Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ栄養・食事療法・輸液・輸血 > 輸血療法トラブルシューティング

書籍詳細

輸血療法トラブルシューティング

輸血療法トラブルシューティング

大坂顯通 編著

A5判 248頁

定価(本体3,800円 + 税)

ISBN978-4-498-01916-4

2006年10月発行

在庫あり

輸血療法の現場で起こる可能性のあるさまざまなトラブル、問題、疑問点をとりあげ、それらをいかに防ぎ、またいかに対処するか解説した書。輸血室スタッフ必携の書。

第1部 シチュエーション別事例集
1.輸血の申し込み
  手術に際しての事例集
  1.手術用準備血は何単位用意すべきか
  2.手術用準備血はすべて交差適合試験を済ませたものを用意するのか
  3.手術中の出血に対してどのように輸血を行うのか
  4.輸血を申し込んだが,血液製剤の在庫に適合血がないといわれた
  5.まれな血液型の手術患者が入院した
  6.輸血をしないで手術をしてほしいといわれた
  7.手術中に予想以上の大量出血となった
2.輸血の実施
 A.輸血体制
  1.輸血を安全に実施するためにどのような院内体制が必要か
  2.輸血を行うのにインフォームドコンセントは必要か
  3.輸血に関する法律はどのようなものを知っておくべきか
  4.安全な輸血を行うためにはどのような考え方が必要か
 B.輸血の準備・実施方法
  1.血液製剤が届いたらどのように準備するのか
  2.ベッドサイドではどのように輸血を開始するのか
  3.輸血開始後,どの程度患者を観察すればよいのか
3.輸血副作用・合併症
  1.輸血を行ったら発熱した
  2.輸血中に患者がショック状態に陥った
  3.人工呼吸器装着中の患者で,輸血開始後に尿道カテーテルから赤い尿がでた
4.輸血後2週間経過して黄疸が出現した
  5.輸血後の患者が呼吸困難を訴えた
  6.輸血後の患者で皮疹と肝障害が出現した
  7.輸血すると術後感染症は増加するか
  8.輸血後患者のカリウム濃度が増加した
  9.アフェレーシス中に患者が口のしびれを訴えた
  10.自己血採血中に患者の顔が青ざめ冷汗が出てきた
4.輸血に関する一般的事項
  1.血液型検査の結果,本人の記憶とは異なる血液型だといわれた
  2.血液型検査を依頼したら判定保留の結果が返ってきた
  3.生後4カ月の子供の血液型を調べてほしいといわれた
  4.交差適合試験の生理食塩液法で自己対照が凝集した
  5.輸血によるエイズ感染の心配はないかといわれた
  6.妊娠時の感染症検査でHTLV-Iが陽性と診断された
5.その他の輸血療法
  1.遷延性黄疸で溶血性貧血が疑われる患者が入院した
  2.未熟児の貧血が進行し輸血が必要である
  3.感染症を併発した好中球減少症の患者に顆粒球コロニー刺激因(G-CSF)を
    投与しても好中球数が増加しない
  4.他院から血液バッグも一緒に患者が搬送された
  5.院内で採血した新鮮血は有用か
  6.輸血を行う際に白血球除去フィルターを使う必要はあるか

第2部 製剤別事例集
1.赤血球製剤
  1.貧血に対して輸血を行う目安はなにか
  2.外傷による出血性ショックの患者が搬送された
  3.鉄欠乏性貧血の患者(Hb値6g/dl)に輸血を行う必要はあるか
  4.慢性腎不全で血液透析している患者の輸血はどのように行うか
  5.自己免疫性溶血性貧血の患者に輸血はどのように行うか
  6.冷えたままの赤血球製剤を輸血しても構わないか
  7.小児・新生児に対して輸血はどのように行うか
2.血小板製剤
  1.血小板輸血の際に血液型は一致させるべきか
  2.血小板数によって血小板輸血の適応は異なるのか
  3.血小板減少症の患者で手術や観血的処置は可能か
  4.白血病患者では血小板輸血をどのようなタイミングで行うのか
  5.血小板輸血を行っても血小板数が増加しない
  6.再生不良性貧血の患者(血小板数1万/μl)に血小板輸血を行う必要はあるか
  7.特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の患者に血小板輸血を行う必要はあるか
3.新鮮凍結血漿
4.血漿分画製剤
5.自己血製剤

第3部 解説編
 1. 亜 型
 2. インフォームドコンセント
 3. ABO血液型不適合輸血
 4. H血液型システム
 5. 顆粒球コロニー刺激因子
 6. 顆粒球輸血
 7. 核酸増幅検査
 8. 獲得性(後天性)B
 9. 血液型キメラ
 10. 血液新法・改正薬事法
 11. 血管迷走神経反射
 12. 血小板輸血不応状態
 13. 交換輸血
 14. 交差適合試験
 15. 自己血輸血の種類
 16. 自己血輸血のメリット・デメリット
 17. 自動輸血検査機器
 18. 成人T細胞白血病
 19. 遡及調査
 20. 遅発性輸血後溶血反応
 21. 白血球除去フィルター
 22. 汎血球凝集反応
 23. 不規則抗体
 24. 変異型クロイツフェルトヤコブ病
 25. 保存前白血球除去
 26. 輸血関連急性肺傷害
 27. 輸血後移植片対宿主病
 28. 輸血照合システム
 29. 輸血による敗血症
 30. 輸血による免疫抑制作用
 31. 輸血療法委員会
 32. Landsteinerの法則
 33. リストバンド

 索 引

すべて見る

執筆者一覧

大坂顯通  編著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722