳室体部(中核穿孔,脳室洗浄)
    F.体部から四丘体槽へ(脳室-四丘体槽短絡)
    G.側脳室三角部
    H.側脳室下角
  <10>導出静脈
    I.乳突導出静脈【田中雄一郎,佐瀬泰玄】
      A.導出静脈(emissary vein)
      B.乳突孔(mastoid foramen: MF) / 乳突管(mastoid canal)
      C.乳突導出静脈(mastoid emissary vein: MEV)
      D.外側後頭下開頭
    II.Posterior condylar canalとcondylar emissary veinの解剖【後藤剛夫,大畑建治】
      A.Posterior condylar canalとcondylar emissary veinの解剖
      B.Trans-condylar fossa approachでのcondylar emissary veinの処理について
      C.Condylar emissary veinを頭蓋外で凝固止血して切断する方法
      D.Condylar emissary veinを頚静脈孔まで追いかける方法
      E.症例提示
  <11>静脈グラフト採取【石毛 聡,町田利生,小野純一】
    A.大伏在静脈の解剖
    B.大伏在静脈グラフト採取の適応
    C.術前評価と注意点
    D.手技
      1)手術室内での準備
      2)大伏在静脈の表層側の剥離
      3)分枝の処理
      4)採取

[7]硬膜動静脈瘻の開頭手術
  <1>前頭蓋底【坂本繁幸,井川房夫,栗栖 薫】
    A.症例提示
    B.前頭蓋底硬膜動静脈瘻dAVFに対する開頭手術手技のキーポイントと注意点
  <2>横静脈洞部【中川一郎,中瀬裕之】
    A.横静脈洞部硬膜動静脈瘻の疫学
    B.横静脈洞部硬膜動静脈瘻の分類と症候
    C.横静脈洞部硬膜動静脈瘻の治療適応と治療方法
    D.横静脈洞部硬膜動静脈瘻の外科治療
  <3>頭蓋頚椎移行部【金丸和也,木内博之】
    A.治療戦略
    B.外科的根治術
      1)手術支援
      2)体位
      3)皮切から開頭
      4)硬膜内操作
      5)閉創

[8]血管内アプローチ
  <1>静脈系のアクセスルートの画像支援【鶴田和太郎】
    A.病変部の評価
    B.硬膜動静脈瘻塞栓術のアクセスルート
      1)穿刺部位
      2)シャント部位別アクセスルート
    C.経静脈的塞栓術中の画像支援
      1)コントロールカテーテルからの頚動脈造影
      2)3D Road map
    D.閉塞静脈洞を介したアクセス法
  <2>血管内治療に必要な静脈解剖【久保道也】
    A.前頭蓋底部の静脈
    B.上矢状静脈洞と同部周辺の静脈
    C.横静脈洞,静脈洞交会と同部周辺の静脈
    D.S状静脈洞,後頭静脈洞と同部周辺の静脈
    E.後頭蓋窩静脈の解剖のポイントとanterior condylar confluentの理解
      1)脳幹の静脈
      2)橋のsuperficial veins
      3)延髄のsuperficial veins
      4)中脳のsuperficial veins
      5)小脳の静脈
      6)Petrosal draining group
      7)Galenic draining group
      8)Tentorial draining group
      9)Anterior condylar confluence
  <3>経静脈的アプローチに必要なデバイスの準備とtechnical tips【田上秀一】
    A.ガイディングシステム
      1)下錐体静脈洞を介した海綿静脈洞へのアプローチ
      2)顔面静脈や浅側頭静脈を介したCSへのアプローチ
      3)横S状静脈洞へのアプローチ
      4)その他の特殊なアプローチ
    B.マイクロカテーテルとガイドワイヤー
    C.塞栓物質
    D.システム数
    E.動脈側のデバイス
  <4>深部静脈系と海綿静脈洞の読影と解剖【石黒友也】
    A.深部静脈系の発生と解剖
    B.海綿静脈洞の発生と解剖

[9]Air Sinus(構造とその修復)
  <1>Frontal sinus, Ethmoid sinusおよびSphenoid sinus【大山健一,田原重志,森田明夫】
    A.Frontal sinus(前頭洞)
      1)解剖
      2)修復手技
    B.Ethmoid sinus(篩骨洞)
      1)解剖
      2)修復手技
    C.Sphenoid sinus(蝶形骨洞)
      1)解剖
      2)修復手技
  <2>側頭骨のair cell【中島伸幸,河野道宏】
    A.側頭骨petrous partのair cells
    B.Mastoid cellsと手術における注意点
    C.Petrous cellsと手術における注意点

[10]Batson静脈叢【山崎郁郎】
  A.解剖
    1)Batson静脈叢の歴史
    2)Batson静脈叢の解剖
  B.Batson静脈叢の機能と臨床的意義
    1)Batson静脈叢の機能
    2)Batson静脈叢の臨床的意義


索引

すべて見る

執筆者一覧

波出石弘  亀田総合病院脳神経外科主任部長 編著
石川達哉  秋田県立脳血管研究センターセンター長 編著
田中美千裕 亀田総合病院脳神経外科部長 編著
吉川剛平  秋田県立脳血管研究センター脳神経外科診療部 
清末一路  大分大学附属病院放射線部准教授 
河島雅到  佐賀大学医学部脳神経外科准教授 
井上 亨  福岡大学医学部脳神経外科教授 
Albert L Rhoton Jr. フロリダ大学脳神経外科 
中山若樹  北海道大学大学院医学研究科脳神経外科講師 
柴田亮行  東京女子医科大学病理学第1講座主任教授 
北川一夫  東京女子医科大学神経内科学講座主任教授 
川俣貴一  東京女子医科大学脳神経外科学講座主任教授 
前川秀継  徳島大学医学部脳神経外科 
里見淳一郎 徳島大学医学部脳神経外科准教授 
師井淳太  秋田県立脳血管研究センター脳神経外科診療部部長 
坂田義則  亀田総合病院脳神経外科部長代理 
幸治孝裕  岩手医科大学脳神経外科 
小笠原邦昭 岩手医科大学脳神経外科教授 
岩間 亨  岐阜大学大学院医学系研究科脳神経外科教授 
太田仲郎  札幌禎心会病院脳卒中センター 
谷川緑野  札幌禎心会病院脳卒中センターセンター長 
寺坂俊介  北海道大学大学院医学研究科脳神経外科診療教授 
山口 秀  北海道大学大学院医学研究科脳神経外科 
菱川朋人  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経外科 
伊達 勲  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経外科教授 
黒崎雅道  鳥取大学医学部脳神経外科教授 
西山健一  厚生連新潟医療センター脳神経外科部長 
田中雄一郎 聖マリアンナ医科大学脳神経外科教授 
佐瀬泰玄  聖マリアンナ医科大学脳神経外科 
後藤剛夫  大阪市立大学大学院医学研究科脳神経外科講師 
大畑建治  大阪市立大学大学院医学研究科脳神経外科教授 
石毛 聡  千葉県循環器病センター脳神経外科主任医長 
町田利生  千葉県循環器病センター脳神経外科部長 
小野純一  千葉県循環器病センター脳神経外科 
坂本繁幸  広島大学大学院医歯薬保健学研究院脳神経外科学 
井川房夫  広島大学大学院医歯薬保健学研究院脳神経外科学准教授 
栗栖 薫  広島大学大学院医歯薬保健学研究院脳神経外科学教授 
中川一郎  奈良県立医科大学脳神経外科講師 
中瀬裕之  奈良県立医科大学脳神経外科教授 
金丸和也  山梨大学医学部脳神経外科講師 
木内博之  山梨大学医学部脳神経外科教授 
鶴田和太郎 筑波大学医学医療系脳神経外科/脳卒中予防・治療学准教授 
久保道也  済生会富山病院脳神経外科主任部長 
田上秀一  大分大学医学部附属病院放射線部学内講師 
石黒友也  大阪市立総合医療センター脳血管内治療科医長 
大山健一  帝京大学医学部脳神経外科准教授 
田原重志  日本医科大学脳神経外科講師 
森田明夫  日本医科大学脳神経外科教授 
中島伸幸  東京医科大学脳神経外科講師 
河野道宏  東京医科大学脳神経外科主任教授 
山崎郁郎  亀田総合病院放射線科部長 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722