Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ整形外科 > 整形外科専攻ハンドブック

書籍詳細

整形外科専攻ハンドブック

整形外科専攻ハンドブック

山下敏彦  編集

B5判 374頁

定価(本体11,000円 + 税)

ISBN978-4-498-05474-5

2016年05月発行

在庫あり

札幌医科大学整形外科学教室の総力を結集してまとめられた研修医向けハンドブック。整形外科医を志す初期研修医および後期研修医(専攻医)を主要読者に想定し、運動器疾患の病態の要点解説、治療方針とその実際、さらには診療録の書き方、臨床研究の進め方、論文執筆の方法に至るまで、これから整形外科医を目指すにあたって知っておくべき必須知識を一冊に凝縮した。




 今日の医療において整形外科は,きわめて広い守備範囲を有し,しかも多様なポジションをこなすオールラウンドプレイヤーであると言えます.すなわち,整形外科が診療対象とする身体部位は,上肢(肩,肘,手),下肢(股,膝,足),脊柱(頚椎,胸椎,腰椎),体幹(胸郭,骨盤)などほぼ全身にわたります.また整形外科は,変性疾患,外傷(救急医療),スポーツ障害,骨軟部腫瘍,リウマチ,感染症,代謝性骨疾患,神経麻痺・疼痛,小児整形外科,リハビリテーション,マイクロサージャリー,再生医療など多様な疾患,医療分野を包括しています.
 一方,現代社会において整形外科の果たす役割,必要度はますます大きくなっています.近年の急速な社会の高齢化にともない,運動器(骨,関節,脊柱,筋肉,脊髄,末梢神経など身体を動かすための器官・組織)の退行変性疾患が増加しています.運動器の老化や脆弱化に起因する「ロコモティブシンドローム」は要介護の原因となり,その予防は健康寿命の延伸の観点から社会的な重要課題となっています.
 運動器の健康は,現代人がスポーツや芸術活動などを通して,より豊かな質の高い生活を送るためにも重要です.成長期から中高年までスポーツ活動が旺盛な今日,傷害予防や競技力向上のうえで整形外科のニーズは高まりつつあります.このように,整形外科は現代に生きる人々の期待を集める,主軸打者であるとも言えるのです.
 本書は,整形外科医を志す初期研修医,そして整形外科専門医を目指す後期研修医(専攻医)の皆さんが,運動器疾患の病態の要点を把握し,治療の方針と実際を的確に理解できるようサポートすることを目的としています.解説文は簡潔な記載とし,写真やイラストを多用して,より迅速かつ容易に理解が進むよう工夫しています.執筆は,日頃より研修医の指導にあたっている札幌医科大学整形外科学教室の各分野のエキスパートが分担して行いました.臨床においては,単に個々の症例を治療するだけでなく,その記録をしっかり残すこと,そしてそれらを分析して学会発表さらには論文として報告することが大切です.それは,皆さんの臨床家としての成長やキャリア・アップにも繋がるのです.本書では,診療録・資料の記録・保存や,臨床研究の進め方,論文執筆の方法についても巻末に解説しています.  
 整形外科の「有望ルーキー」とも言うべき研修医の皆さんが,本書を臨床の現場で,自主学習の場で大いに活用し,整形外科の面白さややり甲斐を実感することにより,近い将来,整形外科の「トップ・プレイヤー」になってくれることを願っています.  
 最後に,若い医師のために論文の書き方をご執筆頂いた石井清一名誉教授,そして本書の編集・作成にご尽力頂いた中外医学社の皆様に感謝申し上げます.


2016年4月
山下敏彦

すべて見る

目 次


1 脊椎・脊髄
  A.解剖〈吉本三徳〉
  B.診察法〈竹林庸雄〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.頚椎椎間板ヘルニア〈寺島嘉紀〉
    2.頚椎症性脊髄症〈寺島嘉紀〉
    3.頚椎後縦靱帯骨化症〈寺島嘉紀〉
    4.腰椎椎間板ヘルニア〈嘉野真允〉
    5.腰部脊柱管狭窄症〈嘉野真允〉
    6.腰椎すべり症(変性,分離)〈谷本勝正〉
    7.感染性脊椎炎〈谷本勝正〉
    8.脊柱側弯症〈竹林庸雄〉
    9.脊椎・脊髄損傷〈吉本三徳〉
  D.保存治療
    1.薬物療法〈寺島嘉紀〉
    2.理学療法〈村上孝徳〉
    3.装具療法〈村上孝徳〉
    4.神経ブロック療法〈寺島嘉紀〉
  E.手術治療
    1.頚椎疾患〈竹林庸雄〉
    2.腰椎疾患〈吉本三徳〉
    3.外傷〈寺島嘉紀〉

2 肩関節
  A.解剖〈道家孝幸〉
  B.診察法〈廣瀬聰明〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.インピンジメント症候群〈堀籠圭子〉
    2.腱板断裂〈堀籠圭子〉
    3.五十肩〈堀籠圭子〉
    4.石灰性腱炎〈道家孝幸〉
    5.上腕二頭筋長頭腱障害〈道家孝幸〉
    6.上方関節唇損傷〈道家孝幸〉
    7.肩関節脱臼〈廣瀬聰明〉
    8.投球障害肩〈廣瀬聰明〉
  D.保存治療〈堀籠圭子〉
  E.手術治療〈廣瀬聰明〉

3 肘関節
  A.解剖〈小笹泰宏〉
  B.診察法〈小笹泰宏〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.骨折〈高橋信行〉
    2.肘関節脱臼,靱帯損傷〈高橋信行〉
    3.野球肘〈射場浩介〉
    4.変形性関節症〈射場浩介〉
    5.上腕骨外側上顆炎〈射場浩介〉
    6.絞扼性神経障害〈織田 崇〉
  D.保存治療〈織田 崇〉
  E.手術治療〈和田卓郎〉

4 手関節・手
  A.解剖〈織田 崇〉
  B.診察法〈織田 崇〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.三角線維軟骨複合体損傷〈織田 崇〉
    2.手根不安定症〈射場浩介〉
    3.変形性関節症〈射場浩介〉
    4.Kienböck病〈射場浩介〉
    5.橈骨遠位端骨折〈小笹泰宏〉
    6.舟状骨骨折・偽関節〈小笹泰宏〉
    7.屈筋腱・伸筋腱損傷〈高橋信行〉
    8.靱帯損傷〈高橋信行〉
    9.拘縮〈高橋信行〉
    10.リウマチ手〈高橋信行〉
    11.絞扼性神経障害〈金谷耕平〉
    12.腕神経叢麻痺〈金谷耕平〉
    13.先天異常〈射場浩介〉
  D.保存治療
    1.運動療法〈白戸力弥〉
    2.装具療法〈加藤正巳〉
  E.手術治療
    1.手関節〈織田 崇〉
    2.手〈射場浩介〉
    3.外傷〈入船秀仁〉

5 マイクロサージャリー

6 股関節
  A.解剖〈佐々木幹人〉
  B.診察法〈名越 智〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.変形性関節症〈佐々木幹人〉
    2.臼蓋形成不全症〈佐々木幹人〉
    3.大腿骨頭壊死症〈加谷光規〉
    4.関節炎〈加谷光規〉
    5.大腿骨近位部骨折〈岡崎俊一郎〉
    6.大腿骨頭すべり症〈岡崎俊一郎〉
    7.Perthes病〈舘田健児〉
    8.先天性股関節脱臼〈舘田健児〉
  D.保存治療〈佐々木幹人〉
    1.理学療法
    2.装具療法
  E.手術治療〈名越 智〉
    1.成人
    2.小児

7 膝関節
  A.解剖〈渡邉耕太〉
  B.診察法〈渡邉耕太〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.変形性関節症〈寺本篤史〉
    2.大腿骨顆部骨壊死〈寺本篤史〉
    3.化膿性関節炎〈武田真太郎〉
    4.滑膜炎〈武田真太郎〉
    5.前十字靱帯・後十字靱帯損傷〈鈴木智之〉
    6.側副靱帯損傷〈鈴木智之〉
    7.半月損傷〈鈴木智之〉
    8.膝蓋骨脱臼〈鈴木智之〉
  D.保存治療〈渡邉耕太〉
    1.理学療法
    2.装具療法
  E.手術治療〈寺本篤史〉

8 足関節・足
  A.解剖〈寺本篤史〉
  B.診察法〈寺本篤史〉
  C.疾患・外傷の病態と診断
    1.変形性関節症〈小林拓馬〉
    2.靱帯損傷〈小林拓馬〉
    3.距骨骨軟骨病変〈神谷智昭〉
    4.後天性扁平足障害〈神谷智昭〉
    5.外反母趾〈神谷智昭〉
    6.内反足〈藤田裕樹〉
  D.保存治療〈渡邉耕太〉
    1.理学療法
    2.装具療法
  E.手術治療〈寺本篤史〉

9 骨軟部腫瘍
  A.診察法〈佐々木幹人〉
  B.病態と診断〈相馬 有〉
    1.良性骨腫瘍
    2.悪性骨腫瘍
    3.良性軟部腫瘍
    4.悪性軟部腫瘍
  C.治療法〈加谷光規〉
10 関節リウマチ〈渡邉耕太〉

11 骨粗鬆症〈射場浩介〉

12 慢性疼痛〈村上孝徳〉

13 診療録(カルテ)記載法と資料の整理〈射場浩介〉

14 臨床研究のすすめ方〈加谷光規〉

15 医学論文の書き方ABC〈石井清一〉


索引

すべて見る

執筆者一覧

山下敏彦  札幌医科大学医学部整形外科教授 編集
吉本三徳  札幌医科大学医学部整形外科講師 
竹林庸雄  札幌医科大学医学部整形外科准教授 
寺島嘉紀  札幌医科大学医学部整形外科助教 
嘉野真允  滝川市立病院整形外科診療部長 
谷本勝正  市立千歳市民病院整形外科主任医長 
村上孝徳  札幌医科大学医学部リハビリテーション医学講師 
道家孝幸  札幌医科大学医学部整形外科 
廣瀬聰明  麻生整形外科病院診療部長 
堀籠圭子  旭川厚生病院整形外科主任部長 
小笹泰宏  札幌医科大学医学部整形外科助教 
高橋信行  札幌医科大学医学部法医学助教/整形外科兼務 
射場浩介  札幌医科大学医学部整形外科准教授 
織田 崇  済生会小樽病院整形外科部長 
和田卓郎  済生会小樽病院副院長 
金谷耕平  JR札幌病院整形外科科長 
白戸力弥  北海道文教大学人間科学部作業療法学科准教授 
加藤正巳  札幌医科大学附属病院リハビリテーション部作業療法係長 
入船秀仁  札幌医科大学医学部救急医学講師 
佐々木幹人 JR札幌病院整形外科主任医長 
名越 智  札幌医科大学生体工学・運動器治療開発講座特任教授 
加谷光規  羊ヶ丘病院股関節外傷外科部長 
岡崎俊一郎 札幌医科大学医学部法医学 / 生体工学・運動器治療開発講座講師 
舘田健児  札幌医科大学医学部整形外科助教 
渡邉耕太  札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座教授 
寺本篤史  札幌医科大学医学部整形外科講師 
武田真太郎 釧路孝仁会記念病院整形外科部長 
鈴木智之  札幌医科大学医学部整形外科助教 
大坪英則  帯広協会病院整形外科部長 
小林拓馬  市立千歳市民病院整形外科医長 
神谷智昭  帯広協会病院整形外科主任医長 
藤田裕樹  北海道立子ども総合医療・療育センター整形外科医長 
相馬 有  北海道がんセンター腫瘍整形外科 
石井清一  札幌医科大学名誉教授 

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722