Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ脳・神経 > 頭痛治療薬の考え方、使い方

書籍詳細

頭痛治療薬の考え方、使い方

頭痛治療薬の考え方、使い方

竹島多賀夫 編著

A5判 296頁

定価(本体4,600円 + 税)

ISBN978-4-498-22828-3

2014年11月発行

在庫なし

頭痛治療で用いる薬剤の特性とその使い方などをまとめた.2013年に日本頭痛学会,神経学会による慢性頭痛の診療ガイドラインが改訂公開され,2014年には日本頭痛学会による国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)の日本語訳が刊行された.本書では,それらの最新の情報を踏まえて解説されている.各治療薬についてはエキスパートが詳細に記述し,ほぼ全ての読者が何らかの新しい知識を得られるだろう.

•序•

 わが国でも頭痛に興味をもつドクターが増えており,また,頭痛の正確な診断や有効な治療を求めて受診する頭痛患者もふえてきた.インターネットで頭痛外来を検索すると多数ヒットする.患者さんからの話や,講演会,研究会,学会等で接する情報からは,わが国の頭痛外来はまだまだ玉石混淆の感が否めない面があるが,頭痛に関する認知や関心が徐々に高まりつつあることは喜ばしい.
 欧米より10年遅れたが,2000年以降,わが国でも経口トリプタンが使用可能となり,日本頭痛学会,日本神経学会の働きかけにより,片頭痛予防薬もロメリジンに加え,バルプロ酸やプロプラノロールが公知申請で適応追加され,また,アミトリプチンやベラパミルが保険診療における適応外使用が認められるようになった.群発頭痛の治療では2008年に,スマトリプタンの自己注射キットが認可され,ベラパミルやプレドニゾロンの予防療法薬の適応外使用が認められている.このようにわが国の頭痛医療の環境も整いつつある.2013年,日本頭痛学会,神経学会は慢性頭痛の診療ガイドライン2013を改訂公開し,さらに,2014年10月には日本頭痛学会から国際頭痛分類第3版beta版(ICHD―3β)の日本語訳が出版された.国際標準で頭痛を診断し,わが国で選択可能な治療法についてエビデンスに基づいた標準的治療法の情報にアクセス可能となっている.
 2013年末に,中外医学社の小川孝志様から頭痛治療薬の本の監修の相談をいただいた.比較的少人数で分担執筆をということであった.以前から頭痛治療に使用する薬剤についての情報をまとめた本があればと考えていたので,すぐにお引き受けした.ガイドラインや国際頭痛分類を補完するような書籍にできればと考えた.執筆者には,親交のある関西の頭痛のエキスパートで,これからの日本の頭痛医療を担う先生方にお願いした.多くの頭痛患者をみておられ,頭痛学会の各種委員会等で活躍されている方ばかりである.それぞれの持ち味を生かし,エビデンスとそれぞれの臨床経験に基づいて,各治療薬の徹底解説をお願いした.I章は序章として片頭痛と群発頭痛のポイントをまとめ,II章 急性期治療薬,III章 予防薬,IV章 サプリメント,代替療法,漢方薬,非薬物療法の構成とした.詳細に記述されており辞書的な使用も可能であるが,通読いただければ,ほとんどすべての読者が何かこれまで知らなかった情報を得ることができると思われる.V章では,様々な頭痛の実際の治療について,テーマごとに執筆をお願いした.各種頭痛の治療,妊婦や小児,高齢者の頭痛の他,これまであまり取り上げられてこなかった一次性頭痛や,群発頭痛以外の三叉神経自律神経性頭痛についても,実際的な治療の解説をいただいた.
 本書では原則として,ICHD―3βに沿って記述していただいた.執筆者の多くは,ICHD―3βの翻訳にも協力いただいており,最新の情報を盛り込むことができたことも幸いであった.
 本書が頭痛診療に携わる多くの方に何がしかのご参考になり,わが国のオーソドックスな頭痛医療,国際標準の頭痛診断と,エビデンスに基づいた頭痛治療の普及に貢献することができれば,著者一同,望外の喜びである.

2014年10月
著者一同を代表して
竹島多賀夫

すべて見る

目 次

I 序章
 1 片頭痛概論:分類と診断 〈粟木悦子〉
  A.片頭痛の疫学
  B.片頭痛の誘発・増悪因子
  C.片頭痛の分類と診断
  D.診断上の注意事項
 2 片頭痛のメカニズム(CSD,三叉神経血管説)〈古和久典〉
  A.血管説
  B.神経説
  C.三叉神経血管説
  D.下降性疼痛調節系
  E.アロディニアと感作
  F.家族性片麻痺性片頭痛の原因遺伝子
  G.“片頭痛”脳
 3 群発頭痛,TACsの分類と診断 〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
  A.群発頭痛の診断
  B.発作性片側頭痛の診断
  C.短時間持続性片側神経痛様頭痛発作の診断
  D.持続性片側頭痛の診断
 4 国際頭痛分類,慢性頭痛の診療ガイドライン,頭痛ダイアリー〈竹島多賀夫〉

II 急性期頭痛治療薬を知り尽くす
 1 急性期治療薬の種類と使用原則 〈西郷和真〉
  A.片頭痛急性期治療薬の種類
  B.片頭痛薬剤使用方法(タイミング,使用量,使用頻度)
  C.急性期片頭痛(発作期)の経過と内服薬のタイミング
  D.緊張型頭痛における急性期治療薬
  E.群発頭痛における急性期治療薬
 2 アセトアミノフェン 〈西郷和真〉
 3 NSAIDs 〈西郷和真〉
 4 インドメタシン 〈西郷和真〉
 5 COX―2阻害薬 〈西郷和真〉
 6 トリプタン治療総論 〈粟木悦子〉
 7 スマトリプタン経口錠 〈粟木悦子〉
 8 スマトリプタン非経口薬 〈粟木悦子〉
 9 ゾルミトリプタン 〈石崎公郁子〉
 10 エレトリプタン 〈石崎公郁子〉
 11 リザトリプタン 〈石崎公郁子〉
 12 ナラトリプタン 〈高橋牧郎〉
 13 アルモトリプタン,フロバトリプタン 〈高橋牧郎〉
 14 エルゴタミン 〈古和久典〉
 15 ゲパント系薬剤(抗CGRP抗体) 〈古和久典〉
 16 メトクロプラミド,ドンペリドン(経口) 〈中野俊也〉
 17 メトクロプラミド(静注,筋注) 〈中野俊也〉
 18 プロクロルペラジン,クロルプロマジン,ハロペリドール,ドロペリドール 〈中野俊也〉
 19 ジアゼパム(静注)〈高橋牧郎〉
 20 ステロイド(静注)〈菊井祥二・竹島多賀夫〉

III 頭痛予防薬を知り尽くす
 1 予防薬の種類(片頭痛/緊張型・群発)〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
  A.片頭痛の予防療法薬
  B.緊張型頭痛の予防療法
  C.群発頭痛の予防療法薬
 2 予防薬の始め方・切り方(使用原則)〈粟木悦子〉
  A.予防治療薬の使い分け
  B.予防薬を終了するタイミング
 3 ロメリジン,ベラパミル 〈中野俊也〉
 4 バルプロ酸,トピラマート 〈稲垣美恵子〉
 5 レベチラセタム,ガバペンチン,プレガバリン 〈高橋牧郎〉
 6 カルバマゼピン,クロナゼパム,ラモトリギン 〈高橋牧郎〉
 7 β遮断薬 〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
 8 三環系抗うつ薬 〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
 9 新規抗うつ薬(SSRI,SNRI,NaSSA) 〈中野俊也〉
 10 ACE阻害薬,ARB 〈中野俊也〉
 11 チザニジン 〈中野俊也〉
 12 オランザピン,その他の非定型抗精神病薬 〈中野俊也〉

IV サプリメント,代替療法,漢方薬,非薬物療法
 1 リボフラビン,葉酸 〈古和久典〉
 2 マグネシウム(静注療法も含む) 〈古和久典〉
 3 Feverfew,バターバー,その他のハーブ 〈古和久典〉
 4 漢方薬 〈西郷和真〉
 5 ボツリヌス毒素 〈西郷和真〉
 6 食事療法 〈石崎公郁子〉
 7 頭痛体操,鍼灸,カイロプラクティクス 〈高橋牧郎〉

V 頭痛治療戦略の実際
 1 慢性片頭痛の治療戦略 〈竹島多賀夫〉
  A.慢性片頭痛の診断
  B.慢性片頭痛の治療
  C.難治例のアプローチ
  D.難治性慢性片頭痛の対処法
 2 薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)の対処法〈竹島多賀夫〉
  A.MOHの有病率と主要症状
  B.MOHの診断
  C.鑑別診断
  D.MOH治療の実際
  E.MOHの予防
 3 月経関連片頭痛,純粋月経時片頭痛の治療戦略 〈稲垣美恵子〉
  A.女性ホルモンと片頭痛
  B.純粋月経時片頭痛と月経関連片頭痛
  C.月経関連片頭痛の急性期治療
  D.月経関連片頭痛の予防療法
  E.月経困難症と片頭痛
 4 妊娠希望の片頭痛患者にどう対応するか 〈稲垣美恵子〉
  A.片頭痛の急性期治療
  B.片頭痛の予防薬物療法
 5 妊娠中の片頭痛・群発頭痛の治療 〈稲垣美恵子〉
  A.妊娠と片頭痛
  B.妊娠期の片頭痛急性期治療
  C.妊娠期の片頭痛予防療法
  D.群発頭痛と妊娠
  E.妊娠期の群発頭痛の治療
 6 授乳中の片頭痛・群発頭痛の治療 〈稲垣美恵子〉
  A.授乳期の片頭痛
  B.授乳期の片頭痛治療
  C.授乳期の群発頭痛と治療
 7 頭痛のない片頭痛の治療(閃輝暗点,腹部片頭痛など)〈高橋牧郎〉
  A.閃輝暗点
  B.小児周期性症候群
 8 緊張型頭痛の治療 〈竹島多賀夫〉
 9 反復性群発頭痛の治療 〈石崎公郁子〉
  A.急性期療法
  B.予防療法
  C.外科的療法
 10 慢性群発頭痛の治療 〈石崎公郁子〉
  A.薬物療法
  B.外科的療法
 11 インドメタシン反応性頭痛の治療のコツ 〈石崎公郁子〉
  A.発作性片側頭痛
  B.持続性片側頭痛
  C.その他の頭痛
 12 SUNCT/SUNAの治療 〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
  A.薬物治療
  B.外科的治療
 13 一次性雷鳴頭痛,性行為に伴う一次性頭痛,一次性運動時頭痛の治療 〈菊井祥二・竹島多賀夫〉
  A.一次性雷鳴頭痛
  B.性行為に伴う一次性頭痛
  C.一次性運動時頭痛の治療
 14 一次性穿刺様頭痛,貨幣状頭痛の治療 〈古和久典〉
  A.一次性穿刺様頭痛
  B.貨幣状頭痛
 15 睡眠時頭痛の治療 〈中野俊也〉
 16 精神疾患と頭痛(精神科疾患による頭痛の対処と,精神科疾患が共存する一次性頭痛の治療上の注意)〈粟木悦子・竹島多賀夫〉
  A.精神疾患による頭痛とその対処
  B.精神科疾患が共存する一次性頭痛とその治療上の注意
  C.精神疾患の共存と頭痛の予後
  D.精神疾患と頭痛治療薬の選択
  E.非薬物療法
 17 婦人科疾患と頭痛治療(経口避妊薬を服用している片頭痛患者の治療を含む)〈稲垣美恵子〉
  A.月経異常(月経困難症・月経前症候群)と頭痛
  B.OCと頭痛
  C.片頭痛とOC
  D.更年期障害と頭痛
 18 高齢者の一次性頭痛: 二次性頭痛の鑑別と一次性頭痛の治療〈竹島多賀夫〉
  A.高齢者の一次性頭痛の診断
  B.高齢者の一次性頭痛の治療
 19 小児の一次性頭痛: 二次性頭痛の鑑別と一次性頭痛の治療〈竹島多賀夫〉
  A.小児頭痛の治療
 20 三叉神経痛 〈西郷和真〉
  A.原因と分類
  B.診断
  C.治療
 21 後頭神経痛・他の頭頸部神経痛の治療 〈西郷和真〉
  A.後頭神経痛
  B.舌咽神経痛
  C.多発性硬化症(MS)による頭頸部の神経障害性疼痛
  D.ラムゼイ・ハント(Ramsay Hunt)症候群
  E.トロサ・ハント(Tolosa―Hunt)症候群
  F.傍三叉神経性眼交感症候群(レーダー症候群)

索引

すべて見る

執筆者一覧

竹島多賀夫 富永病院副院長 神経内科部長・頭痛センター長 編著
粟木悦子 鳥取県済生会境港総合病院神経内科部長補佐 
古和久典 鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科学分野准教授 
菊井祥二 富永病院神経内科副部長・脳卒中副センター長 
西郷和真 近畿大学医学部神経内科講師 
石崎公郁子 偕行会リハビリテーション病院内科・リハビリテーション科部長 
高橋牧郎 大阪赤十字病院神経内科部長 
中野俊也 鳥取大学医学部総合医学教育センター准教授 
稲垣美恵子  愛仁会千船病院産婦人科医長 

すべて見る

この商品に関連するキーワード

  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • J-IDEO
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722