Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ癌・腫瘍一般・緩和医療 > 食道表在癌  マクロとミクロの接点

トップページ消化器 > 食道表在癌  マクロとミクロの接点

書籍詳細

食道表在癌  マクロとミクロの接点

食道表在癌  マクロとミクロの接点

桑野博行  編集

B5判 168頁

定価(本体7,400円 + 税)

ISBN978-4-498-14040-0

2015年09月発行

在庫あり

道表在癌は診断技術と治療法の進歩により,いまや「治り得る癌」となった.本書は,早期病変における内視鏡所見と組織所見の対比を示すことを通じ,食道癌診療の戦略を示すものである.食道癌治療においては,臨床医も病理(ミクロ)の視点を持ち,肉眼像(マクロ)からミクロ像をイメージできることが求められる.食道癌診療に携わる人の必携書.



 近年,医療の高度専門化に伴い,医療の専門分野や業務の細分化がもたらされ,一方で医療の統合,総合医療の重要性が指摘されつつも,各医師の知識や技術が「深く,狭い」方向に向かいがちな傾向も見られるようです.例えば病理診断を臨床医が受け取る際も,単にその文面のみで治療法を決定し,そしてその後の臨床の情報も病理医には届きにくい現状がみられ,常々「病理医と臨床医の双方向的協調」は専門分化が進むほど必要性を増す,と考えて参りました.例えば,病変における適正な生検部位の選択などを含む術前生検の精度向上をはかるには,私たち臨床医もミクロ(病理)のある程度の知識をもっていることは必要欠くべからざる要件と考えます.そして肉眼像からもミクロの像をイメージする確かな眼を持つことです.そのような観点からの「マクロとミクロの接点」が今日さらに重要性を増しているものと信ずるものです.

 一方,ここ数年の目覚ましい機器開発の進歩により拡大内視鏡などミクロの像と対比可能な病変観察の方法も開発されて参りました.将来ある種の病変では生検が必ずしも必要でないような局面を迎えるかもしれません.そのような意味における「マクロとミクロの接点」を学ぶことも今日的に重要なテーマの一つと考えます.

 この観点から本書のテーマである「食道表在癌」について考えますと,かつては,食道癌と言えば,その大半が進行した状態で発見され,その予後はきわめて不良なものでしたが,各種診断技術,特に色素内視鏡などの発達と普及により,早期病変の発見の機会も飛躍的に増し,治療法の進歩とあいまって,いわゆる「難治性癌」から「治り得る癌」に変わりつつあります.このように表在癌,就中,「早期癌」の増加は,病理学的検討や遺伝子学的もしくは分子病態学的検討を,さらに推進することに大きく寄与し,食道癌の発生や進展,それにかかわる因子などが明らかにされ,癌の病態の解明と,予後予測など臨床の現場に貢献する多くの知見をもたらしました.このような,「基礎研究」と「臨床医学」の広い範囲でのグローバルな「双方向的」な情報と成果の共有の中で核心的な役割を果たしてきたのが,前述した「肉眼的」形態学と「組織学的」それとの双方向的検討であります.内視鏡観察も従来の通常観察,色素内視鏡に加え,拡大観察や特殊光観察により,さらに組織所見への距離をなくすところまできています.

 本書では食道表在癌,とくに早期病変における内視鏡所見と組織所見の「双方向的」対比に基づき,食道癌の診断と治療のstrategyを探るべく,この分野の泰斗の方々に最新の知見を解説していただきました.

 本書が,食道癌の診断と治療の最新の道{みち}標{しるべ}となり,多くの臨床に携わる医師,そして基礎研究を推進すべく力を尽くしている医師に有意義な書となることを心から切望し,また「食道癌」という「各論」から,消化器癌もしくは「腫瘍」総論全体を考える「よすが」となることも合わせて心に置きつつ,巻頭のことばと致します.

2015年8月

群馬大学大学院病態総合外科(第一外科) 桑野博行

すべて見る

目 次



㈵ 診 断

1.早期癌・表在癌の病態…〈松原久裕 上里昌也〉
  1.病因
  2.早期癌
  3.表在癌(早期癌を除く)
2.拡大内視鏡診断…〈井上晴洋〉
  1.通常観察(非拡大)での内視鏡診断
   a.粘膜癌の拾い上げ
  2.拡大内視鏡による診断
   a.IPCL(上皮乳頭内血管)の発見に至るまで
   b.上皮内癌での血管の変化について
   c.IPCL分類の確立
   d.日本食道学会分類
3.内視鏡診断(超音波内視鏡)…〈有馬美和子〉
  1.EUSの機種
  2.EUSによる正常食道壁層構造
  3.細径超音波プローブによる表在食道癌の深達度診断
  4.T1a-MM/SM1診断の問題点と対策
  5.EUS専用機によるリンパ節転移診断
4.食道造影…〈加藤久人〉
  1.精密食道X線検査の手技
  2.病型と深達度診断
   a.0-㈼a型
   b.0-㈼b型
   c.0-㈼c型
   d.0-㈵型
   e.0-㈽型
5.画像診断 〈加藤広行 中島政信 百目木 泰 高橋雅一 菅原 学 室井大人 佐々木欣郎〉
  1.食道癌のリンパ節転移
  2.ポジトロン断層法(PET)によるリンパ節転移診断
  3.CT検査,MRI検査によるリンパ節転移診断
  4.遠隔転移診断
6.病理診断…〈柳澤昭夫 中尾龍太〉
  1.内視鏡的摘出標本の病理診断
   a.内視鏡的摘出標本の取扱い方,切り出し方
   b.内視鏡的切除標本の組織診断およびマクロとミクロの対比
  2.手術的摘出標本の病理診断



㈼ 治 療

1.内視鏡治療…〈森田周子 武藤 学〉
  1.治療適応
  2.治療の実際
   a.EMR
   b.ESD
   c.APC
  3.合併症
   症例提示 1.0-㈵,0-㈼a,0-㈼b,0-㈼c,0-㈽…〈島田英雄 西 隆之 新田美穂 
        千野 修 小澤壯治 幕内博康〉
    1.0-㈵型食道癌
    2.0-㈼a型食道癌
    3.0-㈼b型食道癌
    4.0-㈼c型食道癌
    5.0-㈽型食道癌
   症例提示 2.食道腺癌…〈門馬久美子 藤原純子〉
    a.概念と病態
    b.症例1
    c.症例2
   症例提示 3.M3,SM1症例(適応拡大症例)…〈酒井 真 宮崎達也 桑野博行〉
    a.症例1
    b.症例2
   症例提示 4.表層拡大型病変の限界…〈浦岡俊夫 堀 圭介 河原祥朗 矢作直久〉
    a.概念・病態
    b.症例
2.食道表在癌の手術療法…〈宮崎達也 桑野博行〉
  1.食道表在癌における手術適応
  2.手術術式の選択
   a.頸部食道癌
   b.胸部食道癌
   c.腹部食道癌(食道胃接合部癌)
  3.手術術式の実際
   a.右開胸食道切除術
   b.胸腔鏡下食道切除術
   c.左開胸開腹下部食道切除術
   d.非開胸経食道裂孔的食道切除術(食道抜去術)
  症例提示 1.0-㈵,0-㈼a,0-㈼b,0-㈼c,0-㈽…〈島田英雄 西 隆之 新田美穂 
       千野 修 小澤壯治 幕内博康〉
   1.0-㈵型食道癌
   2.0-㈼a型食道癌
   3.0-㈼b型食道癌
   4.0-㈼c型食道癌
   5.0-㈽型食道癌
  症例提示 2.食道腺癌…〈宮崎達也 桑野博行〉
    a.概念・病態
    b.症例1
    c.症例2
  症例提示 3.特殊型…〈田中 求 大森 泰 川久保博文 竹内裕也 向井萬起男 北川雄光〉
   1.食道悪性黒色腫
    a.概念・病態
    b.症例1
   2.食道癌肉腫
    a.概念・病態
    b.症例2
   3.食道類基底細胞癌
    a.概念・病態
    b.症例3
  症例提示 4.壁内転移症例…〈奥村 浩 尾本 至 辺木文平 内門泰斗 喜多芳昭 
       松本正隆 大脇哲洋 石神純也 夏越次〉
    a.概念・病態
    b.症例1
    c.症例2
  症例提示 5.同時性多発食道表在癌(7重癌)症例…〈藤 也寸志 森田 勝 杉山雅彦 
       井野彰浩 西山憲一〉
    a.概念・病態
    b.症例
3.食道表在癌に対する放射線療法…〈西村恭昌〉
  1.根治照射の治療成績
  2.内視鏡的治療との併用
  3.治療計画と照射法
  4.合併症と経過観察
   症例提示 1.術前化学療法著効例…〈川久保博文 竹内裕也 北川雄光〉
    a.概念・病態
    b.症例 

索引

すべて見る

執筆者一覧

桑野博行  群馬大学大学院病態総合外科学教授 編集
松原久裕  千葉大学大学院医学研究院先端応用外科教授 
上里昌也  千葉大学大学院医学研究院先端応用外科講師 
井上晴洋  昭和大学江東豊洲病院消化器センター教授 
有馬美和子 埼玉県立がんセンター消化器内科副部長 
加藤久人  虎の門病院健康管理センター 
加藤広行  獨協医科大学第1外科教授 
中島政信  獨協医科大学第1外科准教授 
百目木 泰 獨協医科大学第1外科講師 
高橋雅一  獨協医科大学第1外科 
菅原 学  獨協医科大学第1外科 
室井大人  獨協医科大学第1外科 
佐々木欣郎 獨協医科大学第1外科准教授 
柳澤昭夫  京都府立医科大学大学院人体病理教授 
中尾龍太  京都府立医科大学大学院人体病理,京都第一赤十字病院病理診断科 
森田周子  京都大学医学部附属病院消化器内科 
武藤 学  京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療学講座教授 
島田英雄  東海大学付属大磯病院外科教授 
西 隆之  東海大学付属大磯病院外科 
新田美穂  東海大学付属大磯病院外科 
千野 修  東海大学付属東京病院外科 
小澤壯治  東海大学消化器外科教授 
幕内博康  東海大学外科 
門馬久美子 がん・感染症センター都立駒込病院内視鏡科部長 
藤原純子  がん・感染症センター都立駒込病院内視鏡科医長 
酒井 真  群馬大学大学院病態総合外科学(第1外科) 
宮崎達也  群馬大学大学院病態総合外科学(第1外科) 

すべて見る

電子書籍で購入する

食道表在癌  マクロとミクロの接点
   定価7,992円(本体7,400円 + 税)
   2015年09月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722