Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページアレルギー・膠原病・リウマチ > 小児アレルギー疾患診療ハンドブック

トップページ小児科 > 小児アレルギー疾患診療ハンドブック

書籍詳細

小児アレルギー疾患診療ハンドブック

小児アレルギー疾患診療ハンドブック

清益功浩  著

A5判 200頁

定価(本体4,000円 + 税)

ISBN978-4-498-14536-8

2015年03月発行

在庫あり

アレルギー疾患,特に小児のアレルギー疾患については,治療が難しいというイメージが付きまとう.しかしEBMを踏まえた診療ガイドラインも充実した今日,その勘所を踏まえ,また小児と成人の違いを理解して当たれば,その治療は決して難しくない.エキスパートである著者が,ガイドライン中の必須知識と自らの臨床経験とを1冊にまとめた必携書.

はじめに


 医学的根拠に基づく治療は重要です.特に医学的根拠を集めて刊行されたガイドラインは重要で,診療の助けになるのは自明です.しかし,すべての患者がガイドラインだけで治療管理できるとは限らないのが現状です.それは,患者には個人差がある一方で,医学的根拠の原則は,最大多数の最大幸福の理念の下に成り立っているからであります.そこで,臨床医は,経験に基づいて,目の前の患者の有する個人差を見つけ出さなければいけないのです.医学的根拠は診療の現場にもあるはずです.
 NBM(Narrative-based Medicine)は物語と対話による医療と呼ばれ,EBM(Evidence-based Medicine)とは異なる考え方として提唱されています.NBMの「ナラティブ」は「物語」と訳されます.患者が対話を通じて語る病気になった理由や経緯,病気について,いまどのように考えているかなどの「物語」から,医師は病気の背景や人間関係を理解し,患者の抱えている問題に対して全人的(身体的,精神・心理的,社会的)にアプローチしていこうとする臨床手法です.これは正に臨床現場で普段,行われていることです.ヒットした映画の中で,「事件は現場で起きている」というセリフがありましたが,「医療は現場で起こっている」のです.まさに,先生方の診察現場が重視されるべきなのです.その意味で,本書をCBM(Clinic-based Medicine)のようなイメージを持って読んでいただけたら幸いです.
 70%治療効果のある薬Aと50%治療効果のある薬Bがあるとして,70%もあるなら薬Aを使う判断になります.これが,ある意味,正しいでしょう.しかし,患者によっては,薬Aで効果のない30%に含まれ,50%の効果のある薬Bが有効かもしれません.その場合,その人にとって,薬Aは0%効果で,薬Bは100%効果があったことになります.つまり,コップに入れたサイコロの目と同じです.予想しているときには,確率的に1/6ですが,コップをとり除いた後は,どの数字も100%なのです.ですから,臨床医である私がこの書籍の依頼を受けたときに考えたのは,EBMは大事ですが,いかに診察現場でそのEBMやガイドラインを使うかを書くことが使命だということでした.私事ですが,症例報告を数多く書いています.エビデンスレベルは低いです.しかし,臨床は経験です.これらを他山の石として,多くの先生の経験を疑似体験できれば,臨床医として1歩前に進めるのではないでしょうか? 今回,中外医学社のご厚意で本書を出版できることに深謝申し上げます.

2015年1月
清益功浩

すべて見る

目 次

序章 アレルギー専門医と非専門医の対話
1.アレルギーの基礎知識
 ■アレルギーとは
 ■アレルギー性疾患が増えているかどうか?
 ■アレルギー反応の分類
 ■アレルギー反応
 ■小児と成人の違いについて

2.小児の特性
 ■身長と体重
 ■脳の発達
 ■歯の発達
 ■呼吸
 ■運動機能
 ■水分量
 ■小児の皮膚の特徴
 ■免疫状態

3.EBMの診かた・考えかた
 ■医療紛争に備えて知っておくべき法知識
 ■コミュニケーションスキルについて

4.小児に多いアレルギー性疾患の診かた・考えかた
 A.食物アレルギー
  ■定義
  ■食物アレルギーの病態
  ■食物アレルギーの症状
  ■食物アレルギーの診断
   1.問診
   2.検査
   3.負荷試験
  ■食物アレルギーの治療
   1.食事療法
   2.薬物療法
   3.症状発現時の治療
   4.経口免疫療法
  ■教育現場への指導
  ■症例
 B.食物依存性運動誘発アナフィラキシー
  ■定義
  ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの症状
  ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの診断
   1.問診
   2.血液検査
   3.誘発試験
  ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの治療
 C.アトピー性皮膚炎
  ■定義
  ■アトピー性皮膚炎の病態
  ■アトピー性皮膚炎の原因
  ■アトピー性皮膚炎の診断
  ■アトピー性皮膚炎の検査
  ■アトピー性皮膚炎の症状
  ■アトピー性皮膚炎の重症度
  ■アトピー性皮膚炎の治療
   1.原因・悪化因子
   2.スキンケア
   3.薬物療法
  ■症例
 D.気管支喘息
  ■定義
  ■小児気管支喘息の検査
   1.問診
   2.血液検査
   3.呼吸機能検査
  ■気管支喘息の自然歴
  ■小児気管支喘息の発作の状態
  ■小児喘息に対する保護者の意識
  ■小児気管支喘息の治療
   1.急性発作の治療(2歳以上)
   2.長期管理の治療(2歳以上)
   3.急性発作の治療(2歳未満)
   4.長期管理の治療(2歳未満)
  ■気管支喘息の管理
  ■吸入器について
  ■小児気管支喘息のQOL
  ■症例
 E.アレルギー性鼻炎
  ■定義
  ■アレルギー性鼻炎の機序
  ■花粉症の疫学
  ■花粉の飛散時期
  ■アレルギー性鼻炎の検査
   1.問診
   2.検査
   3.好酸球検査
   4.鼻誘発テスト
  ■アレルギー性鼻炎の症状
  ■アレルギー性鼻炎の治療
   1.保護者と患児とのコミュニケーション
   2.抗原の除去と回避
   3.薬物療法
   4.アレルゲン免疫療法
   5.手術療法
  ■アレルギー性鼻炎の合併症
 F.蕁麻疹
  ■蕁麻疹の定義
  ■蕁麻疹の疫学
  ■蕁麻疹の病態に関与する因子
  ■蕁麻疹の主たる病態
  ■蕁麻疹の治療
   1.原因の特定
   2.再現性のための検査
   3.対症療法
  ■症例

5.薬の使い方
 A.ケミカルメディエーター遊離抑制薬
 B.ヒスタミンH1受容体拮抗薬
 C.ロイコトリエン受容体拮抗薬
 D.Th2サイトカイン阻害薬
 E.ステロイド薬
 F.テオフィリン製剤
 G.アドレナリン
 H.β2刺激薬
 I.漢方薬
 J.その他
  ■抗IgE抗体(オマリズマブ)
  ■今後の治療薬
  ■アレルギーを持つ子に対する予防接種

索 引

すべて見る

執筆者一覧

清益功浩   著

すべて見る

電子書籍で購入する

小児アレルギー疾患診療ハンドブック
   定価4,320円(本体4,000円 + 税)
   2015年03月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722