Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ東洋医学・漢方医学 > 落語的漢方のすすめ

トップページ内科学一般 > 落語的漢方のすすめ

書籍詳細

落語的漢方のすすめ

落語的漢方のすすめ

−メディカル・エンタテインメント,蘭方のたわ言・漢方の寝言

佐藤純一 著 / 下田哲也 著

B6判 126頁

定価(本体1,800円 + 税)

ISBN978-4-498-06910-7

2014年08月発行

在庫あり

知らないふりして,実は漢方にも造詣の深い蘭方(=西洋医学)医と,中医学にも通暁した精神医学系漢方医が繰り広げる,軽妙洒脱にして抱腹絶倒の新ジャンル医学書.陰陽とは? 五行とは? 証とは? 絶妙な落語調のやりとりを,寄席芸をのぞく気分で読み進めれば,漢方医学の考え方を楽しみながら学ぶことが出来る.巷間にあふれる類書とは,ひと味違う漢方入門書の真打,ついに登場! 「月刊地域医学」連載を元に単行本化.

著者略歴

佐藤(さとう) 純一(じゅんいち)
茨城県赤十字血液センター所長
1980年 自治医科大学医学部卒業
東京都立豊島病院研修医
1983年 小笠原村立小笠原診療所医師
1985年 東京都立豊島病院内科医師
1987年 利島村国保診療所所長
1989年 東京都立豊島病院に復帰
1992年 (社)石岡第一病院院長
2009年 現職
著書
『臨床看護に役立つ検査値の読み方』(単著/日本看護協会出版会[1992])
『楽しく読んじゃう医学・看護学事典』(単著/日本看護協会出版会[1999])
『医療現場のコミュニケーション』(共著/医学書院[1999])
など

下田(しも だ) 哲也(てつ や)
下田医院院長
1982年 自治医科大学医学部卒業
都立墨東病院にて臨床研修,
利島村診療所や母島診療所にて勤務,
都立墨東病院,老人医療センター,都立広尾病院にて精神科臨床に従事
1993年 都立豊島病院東洋医学科主任
1995年 下田医院(内科,精神科,漢方全般)開業
焦樹徳教授,武沢民教授といった老中医に師事
著書
『医者とハサミは使いよう』(単著/コモンズ[2002])
『漢方の診察室』(単著/平凡社[2003])
『研修医・コメディカルのための精神疾患の薬物療法講義』(共著/金剛出版[2013])
など

すべて見る

はじめに

 本書は「漢方医学の考え方を楽しく学んでいただく」ことを目論んで作りました。
 著者二人は自治医科大学で、ごく年の近い先輩後輩です。片割れの佐藤純一は普通の内科医。私(下田哲也)は「精神医学系漢方医」を自称している、主観的には普通の医者なんですが、客観的にはかなり変わっていると目されている医者です。
 そんな二人が「メディカル・エンタテインメント、蘭方のたわ言・漢方の寝言」という題名で「月刊地域医学」という雑誌に2002年から2004年にかけて連載した雑文がベースになっております。
 連載が始まり、継続するに至った経緯は、本文をお読みいただけばご理解いただけると思いますので、ここでくどくど述べることはいたしませんが、相方佐藤純一と私、ともに飲んべえで、落語好きという特質を共有いたしおりますので、語り口は落語というか寄席芸的な雰囲気が濃いものになっております。
 その作意が成功しているか否かは、読者諸賢のご判断にゆだねるしかありませんが、同じ内容・メッセージを、論文調モノローグでやったとしたら、こういう形で出版されることはなかったでしょうね。まあ、それなりに成功したのかな……と著者としましては一人よがっております。
 序文でこんなことを書いてしまうとネタバレかもしれませんが、若き日の佐藤先輩、後輩の私に「哲ちゃん、医学は知識かもしれないけど、医療は知恵なんだよ」と説教してくれました。
 唐突なたとえと感じられるかもしれませんが、囲碁や将棋における定石〜定跡は知識の領域でしょう。「定石を覚えて二目弱くなり」との古典傑作囲碁川柳がありますが、「定石」という知識を活用する知恵は、なかなか言語化するのが難しいところのようです。
 もちろん医療は「医学という知識の体系」をベースに実践されるべきものでしょうが、知識を活用し「臨床的フレキシビリティ」を増すための知恵の部分は、各々の臨床家個々の工夫にゆだねられてきたように思います。
 ところが漢方医学(はたして漢方が「医学」の名に値するか? という意見はごもっともといたしまして)は、厳密な「知識」というより「それを活用する知恵」の源泉というニュアンスを感じさせる体系なのです。
 おそらく相方佐藤純一は、漢方の持つそんな側面を直感し、漢方専門家を自称しているとても親しい後輩(どのくらい親しいかは本文にも書いてあります)の私を相方に選び、臨床的知恵のありようを論じたく、この連載を発案したのではないかと、今旧稿を読み返して感じているところです。
 本書本文の文体、医学書としてみますと、よく言えば非常にユニーク、悪く言えばハチャメチャである自覚は持っております。ただ、このテーマを真面目な論文調の文体で書ききるほどの自信というか図々しさを、佐藤・下田の両名は持ち合わせていなかったが故の必然とも思います。慧眼なる読者諸賢にあらせられましては、そのあたりの感覚ご理解下されば幸いです。
 あ、それから漢方はともかく「蘭方」という言葉がわかりにくいのではというクレームが身内から発せられました。釈迦に説法でしょうが一言申しますと、江戸時代の日本の医療は中国オリジンのもの(つまり今で言う「漢方」ですな)しかなかったところに、西洋(オランダ“阿蘭陀”経由)の体系が入ってきた。ではそれを「蘭方」と称して伝統的な中国オリジンの医学と区別しようということで、漢方・蘭方という表現がされるようになったらしいです。
 ま、ごく軽く「蘭方=西洋医学」とご理解あれ。
 ハチャメチャな本書ですが、読者諸賢のつれづれのエンタテインメントとなり、かつ、「臨床的知恵」のありようを考えるきっかけになるならば、著者両名これ以上の幸いはございません。
 2002〜2004年の雑誌に 連載された部分は、出来るだけ原型を保存したかったので、各回のはじめと終わりにプロローグとエピローグを文責下田で付けました。
 それでは我々の「たわ言・寝言」対決お楽しみあれ。 


下田記

すべて見る

目次

第1回 開口一番  
第2回 陰陽論1 
第3回 陰陽論2  
第4回 五行論1  
第5回 五行論2  
第6回 証について1  
第7回 気虚証について  
第8回 証について2(虚実概念を中心に)  
第9回 漢方臨床の実際  
おわりに  

すべて見る

執筆者一覧

佐藤純一 茨城県赤十字血液センター所長 著
下田哲也 下田医院院長 著

すべて見る

電子書籍で購入する

落語的漢方のすすめ
   定価1,944円(本体1,800円 + 税)
   2014年12月発行
(外部のサイトへとびます)
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722