Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ薬物療法 > マンガで学ぶ漢方薬

トップページ東洋医学・漢方医学 > マンガで学ぶ漢方薬

書籍詳細

マンガで学ぶ漢方薬

マンガで学ぶ漢方薬

板倉英俊 著

B5変型判 168頁

定価(本体2,000円 + 税)

ISBN978-4-498-06912-1

2014年12月発行

在庫あり

漢方を学ぶにあたり最大の障壁となるのは「証」「五臓理論」「四診」「気・血・水」といった独自の用語と理論ですが、これを乗り越えなければ漢方薬を正しく使いこなすことはできません。そこで「マンガで学ぶ医学」シリーズ第三弾の本書では、予備知識がゼロの方でも無理なく学べるようにマンガや図解を駆使して漢方薬とその周辺知識について徹底的に解説しました。漢方学習のファーストステップに最適な一冊です!

まえがき

 漢方薬は効くの?
 答えは、YES でもあり、NO でもあります。
 周囲に葛根湯を飲んだ経験があるか尋ねると、かなりの割合で飲んだ経験があります。そして、効いたという人と効かないという人とは、半々くらいでしょうか?
 前者は、ゾクゾクと寒気があって、頭や肩が痛いときに飲むと、汗をかきよくなると答えてくれます。本当に模範解答のように答えてくださいます。
 後者は、風邪をひいたから、一日3 回4 日間葛根湯を飲んだけれど効かなかった、とおっしゃります。これまた、典型的な効かない飲み方をしてくださっています。
 葛根湯が効くと評価してくださった方は、どういう時期に、どういう症状で、どのように飲むとよくて、どうなるのが治る「サイン」なのかを把握してくださっているのです。素晴らしい!
 一方、風邪だから葛根湯を内服するというのは、西洋医学的な考えと投与法です。ここには本来、必要とされるコツや知恵が含まれていません。
 今回、この本を書くにいたったのは上のようなことがきっかけです。
 漢方医学とは、ただ薬を飲めばいいというのではなくて、病気のどんな時期に、どんな症状で、どれくらいの期間飲むかという、薬にまつわる色んなコツや知恵、養生などを総合的にまとめたものなのです。
 「おばあちゃんの知恵の体系化」みたいなものが漢方医学なのです。
 昔の人が観察して蓄積したことをあーでもない、こーでもないと、色んな成功や失敗を繰り返して、今の世の中に残してくれた大きなコツと知恵の財産なのです。
 こうしたコツや知恵を学ぶには、少し昔の時代背景やその言葉を知っておく必要があります。最初はそこに難しさを感じるかもしれませんが、実際に多くの人が使ってきたものなので、すぐ慣れてしまいます。漢方の上達の鍵は「学ぶより慣れろ」です。
 実際に臨床をはじめると、西洋医学だけでは「診断できない」「治療できない」、そんな病態がいっぱいあります。そのため、患者さんが訴えていることを西洋医学的には適切に診断をつけられなくて、不定愁訴として片付けられていることもよく見かけます。こうした不定愁訴でも、視点が異なる漢方医学の理論や知識を勉強することで、はじめて病態が理解できて、納得して共感して医療が行えるようになります。しっかりと漢方医学を学べば、本当の難病にも役立つ武器となります。
 この本は、大学病院に臨床研修に来ている学生や研修医の指導内容をもとに記載しました。
マンガだからこそ伝わる行間や雰囲気があるのではないかと思っています。
 この本から、漢方の世界に一歩を踏み出していただければと思います。そして、さらにステップアップしたい方には素晴らしい書籍があります。加島雅之先生の『漢方薬の考え方、使い方』です。こちらの本も続けて読んでいただければと思います。

ようこそ、すてきな漢方の世界へ!

板倉 英俊

すべて見る

目 次

プロローグ

第1章 証
● 西洋医学と東洋医学
● 証
● フォローアップ
 ・病因とは?
 ・病位とは?
 ・病態とは?
 ・病期とは?
● 症例

第2章 五臓理論
● 五臓理論
●「肝」≠肝臓
● フォローアップ
 ・なんで五臓?
 ・「心は血脈を主る。神志を主る」
 ・「肺は気を主り、宣発・粛降を主る。水道を通調し、百脈を朝める」
 ・「脾は運化を主り、昇清を主り、統血を主る」
 ・「肝は疏泄を主る。蔵血を主る」
 ・「腎は精を蔵し、発育と成長を主る。水を主る。納気を主る」
 ・五臓の相互関係

第3章 めぐるもの 気・血・津液
● 3つのめぐるもの
● 気とは
● 血とは
● 津液とは
● フォローアップ
 ・気・血・津液とは?
 ・気と病
 ・血と病
 ・津液(水)と病

第4章 診察法(四診・脈診・腹診)
● 四診
● 望診(舌診)
● 脈診
● 腹診
● フォローアップ
 ・四診とは?

第5章 漢方薬の治療
● 漢方薬の治療の定石
● 和法
● 温法
● 清法
● 補法・消法
● フォローアップ
 ・「外感を治するのは将の如し」
 ・「内傷を治するのは相の如し」

エピローグ
索引

すべて見る

執筆者一覧

板倉英俊  著

すべて見る

電子書籍で購入する

マンガで学ぶ漢方薬
   定価2,160円(本体2,000円 + 税)
   2014年12月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722