Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ内科学一般 > プライマリケアで診る小児感染症 7講

書籍詳細

プライマリケアで診る小児感染症 7講

プライマリケアで診る小児感染症 7講

黒木春郎 著

118頁

定価(本体2,400円 + 税)

ISBN978-4-498-02124-2

2015年03月発行

在庫あり

ベテラン小児科医が,豊富な経験から得た診療ノウハウを伝授する.感冒・インフルエンザ・易感冒など,小児プライマリケアで日常的に接する,感染症を中心とした疾患について,ガイドラインを踏まえ,ガイドラインには書いていない診かたや考えかたについて書き下ろした.ありふれた疾患の中にこそ医療の本質がある.すべての医療者の必読書.



 小児医療の臨床で,ガイドラインに精通しマニュアルを手放さないことは必要だ.また,各論文に目を通し,世界の医療水準を理解しておくことも必須だ.しかし,臨床の医師は,そうした作業のみで良質の診療が可能だろうか.
 臨床医の仕事の中身は,実は言語化(論文化)されない部分が大きい.ガイドラインどおりマニュアルどおりでは何としても仕事にならないことはしょっちゅうだ.むしろ,先輩,同僚との会話のなかに重要な技術が含まれていることもある.おそらく他の職種でも同様だと思うが,技術には明確に言語化されないで伝わる種類のものがある.しかしこの10年ほど,医師研修制度の変遷に伴い,そのような技術の伝承状態が変化してきていると感じてきた.
 そこで,ここでは小児科の日常診療で遭遇する機会の多い疾患,特に感染症関連につき,私の経験をベースに,実感が伝わり,かつ診断の根拠が明確であるように執筆した.従来の教科書,ガイドラインとはおのずと異なる内容の部分もある.けれどもそれは教科書やガイドラインを否定するためではない.むしろそれらを前提としたうえで,臨床の現場に向かい合うためのひとつの方途として私の経験が「伝わる」ことを願って書いたのだ.
 読者の日頃の診療のお役に立つことができれば何より嬉しい.

2015年2月
黒木春郎

すべて見る

目次

第1講 序 章
 はじめに
 子どもと大人は違う
 まず緊急性の有無をみきわめよう
 技術は数値化できない
 なぜ医師は診断できるのか
 議論できる環境をもつこと
 患者さんと接する際に(1):指示は具体的に
 患者さんと接する際に(2):見通しを語ることの大切さ 

第2講 感冒(風邪)の診かた
 感冒診療は雑用か?
 感冒診療の意義
 感冒とは
 重篤な疾患との鑑別
 GASとの鑑別の重要性
 GASとの鑑別
 西洋医学の範疇における感冒の治療
 感冒への誤った対応・処方
 なぜ感冒に抗菌薬が処方され続けるのか
 些細なことの大切さ
 アメリカでは何が起きたか―感冒治療における矛盾
 漢方による感冒治療の可能性
 漢方処方の基礎:随証治療
 漢方薬による治療:感冒初期
 漢方薬による治療:咽頭炎
 漢方薬による治療:鼻汁,痰
 発熱に関連する考察−東洋医学と西洋医学における共通の論理
 おわりに

第3講 GASによる咽頭扁桃炎の診かた
 「首の痛み」が主訴の男児
 GAS合併症 その1:急性糸球体腎炎
 「首を頻繁に振る」子ども
 GAS合併症 その2:PANDAS
 確定診断をつけておくことの重要性
 迅速診断をする基準
 GAS迅速診断キットの使用法と原理
 GAS迅速診断キットのpit fallなど
 GAS感染症の標準治療
 米国と同じでよいのか?
 文化としての医療
 短期療法の臨床研究
 服薬コンプライアンスの視点から
 短期療法の実際 

第4講 下気道感染症の診かた
 下気道感染症とは
 洗浄痰培養
 プライマリケアにおける洗浄痰培養
 洗浄痰培養結果の疫学的考察
 細菌の薬剤耐性機序
 実際の抗菌薬選択
 マイコプラズマ肺炎を考慮して
 わが国のガイドラインについて
 肺炎は外来治療が可能である
 抗菌薬使用をめぐる議論  

第5講 インフルエンザの診かた
 メディアリテラシー
 インフルエンザの疫学と病態
 インフルエンザ脳症について
 抗インフルエンザウイルス薬は積極投与すべきか
 わが国で使用できる抗インフルエンザ薬
 オセルタミビルの副反応について
 タミフル®「耐性」ウイルスとメディアリテラシー
 インフルエンザと漢方
 インフルエンザの具体的な治療法
 ラニナミビルの服薬指導
 何日間休ませればよいのか
 症状がない抗原陽性「患者」
 近未来のインフルエンザ治療:抗ウイルス薬
 近未来のインフルエンザ治療:ワクチン
 新型インフルエンザ等対策特別措置法  

第6講 易感冒の診かた
 易感冒という概念
 易感冒の定義
 久保政次の研究
 小児気道疾患鳥瞰図
 易感冒とアレルギー性鼻炎
 アレルギー性気管支炎
 マルチネスの喘息疫学研究
 ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)による
 易感冒治療の可能性
 漢方では柴胡桂枝湯
 おわりに

第7講 ワクチンの考えかた
 三重大劇症肝炎感染事件
 予防医療の歴史
 ワクチンの基本的考えかた
 日本におけるワクチン接種の現状
 ワクチンへの反発はなぜ起こるのか
 当院のある,千葉県いすみ市の例
 注目すべきワクチン その1:ロタウイルスワクチン
 ロタウイルス感染症の病態
 ロタウイルス感染症の疾病負担の高さ
 ロタウイルスワクチンの登場
 ロタウイルスワクチン導入後のインパクト
 注目すべきワクチン その2:B型肝炎ワクチン
 B型肝炎の疫学
 セレクティブワクチネーションから
 ユニバーサルワクチネーションへ
 現場からの変革 

おわりに
索引

すべて見る

執筆者一覧

黒木春郎   著

すべて見る

電子書籍で購入する

プライマリケアで診る小児感染症 7講
   定価2,592円(本体2,400円 + 税)
   2015年03月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722