Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ臨床医学一般 > 縦隔腫瘍の画像診断と病理 2版

書籍詳細

縦隔腫瘍の画像診断と病理 2版

縦隔腫瘍の画像診断と病理 2版

櫛橋民生 編著

B5判 153頁

定価(本体8,500円 + 税)

ISBN978-4-498-03193-7

2014年04月発行

在庫あり

縦隔腫瘍の画像診断を病理所見と対比させ,深い理解が得られるように解説したハンドブックの改訂第2版.好評を得た前版の体裁はそのままに,近年の進歩を踏まえて,最新の知見を盛り込んだ.前縦隔腫瘍,中−後縦隔腫瘍,傍椎体腫瘍,腫瘍類似縦隔病変についてを詳細し,他,外科医に必要な画像情報を多数取り上げまとめている.既刊「肺癌の画像診断と病理第2版」とあわせ,この領域の画像読影・診療に関わる医師に必携の書だ.

はじめに

 胸腺腫瘍に興味を持った1990年代半ば頃に,国立がんセンター病理部の下里幸男先生の所に押しかけては,色々な質問を勝手な解釈でお願いしていた.先生も良く相手をして下さったと今にして思われる.そのとき,下里先生に渡された“Controversies surrounding the subclassification of thymoma”という総論の別冊を読んで,更に興味を持つとともに,一部ではまたわからなくなってしまった.ただ,この短い2ページ半の文章を読むと,何か真摯な気持ちになるとともに,身が引き締まる.やはり,真実を追究し続けるプロの文章は何か違うと今も感じる.論文のための研究も魅力があるのだろうが,先生の論文は日常診療の積み重ねから見えてきた真実の論文であり,多くの画像診断のもととなっている.

 話は変わるが,私は音楽や美術の才能はなく,興味もほとんど持てない.しかし,日曜日のNHK「新日曜美術館」は良く見る.作品は良く判らないが,人物の生き方が面白いためだと思う.私が感じるのは,才能は別として,本当のプロとは,ある程度認められても,そこでうぬぼれて止まらず,更に前進し続ける人々を指すに違いないという一点である.

 今回の“縦隔腫瘍の画像診断と病理”は2008年3月出版の“肺癌の画像診断と病理”と対として纏めた.立ち止まらず,前進し続ける“プロ”の先生方にお願いしたこの本が,少しでも皆様のお役に立てば,と願っている.

2010年1月

すべて見る

目 次

第1章 前縦隔腫瘍 
 1.胸腺腫瘍 Tumors of the thymus
   〈酒井文和 松尾有香 松尾周也 鎌田憲子 比島恒和〉
  A.胸腺肥大 Thymic hyperplasia
   1.正常胸腺の画像と加齢性変化
   2.胸腺肥大の画像診断
  B.胸腺腫 Thymoma
   1.臨床病理学的事項
   2.画像所見
   3.鑑別診断
  C.胸腺脂肪腫 Thymolipoma
  D.胸腺嚢胞 Thymic cyst
   1.先天性胸腺嚢胞
   2.後天性胸腺嚢胞
  E.胸腺癌 Thymic carcinoma〈櫛橋民生 藤澤英文〉
   1.胸腺癌の一般的画像所見
   2.胸腺癌のsubtypeの特徴
    a) 扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
    b) 類基底細胞癌 Basaloid carcinoma
    c) 粘表皮癌 Mucoepidermoid carcinoma
    d) リンパ上皮腫様癌 Lymphoepithelioma-like carcinoma(LELC)
    e) 肉腫様癌 Sarcomatoid carcinoma
    f) 明細胞癌 Clear cell carcinoma
    g) 乳頭状腺癌 Papillary adenocarcinoma
    h) 非乳頭状腺癌 Non-papillary adenocarcinoma
    i) t(15 ;19)転座癌 Carcinoma with t(15 ;19)translocation
    j) 胸腺未分化癌 Undifferentiated carcinoma of the thymus
    k) 胸腺神経内分泌腫瘍 Thymic neuroendocrine tumor
    (1)Well differentiated neuroendocrine carcinomas
    (2)Poorly differentiated neuroendocrine carcinomas
 
 2.胚細胞腫瘍 Germ cell tumor〈高橋康二 三代川斉之 徳差良彦〉
  A.奇形腫 Teratoma
   1.奇形腫の病理所見
    a) 成熟奇形腫 Mature teratoma
    b) 未熟奇形腫 Immature teratoma
   2.奇形腫の画像所見
  B.精上皮腫 Seminoma
   1.精上皮腫の病理所見
   2.精上皮腫の画像所見
  C.非精上皮腫性悪性胚細胞腫瘍
     Nonseminomatous malignant germ cell tumor
   1.非精上皮腫性悪性胚細胞腫瘍の病理所見
    a) 卵黄【嚢】腫瘍 Yolk sac tumor
    b) 絨毛癌 Choriocarcinoma
    c) 胎児性癌 Embryonal carcinoma
    d) 混合型胚細胞腫瘍 Mixed germ cell tumor
   2.非精上皮腫性悪性胚細胞腫瘍の画像所見

 3.縦隔悪性リンパ腫 Lymphoma of the mediastinum〈小山 貴〉
  A.概論
  B.縦隔リンパ腫の診断
  C.縦隔に発生するリンパ腫の組織亜型
   1.ホジキンリンパ腫 Hodgkin lymphoma
   2.縦隔大細胞型B細胞性リンパ腫 Primary mediastinal large B-cell
     lymphoma(Mediastinal diffuse large B with sclerosis)
   3.T細胞性リンパ芽球リンパ腫
       Lymphoblastic lymphoma (T-cell type)
   4.MALTリンパ腫 MALT lymphoma  
   5.その他の縦隔悪性リンパ腫

 4.前心横隔膜病変 Anterior cardiopherenic angle lesion…〈藤澤英文 櫛橋民生〉
  A.心周囲脂肪 Pleuropericardial fat,Epicardial fat-pad
  B.心膜嚢胞 Pericardial cyst
  C.横隔膜ヘルニア,横隔膜挙上 Diaphragmatic hernias and eventration
  D.横隔膜腫瘍 Diaphragmatic neoplasms
  E.横隔膜リンパ節腫大 Diaphragmatic lymphnodes enlargement
  F.大動脈瘤,大動脈蛇行 Aortic aneurysms,Aortic tortuousness

第2章 中・後縦隔腫瘍 〈中園貴彦 工藤 祥 山崎文朗〉
 1.リンパ節腫大
  A.Castleman病 Castleman's disease
 2.充実性腫瘍
  A.傍神経節腫 Paraganglioma
 3.嚢胞
  A.気管支原性嚢胞 Bronchogenic cyst
  B.食道嚢胞(食道重複嚢胞)
    Esophageal cyst(Esophageal duplication cyst)
  C.膵仮性嚢胞 Pancreatic pseudocyst
  D.胸管【嚢】胞 Thoracic ductal cyst

第3章 傍脊椎腫瘤 〈高橋雅士 村田喜代史 松原亜季子 九嶋亮治〉
 1.神経原性腫瘍 Neurogenic tumors
  A.神経鞘腫 Schwannoma,Neurilemoma
  B.神経線維腫 Neurofibroma
  C.悪性末梢神経腫瘍 Malignant peripheral nerve sheath tumor : MPNST
  D.神経節腫瘍 Tumors of sympathetic ganglion
  E.傍神経節由来 Tumors of paraganglionic origin
  F.髄膜瘤 Meningocele,脊髄髄膜瘤 Myelomeningocele
  G.神経腸管嚢胞 Neuroenteric cyst(Gastroenteric cyst)
  H.髄外造血 Extramedullary hematopoiesis
  I.このほか

第4章 腫瘍類似縦隔病変 〈藤澤英文 櫛橋民生〉
 1.急性縦隔炎 Acute mediastinitis
 2.慢性縦隔炎(線維性縦隔炎)
    Chronic mediastinitis(Fibrosing mediastinitis)
 3.縦隔血腫 Mediastinal hematoma

第5章 縦隔腫瘍の新しい画像診断 
 1.PET/CT〈武中泰樹 櫛橋民生〉
  A.PET(positron emission tomography)検査の原理と特徴
  B.PETとPET/CT 
  C.検査時の注意点
  D.画像の評価
  E.腫瘍や炎症以外に注意が必要な集積
  F.縦隔腫瘍のPET検査

 2.MRI拡散強調画像…〈藤澤英文〉
  A.拡散強調画像(diffusion-weighted image : DWI)とは
  B.拡散強調像の縦隔疾患への応用
  C.症例

第6章 縦隔病変に対するIVR 〈萩野りょうこ 中島康雄 山内栄五郎〉
 1.経皮的生検
  A.生検の適応に関して
  B.穿刺ルートとして注意すべき臓器と解剖
  C.Fine-needle aspiration biopsy (FNAB) vs Cutting needle biopsy (CNS)?
  D.ガイド
  E.アプローチ方法
 2.縦隔膿瘍のドレナージ
 3.上大静脈ステント

第7章 外科医が必要な縦隔腫瘍の画像診断のポイント 〈門倉光隆〉
 1.胸腺腫と胸腺癌
 2.胚細胞性腫瘍(奇形腫群腫瘍)
 3.神経性腫瘍
 4.縦隔先天性嚢胞

索 引








すべて見る

執筆者一覧

櫛橋民生 昭和大学横浜市北部病院放射線科教授 編著

すべて見る

電子書籍で購入する

縦隔腫瘍の画像診断と病理 2版
   定価9,180円(本体8,500円 + 税)
   2014年04月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • 動画閲覧
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • J-IDEO
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722